フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「お知らせ」の記事

2019年3月18日 (月)

第8回Halu講座は5月11日~大切な情報を共有するための時間として

先日、第7回の基礎講座を無事終えることができた。参加者は多くはなかったが、おかげさまで、地に足の着いた情報共有ができたと感じている。

実は、第6回と第7回のあいだは1年半も期間が開いてしまっていた。というのも、第6回までは「何とかHalu農法を知ってもらいたい」という気持ちだけで講座内容を組んでしまったので、難しい話をただ受講者に押し付けてしまっていたように思う。

そもそも自然農法に興味を持っている方々だから、クレームこそなかったが、みなさん消化不良で帰宅することになっていたのではないか。そんな反省から、この1年半は、農業技術という視点から少し離れて、「食の安全と健康」という視点から農業を見つめなおしていた。

まず自分自身、食習慣を変えてみた。そして、健康のこと、病気のこと、農薬のこと、食品添加物のことを調べてみた。

これまでは、「肥料も農薬も使わない低コストの農業があれば、安全だし、人々はみな幸せになる」と単純に考えていたので、「ほかのことは知る必要もないし、自分から発信する必要もない」と他人事のように思っていた。ところが、実際にふたを開けてみると、そうではなかった。

現代の農業と、健康・医療、食品添加物は密接に関係していることがわかった。直感的に考えれば当たり前のことでもある。「現代人が不健康なのは食が原因である」。これに異を唱える人はそういないはずだ。ところが──

「では具体的に食の何がいけないのか?」と問われたときに、栄養学の主張、医学の主張、薬学の主張、食品業界(添加物)の主張がああでもない、こうでもない、といろいろな表現で情報をまき散らすものだから、一般人は、何が問題の本質で、何が枝葉の問題なのか、さっぱり理解できないのだ。

バラエティ番組で、有名なタレントが「ココアが健康にいい」と言えば、スーパーの棚からココアが消え、「バナナが健康にいい」と言えば、棚からバナナが消える。よく笑い話で引用される。しかし、たくさんの専門家たちが垂れ流しにする難しい情報が多すぎるから、ココアやバナナというわかりやすい情報に飛びつくのは、当然のことなのだ。(自分も、そういった簡単でわかりやすい情報に振り回されて、ココアやバナナを買いに走った人間だからよく理解できる)

ということは、栄養学にしても、医療にしても、添加物にしても、農薬にしても、すべての問題を串刺しして理解できるシンプルな情報の共有化が、まずは必要だということに、私自身が気づくことができた。その意味で、この1年半は大切な時間だった。

この1年半に得られた貴重な情報を整理すると、ざっと以下のようになる。

栄養学:たくさんの品目をバランスよく食べる ⇒ ☓
医 療 :病気を治すには薬が必要 ⇒ ×
添加物:多くの人に食べ物を安定的に供給する ⇒ ×
農 薬 :大量の食べ物を確保するためには必要 ⇒ ×

要するに、すべて間違いか、考え方がゆがんでいて、一般消費者は騙されている(もしくは煙に巻かれている)というのが結論だ。加えて、それぞれの専門家たちも、自分の専門外のことには関心がないか、知らないのか。全体を把握できる人がいない。そして最も致命的なのは、栄養学にしても、医学にしても、食品添加物にしても、農業の現場のことを知らなさすぎることだろう。

せめて、農薬について少しでも学んでくれていれば、日本人がこれほど不健康になることはなかったはずだ。そして、「野菜をたくさん食べなさい」などとアドバイスする栄養学や医学の専門家はいなかったはずだ。

農薬の何がいけないのか?
食品添加物の何がいけないのか?
病気のとき、薬を使わないとどうなるのか?
何を食べれば良いのか?
子供や孫の将来は大丈夫なのか?
情報の洪水から身を守る方法は?

そんな視点を踏まえたうえで、Halu農法の意味や実践方法についてお話しをし、情報共有したいと思っている。

第8回は5月11日午後1時より。関心のある方は、ぜひお越しを。お待ちしています。

2019年1月 8日 (火)

今年の大仕事~自然農法ノート改訂版にようやく着手

ずぶの素人が自然農法の研究にチャレンジし、大玉スイカの栽培に成功したのが2013年8月のことだった。その秋に水菜やルッコラの量産実験にも成功し、「自然農法ノート」というレポートをまとめた。
 
あれから5年が経った。基本的な考え方は変わらない。が、理論や実践ノウハウはかなり進歩していると思う。そこで、レポートの改訂版を作成しようと思い、昨年から取り組みはじめていた。ところが、書き始めてはボツにし、また書いてはボツ。いったい、誰に向けて、何を書こうとしているのか。情けないことに、この1年間、まったく定まらなかった。
 
昨年末、呼吸を整えて、自分が誰に向けて情報を届けたいのか考えた。ふと浮かんだのは、自然農法の米や野菜を食べて、病気知らずで元気に育つ孫娘の顔だった。いま生まれてきている子供たち、そしてこれから生まれてくる子供たち。彼ら、彼女らのために自分がいま頑張っていることを思い出した。それなら、彼ら、彼女らに向けて書こうと思った。
 
孫娘が12歳になったときに読んでもらうためのレポート。いま、それを書き始めている。
 
前に書いた自然農法ノートは、自分がこの研究の道に入った経緯だけでなく、自然農法の実践者の話、そして自分なりに構築した仮説などをA4判60ページにまとめた。しかし、まだまだ粗削りで、丁寧さに欠けていた。とくに仮説の部分は未熟だったし、無理にこじつけたところもあったように思う。「難しい」という感想もたくさんいただいていた。
 
あれから5年。私自身の内面にもいろいろな変化が訪れている。畑が充実し、自分の技術も少しずつだが上達していることがわかる。5年前は不特定多数の人に「この仮説を聞いてほしい」という欲求が勝っていた。しかし、いまは違う。自然農法は、従来の肥料農法をはるかに凌駕するすごい技術になる。現時点でもいろいろな作物はできるし、未来はさらに技術が進歩していくに違いない。この技術は、間違いなく人類社会を救ってくれる。そう確信しているので、焦る必要はなくなった。
 
以前のレポートでは思いもつかなかったが、自然農法には、成否のカギを握るさまざまな因子がある。たとえば、「風」。さわやかな秋晴れの日、頬を撫でるそよ風は心地よい。しかし、この風について、われわれは何を知っているだろう。風を科学的に調べていくと、とても面白い。そして、風についてある程度のことを知っておかないと、自然農法はうまくいかないと、いまは考えている。
 
ただ「風について学んでほしい」と言葉で言っても仕方がない。12歳の子供のころに戻って、楽しみながら風について知ることができるような、そんな内容も書き加えたいと思っている。ちょうど、孫娘に話して聞かせるように。それなら、理科が苦手な大人にも面白く読んでもらえるのではないか。というより、風についてあれこれイメージを膨らませていると、私自身がとても楽しい気分になる。こんな面白い話は、ひとりでも多くの人と共有しなければもったいないと思うのだ。
 
さて、2019年はどんな年になるだろうか。ここ数年の気象の変化は尋常ではないように感じる。世界的な食糧不足になれば、自給率の低い日本は大きなダメージを受けることになるだろう。サバイバルの心構えが必要な時代は、もうすぐそこに迫っているような気がする。

2018年10月 2日 (火)

動画を作成しています

1いま、自然農法や食について、短い動画を作成しています。

動画再生はこちらから

この8年間、自然農法の研究や普及が世の中の役に立つと信じて取り組んできましたが、なかなか世間に理解されるのが難しい分野だと痛感しています。

とくに日本の農業は、想像以上に保守的な世界です。

「本当にいまのままで良いのだろうか?」と自分では思うのですが、

日本全体が「大丈夫でしょ」という空気であれば、何も変わりません。

その一方で、病気は増えるばかり。この数年は、食品添加物を駆使した加工品や健康食品、サプリメントが、これでもかと売り出されていますが、庶民の食生活が豊かになっているとは思われません。

私個人の取り越し苦労かもしれませんが、同じように食や農を憂える人は、まだ日本にはたくさんいるのではないかと考えています。

自分にできることは何かを考えると、やはり情報発信ということになると思い、新しい方法を試してみることにしました。

文字を読むにしても、自然に画面が流れて、BGMもついているほうが読みやすいのではないか。ありきたりですが、そんなイメージから動画を作成しています。

ご感想、ご意見などいただけたらうれしく思います。

2018年9月16日 (日)

「自然農法ノート」の有償頒布を始めました。

Halu農法に至るプロセスや、これまでに各地で自然農法に取り組んできた実践者への取材、これからの食糧生産に関する展望などをまとめたレポート「自然農法ノート」を有償で頒布することにしました。

このレポートは2014年2月にまとめたもので、このあと、特許出願し、翌2015年に特許を取得しました。
 
食の安全がますます不透明になり、異常気象による今後の農業の行く末にも不安が募るいま、自然農法という新しい可能性を追求していくことには大きな意味があると思います。とくに、農業生産を生業にしている人ではなく、むしろ新鮮な目で農業を見ることのできる人たちによる、新たな展開が必要ではないでしょうか。
 
1人でも多くの方に読んでいただき、ご意見をいただいたり、新たに実践していただきたいと願っています。
 
このレポートをまとめたあとも、Halu農法は進化を続けています。今現在、改訂版を執筆中です。「自然農法ノート」をお読みいただいた方には、改訂版を無料でお送りする予定です。

ご案内のページへ

2018年8月12日 (日)

除草剤に関する最新衝撃ニュース

農薬に対する疑問を持っている人なら、一度は聞いたことがあると思います。ベトナム戦争で米軍が使用した「枯葉剤」を開発したモンサント社。そのモンサント社が「これは安全」と自信をもって売り出した除草剤「ラウンドアップ」の主成分「グリホサート」は、やはり安全ではなかったというニュースです。

詳しくは、もう一つのブログで詳細を伝えています。

今回のニュースは、グリホサートの発がん性が問題になった裁判のケースですが、実は発がん性以外のさまざまな疾患の原因としても疑われています。おそらく、この裁判をきっかけにして、さらに世界中で大問題になるでしょう。

一方で、なぜか日本だけはまったく問題になっていないグリホサート。いろいろな資料を調べても、日本では不思議なくらい問題になっていません。

こういうとき、問題の本質が隠されているものです。(ジャーナリストの勘です)

どんな問題があろうとも、大事なのは“いま”です。もし身近に除草剤を使っている人がいたら、距離を取ることをお勧めします。

もしあなたが除草剤を使っているなら、自分は良いとしても、家族は近づけないことをお勧めします。除草剤は、グリホサートだけでなく、他にもいろいろな種類の成分があります。

*ちなみに、記事によると、この裁判結果を受けて、ものすごい数の訴訟が後に続くだろうとの結びですが、日本はこの流れから置き去りにされてしまうでしょうか。もし、ここで何も問題にならないとすれば、あとから発覚しても後の祭り。「なぜグリホサートを放っておいたのか」の責任論で、大変なことが起きる気がします。

*参考情報を追記します。日本は昨年末(2017年12月25日)、グリホサートの残留基準を大幅に緩めました。信じがたい緩み方です。いずれグリホサートの危険性が日本で大きく論じられるときが来たら、だれが規制を緩めたのか、そもそも危険性を指摘する専門家は誰もいなかったのか、責任論の嵐が吹き荒れることも予想されます。⇒資料

2018年8月 9日 (木)

Webサイトが復旧しました

歩屋のWebサイトが復旧しました。以前のデータがすべて消失してしまいました。これを機会に、少しすっきりした内容に変えてリニューアルしました。

ウィルス攻撃を受けたのを機会に、どんなサイトにしようか、どんな情報を発信すれば良いか、家族に聞いてみました。すると、長女から「(前のサイトは)敷居が高い」という印象を持っていたそうです。「すごく勉強しないといけないような感じがした」ということです。

なるほど、自分の思いを好き勝手に表現している場合じゃありません。

そこで、余計なことは省いて、すっきりスリムにしてみました。

とはいえ、発信したい情報が変わったわけではないので、とりあず「こんな感じで」といったところです。

深呼吸してWebサイトを眺めていると、自然農法というのは、やはり今の世の中では変わっているのだろうなとしみじみ思います。けれども、孫娘がぱくぱく食べてくれる野菜や果物は、やはり「本物だ」とうれしくなるのです。

2018年8月 2日 (木)

歩屋のwebサイトをしばらく閉鎖いたします。

先日、歩屋のWebサイトが何者かに攻撃されたようです。マルウェアというウィルスソフトを仕込まれたようです。

対応するため、一時サイトを閉鎖いたします。

再開後、すぐにお知らせいたします。

*自分で制作しているため、技術的な問題がよくわかりません。これを機会に、サイトの内容を一新しようと思っています。(もっと、簡明なものに⁉ 歩屋のサイトは難しい、敷居が高いというご意見をたくさんいただいておりまして、深く反省していたところです。すべては子や孫の世代の健やかな人生のために!)

2018年7月18日 (水)

中国メディア~記事掲載その2

20180718中国メディアの週刊紙「大紀元時報」に2回目の記事(7月18日付)が掲載されました。ざっと目を通すと(中身は読めませんが、漢字から意味を想像して)、Halu農法の理論について詳しく書かれているようです。

ハルという言葉が先住民であるアイヌの言葉であり、「自然からの恵みの食べ物」であることも書かれています。そして、Halu農法が、日本古来の自然観を基本にした技術であることも書かれているようです。

古来の自然観は、おそらく、自然と一体になって生活してきた縄文人の文化がベースにあると思われます。アイヌ民族は、現在もその文化をしっかり受け継いでいて、“和人”と分類される私たちの多くは、明治以降、とくに昭和の戦後になって、急速にその自然観を忘れてしまったようです。

アイヌというと、北海道に住む人々のことしか情報がないようですが、実は昔から本州に広く住んでいて、いわゆる和人と仲良く暮らしていたという説もあります。私の住む千葉県我孫子市には、アイヌ語に由来するといわれている地名がたくさん残っています。

文字を使わないアイヌ文化は、文字がないがゆえに、先祖から子孫へ、口伝で文化を継承してきました。歴史書は、いわば勝者、権力者が作ったものなので、正確な情報でないことはいまや常識です。それよりも、世代から世代に口伝えで守ってきた文化には、私たち和人の子孫が学ぶべきことが凝縮されているように思います。

Halu農法とは、そういう考え方の農業技術です。

2018年7月11日 (水)

フランス語版をアップしました。

歩屋のWebサイトに、英語版、中国語版に続き、フランス語版の案内ページをアップしました。私自身は、フランス語はまったくわかりませんが、フランス語圏のみなさんに、ぜひ日本発の自然農法(Halu農法)について、理解が深まってくれればありがたいと思っています。

先日、中国語メディアの大紀元グループ日本法人から取材を受けました。アメリカを拠点にしたグローバルメディアで、世界35か国で情報発信しているそうです。メディアの取材は初めてです。取材スタッフのみなさんには、とても深く理解していただき、感激しました。

日本は平和ボケで、明日をも知れぬ国になっていますが、それは世界中に散らばっている中国人にも同じような悩みがあるようです。日本人にかぎらず、中国人もまた、古くから受け継がれてきた伝統文化を見直すことが大切だと、彼らは考えているそうです。

とくに農業については、中国にも自然と一体となった考え方は大昔にあったそうです。取材スタッフと話していると、彼らはとても勉強熱心で、日本の自然農法に対する理解も深いことがわかりました。さらに、それを理論化したHalu農法のことや、ここまで私個人が歩いてきた道のりに、大いに共感していただいたのです。

これほど話がかみ合って、しかもあっという間に簡潔な動画をまとめてくださり、感謝の念にたえません。この動画だけでなく、これから大紀元時報という週刊紙でも、連載記事を書かせていただくことになり、準備を進めています。

自然農法は、日本ではなく、先に日本以外で普及と研究が進むのかもしれません。

2018年7月 8日 (日)

市街地のスーパーにHalu農法の貸農園がオープン

Kimg1437市街地のスーパーの敷地内に、自然農法の貸農園がオープンしました。Haluの理論を応用した大型プランターを開発し、コンクリートの敷地に設置したものです。野菜の共生微生物が繁殖しやすい構造を持ち、手軽に自然農法の野菜を育ててもらうことができます。

場所は、千葉県松戸市にあるオーガニックスーパー「クランデール」。もともと、Halu農法の名前が決まる以前から、野菜の試験販売などで応援してくださっているスーパーです。社長の川田裕司さんの快諾をいただき、7月7日にオープンすることができました。

貸農園の経営は「あゆみやファーム」で、提携農場の経営者でもある児玉直人さんが代表として運営にあたります。児玉さんは、Haluの大型プランターの開発者でもあります。

特に、この貸農園は、「緑地の少ない都市部の人々にも、安全で美味しい農作物を自分で育ててもらえるように」と企画されたものです。コンクリートの敷地に設置する前提なので、たとえばビルやマンションの屋上にも開設することができます。

いま、都心部ではヒートアイランド現象による気温の上昇が問題になっていますし、屋上の緑化を兼ねた癒しの農園として活躍してくれることを願っています。

詳細は歩屋のWebサイトで。⇒クリック