フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「参考情報」の記事

2020年3月17日 (火)

大恐慌 いよいよ現実に。本命は2020年8月?

アメリカのトランプ大統領は、新型コロナウィルスの感染拡大が7月まで続くとの予測を公表したようです。ということは、日本の後ろ盾であるアメリカの不参加は確実なので、東京五輪は中止もしくは延期という流れになるでしょう。そして、それより深刻な大恐慌のシナリオが発動することになりそうです。

ウィルスによる死者に加えて、大恐慌による餓死者・自殺者も出てきて、歴史上最悪の生活破綻が人類を見舞うことになります。

カウントダウンは、5か月間という短い時間で始まった感があります。さて、5か月で何ができるでしょうか。やりようもないので、情勢を見守るという人がほとんどだと思いますが、私はこの時のために10年前から準備をしてきました。なので、孫たちをみすみす飢え死にさせるようなことはさせません。

最近は仲間も少しずつ、というか最近になって急に増えてきたので、仲間といっしょなら確実に生き残れそうだと感じています。

経済破綻したとき、生き延びるために必要なものはなんでしょうか。

水と食料、そして雨露をしのげる場所です。当たり前なんですが、狭い日本にいる1億人がこれを奪い合ったとき、あなたは生き残れる自信がありますか? 多分、殺し合いになります。

殺し合いは最悪の場合を想定したものですが、可能性はゼロではありません。人間は生き残るために何でもしますから。

だから、そんな場合でも生き残るためには、かなり知恵を使わなければいけないでしょう。自然農法は、そのための研究なのでした。経済破綻しても、種をまけば食べ物ができる。それこそが、どんな状況でも生き残れる唯一の方法だと考えたからです。

これまでいろいろ辛いことがありました。借金がかさんで首も回らないし、農業関係者は見向きもしませんし。それでも、細々と続けてこられたのは、本当に少数ですが、理解者がいてくれたからです。そして、この一年ほど、ようやく実用化と呼んでも良いかと思えるほど、技術は向上してきました。「間に合った」と感じています。

いま集まっている仲間がいれば、何とかしのげると思います。

ひとつ、この5か月間にしておきたいことがあります。手動ポンプ式の井戸を掘りたいんですね。農場には、地主さん所有の電気式井戸があって、水量がすごいので助かっているのですが、電気が使えない場合、生活のための水が心配なのです。手動ポンプ式なら、生活のための水も、畑のための水も賄えます。どなたか、仲間になって、井戸を掘りませんか? 土地はあります。千葉県我孫子市です。

いざというとき、ここには食べ物はあります。あとは水の問題をなんとかクリアしておきたいこの頃です。まだ、仲間を募集中です。

2017年12月12日 (火)

がんになったら・・・

このところ、「食」への関心は急激に高まっているように感じています。

というより、私自身が「病気と食べ物」について、とくに強く意識するようになったということかもしれません。

厚生労働省の公式サイトを見ると、現代人は「生涯のうち、2人に1人はがんになる」と警告しています。

これは、今年の8月にメルマガ配信を始めたときに、いろいろ補足情報を集めたうちのひとつの情報です。

どこかで聞いたことはあっても、その情報がどれほど正確なものなのか、ちゃんと調べないといけません。でないと、うかつに文章にできません。

それで、がんについて調べてみたわけです。

さて、2人に1人といっても、実際には男性のほうが多くて、生涯の罹患率はすでに60%を超えているようです。また、年齢的には50歳を超えてから、急に罹患率が高くなります。つまり、私のように50歳を越えた男性は、遠からず3人に2人はがんになってしまう──ということなんですね。

さて、実際にがんを宣告されたらどうしましょう。

私は「自分はぜったいにがんにならない」と思ってはいますが、3人に2人となれば、結構リスクは高いということです。決して過信はいけません。

なので、いま現在は、がんの対策と食事について、あれこれ情報集めしたり、食事療法について自分の身体で実験を続けています。

実験を始めて3か月が経過していますが、メタボな身体はすっかりスリムになりました。

別に減量したわけではなく、食べるものを選択して、量は好きなだけ食べています。甘いもの、油もちゃんと食べています。

それで、お腹周りの脂肪がぐんぐん減ってきて、自分でも恐ろしいぐらいです。

いろんなダイエット法や食事療法があります。そのなかで、私が「これだ!」と思った方法は、少なくともノーリスクのダイエットにはなっています。

ということは、きっとがんの発症リスクも減っているんじゃないかと思っています。

ちなみに、「特別な何かを食べる」とか「サプリを摂取する」とかは、まったくありません。「食べないもの」を絞り込んだだけです。

さて、自分の身体で実験した経過は良いので、次の段階に進もうと考えているところです。実際にがんになってしまった際の対応策について、もう少し深く研究するつもりです。

Kimg0945もちろん、Haluの野菜は食べています。とくに大根おろしは最高ですね。

大根の葉っぱも、βカロチンは人参なみ、鉄分やカルシウムはホウレンソウなみだそうです。あと、乳酸発酵している甘酢漬けもあって、私の腸内環境は、おかげさまで、近年にない絶好調ぶりです。

2016年11月15日 (火)

食の未来を占うイベント

日本の食の未来を占う大きなイベント「オーガニックライフスタイルEXPO2016」が、11月18、19日、東京国際フォーラム(JR有楽町駅前)で開かれます。

当日会場にF-design(エフデザイン)というブースが出展し、その中でHalu農法をご紹介させていただきます。このイベントのために企画した小冊子もありますので、ぜひ多くの方にご覧いただきたいと思っています。

私たち人類は、これからの未来に、何を食べて生きていこうとするのか。

従来のまま?

新しい食を探す?

いま、道は大きく分かれようとしているように感じます。

*インターネットで事前予約すると、無料で入場できます。

2014年6月13日 (金)

田植え始まる

Photo2自然農法のお米を作っている茨城県稲敷市の生産者仲間をご紹介します。坂本欣也さんといいます。坂本さんの作ったお米は、私の会社でも取り扱っており、少しずつファンも増えています。

さて、坂本さんのところで、きょうから田植えが始まり、見学に行ってきました。

稲作については、ほとんど知識がなく、とても新鮮でした。坂本さんによると、肥料や農薬を使う慣行栽培と手順や生育状態が異なるとのことで、周囲の農家さんより、かなり遅いスタートです。

Photo_2「あとから(成長が)追いつくから、いまの時期に田植えしてちょうどいいのです」と坂本さんはおっしゃいます。いまから作付したお米は、9月下旬に収穫できるそうです。

平成10年に慣行栽培から無肥料栽培に切り替えて、今年で16年になります。すごいと思ったのは、田植えしたあとは、雑草もほとんど伸びないため、除草する必要がなく、収穫まで何もしないのだということです。

まさに究極の技ですね。

このあとの生育状況は、時折アップしたいと思います。

 
 


自然農法 ブログランキングへ

2014年4月20日 (日)

お米の販売を始めました

 自然農法のお米の販売を始めました。詳しくはこちらから。

 茨城県稲敷市で自然農法によるお米を作られている坂本欣也さんとの提携が進み、完全無肥料・無農薬のお米を取り扱うことになりました。価格も、ネット通販で販売されている他の商品に比べて格安に設定してあります。

 自然農法の農産物については、有機肥料を使いながら「自然農法」と呼ぶ生産者もたくさんいますので、消費者の混乱を招いているように感じています。「自然栽培」という表現も同じです。違いを見つけるには、説明文のなかに「無肥料」という言葉があるかどうか確認するのが、もっとも確実です。

 肥料を使う農法と、使わない農法では、生育のプロセスがまるで異なります。私の場合は、完全に無肥料(有機物を一切田んぼや畑に入れない)である農法を「自然農法」だと考えています。坂本さんのお米も同じ考え方で栽培しています。

 このたび、坂本さんが自然農法の野菜づくりにも取り組まれ、技術提携することになりました。そのご縁で、私のほうでも、坂本さんが手塩にかけたお米を取り扱うことになりました。

 お米は、身体にすっと入ってくるような安心感と、すっきした味わいを体感することができます。自宅で精米した際にできるぬかも、安心してぬか漬けに使えます。

 私自身は、ぬか漬けを作るために、市販のぬかを購入したことはありますが、そのまま食べたことはありませんでした。間違いなく肥料や農薬を使って作られた米のぬかだからです。

 このたび、坂本さんのお米を精米したときにできたぬかを、直接食べてみると、お菓子のように甘く、良い香りがしました。この味と香りを、ぜひ多くの方に味わっていただきたいと思っています。

 


自然農法 ブログランキングへ