フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「農業者への道」の記事

2019年11月14日 (木)

サバイバル農業 ~ 仲間を募集

2019年の世界的な異常気象は、まだ日本ではほとんど知られていないし、99.9%の日本人が無関心であるかもしれない。しかし、気付いている人はいる。ここ数年、いや昨年の秋から始まっている極端な冬の寒波、夏の熱波はさらに深刻さを増している。たとえば、農作物輸出大国であるアメリカでは、今年10月終わりから異常な寒波が続いており(アース・カタストロフィ・レビューより)、まだ収穫が終わっていないトウモロコシや大豆などの被害が予想されている。

*世界中で温暖化がニュースになっているが、NASAはすでに「寒冷化」の将来予測を発表している。

しかも、実際にはアメリカ大陸だけでなく、南米ブラジル、欧州各国、オーストラリアにも熱波と寒波が押し寄せている。当然、食糧生産量は落ち込んでいるはずだ。

なぜ輸入に頼る日本は食糧危機に陥っていないのだろうか?

まず第一に、誰も買わないような粗悪な原料(薬品漬けのひどい作物)が集中して入っていること。

次に、優秀な食品添加物の技術によって、「水増し」&「味付け」で加工されていること。つまり栄養価のない「食べ物もどき」であること。

上記2点は、私の憶測でしかない。しかし、実際に畑に立っている自分の感覚(異常気象で作物ができない)と、加工品を食べたときに五感で捉えた素材の質(臭いや舌先の痺れ、にがみ、食感など)を総合して考えたとき、「いまの日本人はまっとうな食べ物を食べることができていない」と確信できるのだ。

このほか、豚コレラや鳥インフルエンザの発生や、若い世代の「がん」と「白血病」「糖尿病」は、増えることはあっても減ることはない。これは食糧(家畜飼料を含めた輸入作物)の質がどんどん劣化している証拠であると考えられる。

本音を書けば、もはや農薬や遺伝子組み換えが危険だとか、化学肥料は使うべきではないとか、そういった議論で解決できるタイミングはとっくに過ぎ去っている。時代はずいぶん前からサバイバル期に突入しているのだと思う。間違いなく、ほとんどの人間が、健康を損ねて淘汰されていくだろう。

いま、お米と味噌、醤油、梅干しと漬け物という日本古来の伝統食でサバイバルするための計画を進めている。誰かから買うのではなく、自分たちで作る仲間づくりの取り組みだ。もちろん、原料はすべて自然農法をイメージしている。水面下で一人、また一人とメンバーが増えている。この企画は大っぴらには募集していない。いわゆるクチコミだけだ。

「なぜそのことをブログで書くのだ?」と聞かれそうだが、求めている人がいるかもしれないので、「情報の灯台」として、定期的には発信しようと思っている。

いま、農業の道を目指すなら、間違いなく「自給自足」であるし、「肥料や農薬を使わない自然農法」だと確信している。そして、一人ではすべてを作るのが難しいから、役割を分け合う仲間、コミュニティーで自給自足を目指すのが、サバイバルの基本になっていくだろう。もしこの話に興味を持った方がいれば、ぜひ問い合わせていただきたい。

2019年4月15日 (月)

農業ということ~食糧生産の技術として

種を播けば育つ自然農法。温かくなって種を播き始めているが、ちゃんと野菜が育ってくれるかというと、そう簡単にはいかない。研究を始めてまる8年。これまで、野菜ができるようになるたび追い出されて、畑を転々としてきた。しかし、どんな環境でも無肥料・無農薬でできる技術を研究するには、必要な試練だったかもしれない。

千葉県我孫子市に拠点を移してまる3年。いま、野菜が無肥料で育つ仕組みは解明できたように思うが、次のステップは効率的に、大量に生産するための技術開発だ。そこで、昨年秋からマルチを試しているのは、以前の記事で書いた通りだが、春まきの野菜としては初めて「播種後の被覆」を行ってみた。
 
Kimg0035 Kimg0037

写真(左)は、大根の種を播いた2条の畝。左の畝は播種後にそのまま、右は不織布をかけた。そして2週間、発芽は右側のほうが早く、成長スピードもまるで違うことがわかった。しかも、左の畝は、発芽はしたものの、虫に食われる確率が高い。右のほうは、使いまわしの不織布なので、ところどころ破れていて、そこだけわずかに虫食いが見られるものの、ほかは無事のようだ。なにより、すでに本葉も生えてきて、その成長具合には驚かされる。(右の写真は、手前の不織布をはがしたところ)
 
しかし、このことは「当たり前ではないか」と、農家や園芸経験者から笑われるのかもしれない。
  
園芸の教科書では、「マルチやトンネルハウスを使って地温を上げる」というのは、春先の栽培技術として紹介されている当たり前の情報だ。また、虫食いを避けるためにネットを被せるのも、無農薬農業なら常識といえる。しかし、「資材を使わずに育つなら、そのほうが良い」という考えを大切にして、ひたすら「種まきオンリー」にこだわってきた自分としては、昨年の秋から今年は「大転換」というべき対応を試していることになる。
 
そもそも自然農法の研究を始めた動機は、自然災害に強い自立的な食糧生産の技術が必要だと感じたことだった。それは東日本大震災のあった2011年3月。食糧自給率が先進国のなかで最低レベルであるだけでなく、肥料すらほぼ100%輸入に頼る日本の農業の真実を知ったとき、「いまの日本はどこまでいっても独立できない子供の国」だと思った。

なので、資材をなるべく使わない技術は、やはり自然農法の研究の基本であることには変わりない。
 
さて、ここから先は「農業そのものをどのようにとらえるのか」。難しい話になるが、自分の心のなかで整理しなければならない。初めの志を捨てて石油系の資材を使わなければいけないのか、やはり使わずに済む方法を考え続けるべきなのか。本当にこの数か月は悩んでいた。そして、最近は自然農法で実績のある方に直接お話しをうかがうことで、自分の考えをまとめることに集中してきた。その結果、ひとつの区切りがついた。

「これから自然農法を目指す人の立場に立ってみよう」「なるべく早く、無肥料栽培が可能になる経験を積むことが大事ではないか」「時間の経過とともに畑は進化するから、いずれはマルチなど使わなくても良い畑にはなる」「すでに生活を成り立たせている実践者は、野菜ができるようになるまで20年かかると話しているから、それを少しでも縮めるために資材を利用するのは、むしろ必要かもしれない」など。

そうして冷静に考えると、上記の写真は面白いことを語ってくれている。

不織布をかけた畝のほうだが、大根は伸び伸び育っている反面、雑草類は生えていない。冷たい風から守られている好条件なのに、なぜ大根だけが育つのか? これこそ、自然農法の面白さなのだと思う。この大根は自家採種4代目。この畑の環境に適応していると考えられるし、土の中の共生微生物も増えていると推測される。加えて防風、防寒の環境を整えるだけでこれほど育つなら、農業技術としてはかなりいい線を行っているのかもしれない。

写真の畝は、まだ改良を始めて3年目に入ったばかり。ベテランが経験してきた20年をどれほど短縮できるのか。マルチと不織布の有効な使い方を学ぶのも面白そうだ。この技術が完成すれば、いわゆる自給自足の農的な生活でも、食糧生産を目的とした農業も、どちらも行けると思う。

2018年10月14日 (日)

下町ロケット~いよいよ農業へ

大好きなドラマの「下町ロケット」が、ついにきょう第2弾の放送開始と聞きました。しかも、今回は農業分野だそうですね。
 
阿部寛さん演じる佃航平の言葉は、とても素敵です。
原作は読んだことがないのですが、作家の池井戸さんなのか、担当の放送作家さんの言葉なのか、印象に残るセリフがたくさんあります。
 
「難しいからこそ やる価値がある」

「どんな難問でも 必ず答えはある」

「挑戦すれば 答えは見つかる」
 
いまの日本は、食糧自給率38%(平成29年、カロリーベース)
 
先進国の中で、もっとも低く、しかも段違いに低いレベルです。これで本当に先進国と言えるのか、私はとても疑問に感じています。食べ物の弱みに付け込まれて、日本はいつまでたっても自立できないのではないか、と思うからです。

日本の農業は、直接食べる食糧の輸入だけではなくて、肥料のほとんども輸入に頼っています。ということは、本当の意味での食糧自給率は、ひょっとすると10%もないのかもしれません。(むしろ数%?)

まずは、肥料がなくても作物ができる自然農法のさらなる研究

そして、肥料栽培を続けるにしても、100%の肥料の自給

この2つをやり遂げてこそ、私たちは子供たちに未来を残せるのだろうと思っています。

「難しいからこそ やる価値がある」

「どんな難問でも 必ず答えはある」

「挑戦すれば 答えは見つかる」

来年春には、いよいよ鶏の飼育にチャレンジしたいと考えを巡らせ中です。エサは、自社農場で100%自給。そこで採卵する「完全な自然卵」と廃鶏する際の「健康な鶏肉」。そこで出てくる鶏糞の有機農業への転用。

これは、自然農法が実現するからこそ、次のステップとしての養鶏が成立するのです。なぜなら、100%のエサの自給は、自然農法が前提だからです。
 
とはいえ、これは建前で、私が「完璧な自然卵の卵かけご飯を食べたい」という下心のほうが本音です。(^^) ただし、養鶏にはある程度の資金が必要なので、どうしようか悩んでいます。どなたかスポンサーになっていただけないでしょうか……

2018年9月21日 (金)

“奇跡のリンゴ”のその先~町田農園

Kimg1540世の中は広い。上には上がいる。

当たり前のことですが、つい最近、久しぶりにこのことを実感しました。

自然農法のリンゴ栽培にチャレンジして40年。一念発起して山を開拓した広大なリンゴ農園は35年の歴史を誇ります。

長野県松川村のリンゴ農家、町田登さんと幸子さんご夫妻にお会いする機会をいただきました。本当にどんなご縁なのでしょう。とても刺激的で、またほっと安心するような時間を過ごしました。

肥料も農薬も使わない──自然農法のリンゴは、いままで青森県の木村秋則さんがもっとも古いのかと思っていました。ところが、町田さんご夫妻はさらに昔から、この自然農法に向き合っていたのです。

もちろん、リンゴは美味しいし、これまでのストーリーをうかがうと、ひとつひとつが「なるほど」と胸にしみてくるのです。

1. すべてが無農薬ではない。
町田さんのリンゴは、すべてが無農薬ではないそうです。「いま言えることは、リンゴは品種だということ」。つまり、農薬を使うかどうかは品種によって異なるそうです。原種に近いほど、病気や虫食いに強くなる。
 
2. 世界中からさまざまな品種を取り寄せて品種改良する。
グラニースミスという品種があるそうです。病気に強い。これをもとに、品種改良された樹もあるそうです。種から品種改良し、台木に接ぎ木をして、収穫を早めるのです。一本の台木にいろいろな品種の枝が接ぎ木されている姿に感動しました。

3. 肥料はなくても大丈夫
そもそも、町田さんは「無農薬」を目指して山を開墾したのですが、時間とともに「肥料は必要ない」という結論に達したそうです。しかし、病気や虫食いは、その年の天候によって全然違ってくるそうです。なので、「長雨のときは、どうやってもカビが生えてくるから、最小限の農薬は仕方がないと思っている」そうです。放っておけば葉っぱが落ちて、実がならないので、仕方がないのです。

私が感動したのは、農薬を使うと、微生物も含めて生態系を壊すのではないかと心配しますが、その後も肥料など使わず農園を維持できているのです。町田さんの長い経験上、「何をどのように使えば、悪影響がない」という判断ができるということでしょう。

私は、これから果樹にもチャレンジしようと考えています。昨年春に植えたモモ、ナシ、リンゴ、ミカン、レモン、アーモンドのうち、ミカンとレモンは冬の寒さで枯れました。モモがもっとも生育が良く、小さいながら美味しい実をつけてくれました。ナシ、リンゴも順調に育っているように見えます。アーモンドは、植えた場所が悪かったのか、なかなか成長しません。

(モモの苗木2本のうち、1本については、よほど土壌との相性が良かったのか、信じられないスピードで成長を続けています。本当に不思議な現象です)

来春には、ブルーベリーを植えようと計画中です。

千葉県我孫子市の本社農場では、もちろん農薬を使うことは考えていません。しかし、「何をどのように使うと、生態系を壊さずに作物を育てらるか」という柔軟な考え方も、とても大事な気がしました。

いま、発想の基本にあるのが「多様な生態系」という考え方です。同じ品種の作物をまとめて栽培するときに、虫食いや病気が起きやすいように思うからです。

自然農法のビジネスを軌道に乗せるために、どんな品種をどのように作付していくのか、まだまだ研究課題は山積みです。

逆に、Haluの大型プランターなど、場所が狭くなるほど野菜は問題なくしっかり育ってくれることも分かってきたので、こちらの事業も面白いです。コンクリートの上に設置したプランターで、ものすごく良く作物が育っています。

2016年11月12日 (土)

Halu農法講座を開きます

大変遅くなりました。第1回Halu農法講座の日程が決まりました。概要は以下の通りです。

日時 11月26日(土)9:00~12:00、湖北地区公民館(千葉県我孫子市)&本社農場
内容 Halu農法の考え方や家庭菜園での具体的な実践方法、本社農場見学
参加費 5,000円
定員 20名
*自家採種のダイコン種と、畑の小松菜をお土産に差し上げます。

具体的な内容、申し込み方法は追ってご案内いたします。

このところブログの更新もなかなかできず、申し訳ありませんでした。Halu農法の取り組みは、以前のように夢を語る段階から一歩進み、今年に入って具体的に事業が進んでいます。

東京のスーパー福島屋さんの福島徹会長が提唱する新しい食文化のあり方を「F-design(エフ・デザイン)」といいます。11月18日、19日に東京国際フォーラムで「オーガニックライフスタイルEXPO2016」という大きなイベントが開かれ、そこでF-designは公に発表される予定です。

そしてF-designの根幹を支える取り組みとして、Halu農法の事業も発表させていただくことになっています。ぜひ、多くの方にお越しいただき、新しいライフスタイルの提案をご覧いただきたいと思います。

エキスポでは、Halu農法の取り組みをご案内する小冊子もご用意しています。私も2日間、現地のブースにおりますので、お越しの際には、ぜひお声かけください。
*EXPOはインターネットで事前登録すれば、どなたでも無料で入場できます。オーガニックのさまざまな商品も買うことができるようです。

EXPOの翌週には講座を開きますので、ぜひ、多くの方にHalu農法の実際を体感していただこうと思います。講座は、これからどんどん企画していきます。

2016年9月20日 (火)

貴重な出会いに感謝

このところ、栃木県那須地方に出かける日が多くなっています。この秋から、Halu農法の畑を大々的に広げるプロジェクトが始まっているからです。だいぶ具体化してきたので、少しずつブログでもご報告できるようになってきました。

まずは約2haの農地から始まり、数年のあいだに50ha規模に広げる構想です。この那須のプロジェクトは第一歩で、同じように全国に展開していく壮大な計画です。といっても、遠い未来の話ではありません。具体的には4年後の東京オリンピック・パラリンピックで、各国の選手や観光客に、安全で美味しい農作物を提供することが目標です。

このプロジェクトの中心にいらっしゃるのは、以前に何度かご紹介している株式会社福島屋の会長である福島徹さんです。マスメディアにもよく登場する方で、日本の食を根本から良くしていくために全力を注いでいらっしゃいます。(福島さんのご紹介はこちらに⇒

昨年秋に初めてお目にかかり、Halu農法の可能性を高く認めてくださいました。私のほうは特許を取得したばかりで、これから実用に耐える技術に高めていこうという、まさにそんなタイミングでした。それから、じっくりと準備を進め、この秋からいよいよプロジェクトを進めていくことになります。

201609173_2201609171先日、那須に出かけた際、とても素晴らしいご縁をいただきました。青森市で自然栽培のお米や野菜を作られている福士英雄さん、栃木県塩谷町で有機米を栽培している杉山修一さん、そして福島さんのコミュニケーションの場に、私も同席させていただきました。

写真(左)の右が福島さん、中央奥が杉山さん。写真(右)手前左から福島さん、福士さん、私です。福士さんは、仲間といっしょに100haの田んぼを経営している大農家。うち、自然栽培の田んぼは3haほど。畑で数種類の野菜も自然栽培で作っていらっしゃるそうです。杉山さんは、美味しい有機米をつくる名人ですが、最近、無肥料栽培にもチャレンジしていて、成果を上げていらっしゃいます。

201609176福島さん、福士さん、杉山さんの会話は、一瞬たりとも聞き漏らせない濃い内容でした。これから那須の農地を広げていくにあたり、もちろん野菜だけでなくて、米や小麦も視野に入れています。私も将来は米や小麦の栽培技術にも挑戦したいと考えているので、このときの話は、私とって本当に刺激的でした。

話の中身は、難しいことがたくさん含まれていて、私の頭ではすぐに消化しきれないのですが、方向としては、日本の未来は明るいのだと直感しました。

それにしても、いま、食にかかわるすごい人たちが、文字通り有機的につながり始めています(福士さんと杉山さんはこの日初顔合わせ。コーディネーターは福島さん)。それも、生産、加工、販売といった枠を超えて、どんどんネットワークが強化されています。私もその中に加えていただき、心から感謝しています。

那須の取り組みについては、折に触れてご紹介していきます。

2016年7月12日 (火)

常識がひっくり返る面白さ

Kimg0047このブログで紹介している技術をHalu農法(ハルのうほう)と呼んでいます。●●農法と書くからには、それなりの覚悟と周到な準備をすすめ、特許を取得し、商標登録し、実際に野菜を作り、出荷して売り上げを立てるという点で、確実に成果を積み上げています。

2016年の年始のご挨拶に対し、「食料生産をお遊びでやらないで頂きたい。」と手厳しいコメントをいただくこともありましたが、最近では、畑を訪れ、目の前で生き生きと育つ野菜を見る方たちは、どなたも憑きものが取れたような晴れやかな笑顔を見せてくださいます。

そして、みなさん同じようなことをおっしゃいます。「自分の常識がガラガラと音を立てて崩れていく」と。それをとても嬉しそうに。

いまの畑は、Halu農法の現時点での完成形をしています。人間は、ただ種を播くだけで、単一品目を大量に栽培することができる。もちろん、肥料も農薬も、植物系の堆肥や雑草、あるいは培養した微生物やミネラルも、一切土の中に入れません。必要がないからです。

提携農場のほうも、ほとんどの方は農業未経験者ですが、ちゃんと成果を上げています。

今年は、とくに農業分野で大きな変化が訪れています。従来の技術の延長で頑張ろうとする流れがある一方、まったく新しい概念で食文化を創造していこうといううねりが起きています。食文化というと漠然とした感じもありますが、その基盤になっているのが、「新しい生産技術」です。Halu農法は、その一端を担うことができる技術だと考えています。

実はいま、プランター栽培の実験を続けています。ものすごく順調です。早ければ秋口にも商品化できるでしょう。都会のマンションのベランダで、安全で美味しい朝採り野菜を食べることができます。

種を播き、水やりするだけ。何も入れず、半永久的に栽培できる夢のプランターです。(プランターの形状に工夫があるので、実用新案の出願をする予定です。)

この技術、きっと植物工場に応用できるはずです。

液体肥料はいらない。だから薬も使わない。部屋を無菌状態にする必要はない。水と光だけで健康で栄養価の高い野菜が育っていくのです。大都市の地下に農場を開いても良さそうですね。

これからの日本は、本当に面白くなると思います。

(写真は、今朝のスイカです。やや遅めですが、あちこちで雄花が咲き始めました)

2016年7月 4日 (月)

オリンピックの選手村に、なんとしてでも食材を届ける!!

 世の中は、停滞しているように見えても、地殻変動は起きています。まもなく、すごいプロジェクトがスタートします。キックオフのイベントをご紹介します。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックで、選手の食事の問題が、関係者のあいだで大騒ぎになっています。

日本の農産物の安全基準が、諸外国に比べて甘すぎる!?

このままだと、EUなど安全基準に厳しい国は、自国から食材を東京に運んで来ることになりかねないそうです。

それでは、日本のメンツが立たない!?

で、どうするのか?

その解決を託されたのが、「オーガニック・エコ農と食のネットワーク(NOAF)」という組織です。7月16日に設立記念シンポジウムが法政大学で開かれます。

この組織の全貌が明らかになるのは秋ごろかもしれませんが、食の安全、食の未来に関心を持つ人たちは、喜びに満ち溢れるかもしれません。

さて、Halu農法との関わりは?

なんとしてでもこの潮流に乗りたいと考えています。2020年まであと4年。とってもわくわくしています。(^^)

2016年6月16日 (木)

福島屋さんの取り組み

4億年野菜のカブが都内に店舗を持つ福島屋さんで販売されていることは、以前の記事でご紹介しました。きょうは、その福島屋さんの会長・福島徹さんについてご紹介します。最近になって、すごい経歴とすごい人脈を持つ方であることがわかってきて、私は身を引き締めているところです。

昨年9月、私の知り合いのご紹介で、福島さんが畑に来られて以来、ご夫婦で何度もこちらにお越しくださっています。とても気さくな方で、しかも思慮深い。以前から歩屋の取り組みを支援してくださっているスーパークランデールの川田裕司社長から、「あの方は、スーパー業界で知らない人はいない方なんですよ」とうかがいました。

今年に入って、福島さんの築いた人脈の面々にお会いする機会ができ、そのすごさに圧倒され始めています。

農業の世界では、「奇跡のリンゴ」で一躍時の人となった青森の木村秋則さんが、できたばかりのリンゴ(まだ質が悪かった時代のリンゴ)の販売に苦しんでいたとき、最初に「売りましょう」と引き受けてくれたのが福島さんなのだそうです。

ここで紹介するにはあまりにも大きな人なので、とても書ききれません。ですので、最近アップされた動画をぜひご覧ください。福島さんの取り組みが簡潔にまとめられています。

さて、最後にHalu農法との関係でエピソードをひとつ。昨年秋から、福島さんは自宅の庭の畑でHalu農法を実践されています。「いきなりジャガイモの茎が2倍の太さになった」とびっくりされていました。他の野菜も予想以上に育っているとのこと。ご自分の実体験から、Halu農法を応援してくださっています。

とてもありがたく思っています。

2016年6月12日 (日)

商標が認められました~四億年スイカ&四億年野菜

このたび、「四億年スイカ」および「四億年野菜」が商標として認められました(特許庁から登録査定という通知書が届きました)。すぐに登録手続きを済ませます。これで、晴れて四億年スイカ、四億年野菜が登録商標になります。

四億年野菜が安心安全の代名詞として世間に認められるように精進いたします。