フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「実践」の記事

2019年6月18日 (火)

マルチの効果~トマトの場合

今年は、大玉トマト(ホーム桃太郎品種)を植えている。これまで、夏野菜は直播にしろ苗づくりにしろ、種からしか育てていなかったが、トマトは時間がなかったため、苗を購入した。種からでも、苗からでも、品種が同じなら苗のほうが断然育てやすいことが、まず確認できた。

そして、マルチの効果については、驚くほど生育が良い、という実感も得ている。トマトは乾燥に強いと言われている作物だが、適度な水分があったほうが、やはり生育は良いようだ。

Kimg0195 さて、今年の順調な生育状況を見て言えることだが、トマトの育て方の難しさは、結論から言うと何もないかもしれない。写真は、4段目の花が咲いている状態で、1段目は傷がついたものが多かったため、摘果し、2段目はとてもきれいに、順調に育っている様子の場面。離れてみると、慣行栽培の様子と何も変わらない感じだ。ということは、ハル農法でのトマト栽培は、想像以上に簡単なのかもしれない。ただし、苗を植え付けてから、毎日こまめな管理が必要なことも、今年はとくに痛感している。

これまでは、「なるべく手間をかけない農業」を意識していたので、毎年「放置状態」だった。脇芽を摘むこともなく、自然に任せて育てていた。しかし、トマトの脇芽を放っておくと、あまりにも茎と葉が茂り過ぎて、互いに光合成を邪魔するような酷い状態になる。そして、肝心の実もあまりつかない。それでは、何のためにトマトを栽培しているのかわからない。トマトは、きちんとした管理なしでは育てるのが難しい野菜だということが、8年経って身に染みた。

逆に、今年は「脇芽をかく」「支柱を立てて誘引する」という管理作業をしているだけで、とても伸び伸びと育ってくれている。

まだ結論を急いではいけないが、今年はたくさんトマトを孫に食べさせることができそうだ。ちなみに、自然農法の完熟トマトは、そのままケチャップかと思わせるような味になる。このトマトは、ぜひハウス栽培にもチャレンジしたくなる。

2019年6月13日 (木)

カボチャの着果

自然農法の研究を始めて9年目に入り、初めて「夏野菜が順調に育っている」と書けるようになった。写真は、2日前に撮影したカボチャの雌花で、いつの間にか受粉していたものだ。1週間ほど前に一番果になる雌花のつぼみを見つけたのだが、それは摘果してしまった。

Kimg0173 カボチャ栽培では、「一番果が一番美味しい」という人と、「一番果は早すぎるので、数節あとの雌花を着果させた方がいい」という人がいる。どちらが本当なのか、よくわからない。しかし、ほかの野菜、キュウリやトマト、ナス、ピーマンなどは、本体が大きくなるまで摘果するほうが良いと体験としては理解している。カボチャだけは、いまだによくわからない。

そこで、とりあえず一番果は積んでしまい、2番果を育てようと見守っていた。すると、別のツルで咲いた雌花が先に受粉してしまった。たった2日だが、きょうの姿は、2日前の2倍には大きくなっている。夏野菜は、本体が大きいと、実も大きくなるのが早い。

いま育てている夏野菜を整理すると、スイカ、キュウリ、カボチャ(ウリ科)、トマト、ジャガイモ、ナス、ピーマン、トウガラシ(ナス科)、トウモロコシ(イネ科)、エダマメ、アズキ、落花生(マメ科)、赤シソ、青シソ、バジル=播種予定=(シソ科)。サツマイモに挑戦してみたかったが、準備が間に合わなかった。

今年は、畑の運営の方向性を思い切って変えてみた。いままでは、「日本の農業を救わなければいけない」「そのためには、自然農法の実用化しか道はない」と力んでいた。しかし、自然農法に対する世間の関心は、冷静に考えて「ほぼゼロ」ということがわかった。いまだに肥料栽培と無肥料栽培の違いすら議論にならず、「土の中には野菜の養分が必要だ」と誰しもが考えている。

それは科学的に間違った認識だと考えているのだが、そのことを表現し続ける根気がなくなった。それに、孫たちに食べさせるために、いろんな野菜を作りたいという別の意欲が湧いてきている。そこで、自分の意識は「日本の農業を守る」ではなく、「家族の食を守る」にシフトチェンジすることにした。

そんな意識に変わってきたところで、ちょうど「学びの農園」の入会者も少しずつ増えてきており、実際にみんなで野菜づくりをワイワイ楽しむことが、とても楽しい。野菜づくりに肥料はいらないし、もちろん、農薬もいらない。そして、美味しい。なぜ、みんな肥料を使おうとするのだろうか。使わないほうが美味しいのに。 

2019年6月 5日 (水)

肥料は使わない、という意味

自然農法の研究をしていて、9年目にして気づいたことがある。世間は、自然農法のことなど知らない。園芸に興味があって、家庭菜園を営んでいる人のほとんども自然農法を知らない。ネット検索や農業専門誌などを読まない農家は、なおのこと肥料を使わない自然農法など聞いたこともない。自然農法=無肥料栽培=は、とてもマニアックで、完全に農業界のニッチ(隙間)であるという現実だ。

インターネットの発達によって、自然農法に関する情報を検索することはできる。10年前には、福岡正信、岡田茂吉といった先駆者についても、大雑把だが知ることはできた。いまでは、私も含めて自分流の自然農法にチャレンジしている人はたくさんいることがわかる。私自身も、13年前に木村秋則さんの特集番組を視て刺激を受け、すっかり自然農法の研究にハマってしまった人間だ。当初は夢中になってネット検索したり、本を買い込んで読み漁ったりした。なので、自然農法についての世間の関心は高いものと勝手に思い込んでいた。

しかし、いま冷静に振り返ると、「実は狭い世界で、少数の人間だけで盛り上がっているのではないか」という気がしてきた。おそらく、そのことは間違いないだろう。だからこそ、自然農法については、いよいよ冷静なアプローチが必要な時代を迎えているのだと思う。

このブログも、開設したのは平成18年なので、なんと13年経っている。当時私は、新聞社を辞めてから福祉や教育、まちづくりの分野で活動していた。なので、URLのなかに「地域再生(chiiki-saisei)」という文字が入っている。ブログのテーマは「地域再生に挑む」だった。当時から社会構造の崩壊が始まっており、地域社会の人間関係も寸断されていた。どうすれば、私たち現代人は幸せな社会を手に入れることができるのか。それが私の活動のテーマだった。

そして、子育て、高齢者、障害者、いじめ、不登校、引きこもり、うつ、といったテーマを掘り下げていった結果、共通項である食の歪みにたどり着き、農業の世界に飛び込むことになった。

とくに自然農法の研究を始めたのは、2011年4月からだ。東日本大震災を経験し、「いまの日本が立ち直り、安心できる未来を手に入れるためには、自然農法の確立しかない」と思った。あれからまる8年が過ぎた。いろいろあった。ありすぎて簡単には言い表せないが、ひとつだけ象徴的なことがある。ブログに掲載する写真が、8年前と変わってきたことだ。

Kimg0152_1 以前は、野菜に思い切り近付いて撮影することがほとんどだった。いまは、すこし引いて撮影することが多くなってきた。このときの心理状態を振り返ると、われながら面白い。

当初は「出来栄えの良い野菜」だけを取り上げて、さもうまくいっているように発信していた。たぶん、自信のなさの表れだったのだろう。いまでも自信がついたわけではないが、さすがに8年も畑のことをしていると、「無肥料で野菜が育つ」のは当たり前だという感覚だけは身に付いた。写真はトウモロコシで、上のものが5月29日撮影、そして下のものは6月4日撮影。多少のばらつきはあるものの、肥料を使わずとも、どの野菜も大きく育ってくれる。

その理論もより明確になっているし、なにより野菜が美味しい。

Kimg0063 そういえば、以前は野菜の味にはあまり関心がなかった。それよりも、無肥料で成立する農業技術が必要だという気持ちが強すぎて、それどころではなかった。しかし、無肥料で育つことと、美味しい野菜であることは、表裏一体だといまはわかる。自然農法は、たまたま美味しい野菜ができることはない。大きく、たくさん育つなら、それはみな美味しい野菜になってくれている。

このことは、おそらく畑を直接見て、さらに野菜を味わってもらわないと理解してもらえないだろう。

見てもらったら、ようやく理論について興味を持ってもらえるのだろう。

そんなことを最近考えている。

2019年5月31日 (金)

マルチの効果~トウモロコシの場合

昨年から固定種と思われるトウモロコシ栽培を始めている。日本のホームセンターなどで手に入るトウモロコシはすべてF1品種だが、それだけだったら、何度も自家採種しているうちに、一定の形質に固定してくることが多い。ところが、トウモロコシだけは何度繰り返しても採種した種は次作でちゃんと育ってくれなかった。

日本で販売されているトウモロコシの種は、かなり遺伝子がいじられている証拠ではないかと思っている。=F1(一代交配種)と遺伝子組み換え種子とはまったく異なるものなので、ご注意を=

昨年、知り合いからタイ産のトウモロコシの種をいただき、本社農場で試験的に栽培したとき、小さな実ではあったが収穫できた。黄色と紫の混合種で、味は甘いというほどではないが、濃い風味の美味しいトウモロコシだった。

Kimg0151タイは遺伝子組み換えを禁じているので、種は固定種である可能性が高い(F1かもしれないが)。そこで、その種を取っておいて、今年使ってみた。マルチを敷いて直播、マルチを敷いて苗の植え付け、露地のまま直播、何通りか試している。露地の直播は、播いた時期が悪かったのか、発芽は不ぞろいだった。一方、マルチのほうはどれもきちんと発芽してくれた。マルチを使ったところは、やはり育ちが格段に良い。

自然農法の研究を始めて、採種したトウモロコシの種を播いて育ったのは、9年目にして初めてのことだ。少なからず感動している。

Kimg0152  ところで、いまの時期はあちこちの畑でトウモロコシの植わっている光景が見られる。どれも濃い緑色できれいにそった大きさで並んでいる。それに比べて、これらの写真のトウモロコシは薄い若葉色が特徴だ。また、株によって大きさもかなり不ぞろい。自然農法(無肥料農法)は、どれも葉の色が薄い。それに生育がばらばらになりがちというのも特徴のひとつに挙げられている。

一見、不都合のようにも思われるが、順番に収穫していけるので、少量ずつ出荷する規模の農家であれば、問題はないレベルだろう。それに、畑がもっと進化してくれば、生育もそろってくるのではないかと考えている。それも楽しみのひとつだ。

2019年5月22日 (水)

マルチの効果~カボチャの場合

Kimg0099 今年のマルチの効果、カボチャ編。昨年から今年にかけて、本社農場のある千葉県北西部は雨が降らず、ハル農法にとって極度の乾燥がアキレス腱ともいえるほど厳しい結果になった。とくに夏野菜は昨年、壊滅状態だったことから、スイカ、カボチャ、キュウリ、トマト、ナス、ピーマン、トウモロコシなど、すべてマルチを試している。そのうち、カボチャ、スイカは連休明けに苗を定植したが、予想以上に順調に育っている。
 
最初の写真は、カボチャの現在の様子で、株元はしっかり太くなり、子ヅルもきれいに出始めている。

Kimg0101 次の写真は、手前がカボチャ、奥がスイカの苗を植えている景色だが、それぞれしっかり根付いて、今年はこれからの成長が楽しみだ。いままでは夏野菜はいつも大変な思いをして育ててきたが、どの年も納得のいく結果は得られなかった。今年はどの野菜もうまく育ってくれることを願う。

2019年5月19日 (日)

極端な気候~やはり気候変動期なのか?

いつもの季節なら、とっくに売られているサツマイモの苗がまだ売りに出されていない。サツマイモ農家は、自分で苗をこしらえているらしく、例年通りに苗を定植している。その様子を見て、ウチでもサツマイモの苗を買おうとしたら、「今年は春が寒かったので、まだ苗が出てきていない」とお店の人から聞いた。

やはりそうだったか。

今年の春は、風がやたらに冷たく、いつもなら3月に種まきして、すぐに発芽する大根、小松菜も発芽状態が悪く、とても不可解だった。そもそも大根も小松菜も寒さに強い作物なのだが、あまりにも冷たい風が強く吹くと、地表がかなり冷やされて、発芽どころではなくなってしまう。その影響がサツマイモの芽出しにも現れたということだと思われる。

ただし、それはそれとして、今年はマルチを使って夏野菜を育てると決め、スイカ、カボチャ、ナス、キュウリ、トマト、ピーマン、エダマメ、トウモロコシといった野菜類に試している。経過は順調のように見える。

この春先から雨がほとんど降らない状態が続いていて、例年なら野菜が干上がっていたことだろう。マルチを使っているところは、むしろこれまで見たことがないほど順調に生育しているように見える。ここ数日は屋久島で50年に一度の大雨に襲われた地域もあるので、やはり今年も極端な乾燥か、もしくは極端な大雨のどちらかになるかもしれない。

世間では「温暖化」とか「温室効果ガスの削減」とかが問題視されているが、実は数十億年単位の地球を研究している物理学者たちは、この議論を冷やかにみている。というのも、そもそも地球の気候は、激しく変化してきており、たまたまこの1万年ほど、安定していたにすぎない。その安定期が終わって、再び”いつもの気候”に戻っていくのだとすれば、この極端な天気は当然のことと言うべきなのかもしれない。

Kimg0083ハル農法は、大雨に無類の強さを発揮する技術なので、ゲリラ豪雨はもともと心配していない。そして、マルチを使っている今年は、大干ばつも恐れる必要はなさそうだ。

久しぶりにのどかな風景を撮影する気持ちの余裕が生まれている。(写真は、スイカの苗の株元で顔をのぞかせているアマガエル。マルチの中は居心地が良いのか?)

2019年3月 1日 (金)

基礎講座を開きます

Imgp2351久しぶりに、Halu農法基礎講座を企画した。いつも直前の告知になってしまって、ブログや歩屋のサイトをご覧になっている方には申し訳なく感じている。今回は第7回になるが、前回までと違って、体験農園の利用者さん、あるいは利用希望者さん向けの講座を意識した内容になっていて、難しい話を省いて実施する予定だ。

いろいろな思いを込めて、自然農法の研究、そしてHalu農法の開発、さらには普及活動を行ってきたが、なかなか世間へのアピールは難しく、迷いに迷って8年間、いまここにいる。

従来の農業の観念とはまったく異なる視点から自然農法の仕組みを考えてきたわけであるが、新しいが故に日本ではあまり理解されず、なんとも寂しく、もどかしい思いをしてきた。美味しい野菜ができても「何か(緑肥や腐葉土なんかを土のなかに)入れてるんでしょ?」と言われたりして、農業分野の壁の厚さを痛感してきた。

しかし、ここ数年の異常気象や世界情勢の混乱を見て、これまでの方向性を考え直し、方針を思い切って転換することにした。今年のテーマとして「日本版シティファーマー」の普及を掲げた。これは、日本の従来の古い農業では国難を乗り切るのは難しいという判断と、これからは個人個人のサバイバル意識に訴えて、少数が生き残りをはかる時代になるという危機感の表れだった。

残念ながら、いまの日本全体で国難を乗り切るのは無理だろう。政治の混乱ぶりには、国民のほとんどが「もはやどうしようもない」という諦めのような気持になっていると感じるし、実際、食の問題は深刻さを増しているのに、むしろ庶民をがんや難病にわざと導くような政策を見ていると、もはや政治も食の業界も、自浄作用は起こりようがない。となれば、あとは意識の高い個人が結びついて、この国難を乗り切る以外にないのだと思う。

今回の基礎講座は、Halu農法の話はもちろんだが、今後の自然災害や国際政治の混乱が起きた場合のネットワークづくりについてもお話しをしたいと考えている。Halu農法のネットワークによって、いざというときの食糧の確保の道を探りたいと考えている。これからは、間違いなくサバイバルの時代に突入する。

2018年10月22日 (月)

改良3年目

千葉県我孫子市の農場を2016年4月に拠点として開設し、2年半になります。この畑は、改良を始める1年前まで、地主さんが一部で慣行栽培を続けられた畑です。私としては肥料・農薬が直近まで使われた畑を改良する初めての経験をした、いわば最終テストのような期間でした。

Kimg1643昨年までは、除草剤の影響なのか、まったく野菜が育たなかったり、虫食いの被害が多くてちゃんと育たなかったり、そんな状況が続きました。けれども、この秋になって、苦戦していた小松菜が、ようやく元気に育つようになりました。

9月から10月にかけてのまだ温かい時期は、アブラナ科の小松菜は虫に食われやすい野菜です。けれども、今はとてもきれいに育っていて、とてもうれしい気持ちです。

この夏は信じられない酷暑と干ばつで、ナス、キュウリ、スイカなどの夏野菜はほぼ壊滅状態でした。そのかわり、とてもよく育ってくれた作物もありました。

Kimg1641Kimg1629意外だったのは、落花生です。千葉県の特産品でもあるためか、落花生は千葉県で無肥料でもとくに育ちやすいのかもしれません。そして、生まれて初めて食べた「茹で落花生」は格別の味でした。

このほか、小豆や、タイ産のささげ豆も良くできています。7、8月はほぼ壊滅状態だった金時豆は、8月に播いた種がぎりぎり育ってくれて、ほんの少し収穫できそうな感じです。やはり、2年半という時間をかけると、畑の生態系は豊かに整ってくるという仮説は、ある程度実証できたと感じています。

Kimg1624Kimg1644あらためて「無肥料・無農薬栽培」の経験を振り返ると、これからは肥料を使わない農業技術が間違いなく必要になると確信します。

1. 肥料を輸入に頼る農業は遠からず行き詰まる。(窒素、リン、カリウムはいずれも天然資源であるから)

2. 担い手がなく、国産の農産物がなくなる。

3. 農薬や肥料漬けの作物による健康被害(さまざまな病気)に歯止めが利かない。

こうした問題に目を向け、私たち一人ひとりが「食の自立」と「家族の健康」のために明日の農業を考える時期だと思うのです。

2018年9月28日 (金)

美しいトウモロコシの種

自然農法の研究を始めて8年目にして、初めて「ちゃんとしたトウモロコシの種」を採種することができました。

Kimg1576それにしても、なんと美しい種でしょう。

自画自賛かもしれないと思って、トウモロコシの種についていろいろ画像検索してみましたが、やはり、この種は本当に宝石のようです。

しかも、乾燥させる前に少し食べてみたところ、ほんのり甘くて、濃い味がしました。

いままでは、種苗会社のトウモロコシを使って栽培実験をしていました。いかにF1品種といえど、自家採種を続けるうちに、「先祖返りしながら固定できるかもしれない」と淡い期待をしていたからです。

ほかの野菜については、(といっても、スイカ、小松菜、大根ぐらいですが)なんとか種を採れています。しかし、トウモロコシだけは、どんなに頑張っても、採れた種から発芽しないし、発芽しても「変な草が生えてきた?」ぐらいの生育状況で、「これはダメだな」と思っていました。

トウモロコシは、よほど遺伝子をいじられているのですね。それを身をもって体験しました。昨年の時点で、「日本の在来種が手に入らない限り、もうトウモロコシはやめよう」と決めていました。

ところが今年、知り合いからタイのトウモロコシの種を1袋(小袋)いただいたので、試しに栽培してみました。

まず驚いたのは、袋から出した種は、コーンの粒の形のまま乾燥していたことです。もちろん、薬剤は使われていません。

「えっ? トウモロコシって、こんな種だったっけ?」

私が知っている種と言えば、水分が抜けてしわくちゃになり、チウラムという赤い薬剤をまぶした種しか見たことがありません。なので、「トウモロコシって、乾燥するとシワシワになるのだ」と思っていました。

(ポップコーン種は粒が丸いですが、あれは皮の固い品種で、スウィートコーンとは違います)

Kimg1563さて、初夏のころ、種まきして順調に発芽し、すくすく成長してくれました。しかし、例年より1か月も早い梅雨明け。その後、私の畑では、2か月間にたった1日しか雨が降りませんでした。「夏野菜は全滅かな」と思っていたのですが、なんとトウモロコシは、写真の通り小さなものでしたが、いくつか実をつけてくれたのです。

(ほかに、小豆、スイカ、キュウリ、唐辛子は種を採種するだけはできました。メロン、ピーマン、ナス、パプリカはダメでした)

そして、乾燥したトウモロコシの種ときたら、なんと美しいのでしょうか。量は大きめのご飯茶碗一杯ぐらいなので、部屋で陰干ししているのですが、毎日手に取ってはにやけています。これだけあれば、来年はかなりの面積で作付けできます。

なにより、今年の干ばつに負けなかった種ですから、来年はとても楽しみです。もちろん、大雨になっても、そもそも雨に強いHalu農法なので、どんな気象条件でも、何らかの成果をもたらしてくれるに違いありません。

タイは、遺伝子組み換えを禁止している国です。やはり、種の力はとても大きいと実感しています。そして、この秋は小麦も初めて作付けしてみます。

いよいよ、穀類にも力を入れる時期にきました。

2018年8月27日 (月)

あまりの異常気象

無肥料・無農薬の自然農法が発展すれば、この世界はとても住みやすくなるだろう。子供や孫も安心して、健康と長寿を得られるだろう。そんな理想を描いてきました。特許も取得できて、「さあこれから」と自分に気合を入れ直して頑張ってきましたが、最近は心が折れそうになります。

とくに今年の気象については、いままで頑張って学んできたことが、すべて水泡に帰するのではないかと心配になるほど過酷です。

今年の立秋は8月7日でした。昨年は、秋冬用の野菜の種まきを始めましたが、今年はほとんど作業ができていません。酷暑で作業ができないことと、雨がまったく降らないため、耕耘もままならないからです。

先日、二つの台風が列島を襲いました。本当に久しぶりに雨が降ると待っていましたが、私の畑にはほとんど降らず、(というより、まったく降らなかったといってもいいぐらい)、畑は完全にカラカラに乾燥しています。こうなると、下手に耕して乾燥状態を加速させたら、生態系がひどく壊れてしまうかもしれません。なので、怖くて耕せないのです。

大量の雨が降り続くか、まったく降らないか。どちらも地獄です。

もちろん、被害が深刻な地域は、日本全体でいえば一部なのかもしれませんが、市場には野菜がかなり不足している状態が続いていると聞きました。もし、この秋に天候に恵まれない場合、今年は一年を通して農作物ができないという、文字通り異常事態になるのだと聞きました。

水が引ける水田とか、暑さに強い果実類は、むしろよく育っているという話も聞きますので、今年の酷暑がすべて悪いとは思いません。しかし、農業の形態は、大きく変化せざるをえないかもしれません。大雨か、大干ばつか。それぞれに適応した農作物の栽培技術が必要になるでしょう。

この環境が自然農法にとって優位なのか、不利なのか。まだまだ研究が必要だと感じています。

それにしても、この暑さはシンドイです。

より以前の記事一覧