フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「心と体」の記事

2019年1月30日 (水)

虐待死というカルマと自然農法

私の住む千葉県我孫子市に近い野田市で、10歳の少女が父親の虐待を受けて亡くなった。子供への虐待、配偶者への暴力、昔より増えているのか、減っているのかはわからない。こうした事件が起きると、マスメディアに登場するいわゆる専門家は、いつも加害者を糾弾する。しかし、私はどうしても、加害者を責める気になれないのだ。
 
なぜなら、加害者が子供の時、親から同じことをされていた可能性が高いと思うからだ。自分がされてきたことを、無意識のうちに自分の子供にしてしまう。これをカルマ(業)という。

先祖代々受け継がれてくる負の遺産とでも言おうか。親から与えられるさまざまなプレッシャーは、子供の価値観を決定づける大きな要因となる。いま私たち現代人は、そのカルマを断ち切る知恵を必要としている。そのひとつの答えが自然農法であろうと考えている。

農業に肥料が必要であると、いまの農業関係者は信じ込んでいる。無肥料栽培は本線から外れた「変わった農法のひとつ」と考えられている。これも、農業の世界のカルマのひとつだろう。

人間は自由な生き物だ。いや、地球の生命はすべて自由な存在だ。カルマなど存在せず、すべての生命はあるがままに生きているし、またそう生きるべきなのだ。

肥料が必要だと思う人は使えばいい。しかし、必要ないという人は使う必要はない。不思議と、自然農法を実践する人は、肥料栽培を非難することはない。ところが、肥料栽培を実践している人は、自然農法を否定する。これがカルマの証拠だろう。

自然農法に接していると、植物にしろ、動物にしろ、自然の生き物をあるがままに受け止める以外にない。排除の論理がないのだ。もし、作物が虫食いや病気で全滅しても、ただただ目の前の状況を受け入れて、あとは自分の知恵を絞るしかない。

そして、多少の時間がかかっても、自然界は我々を受け入れてくれる。作物は育ってくれるようになる。このことは、おそらく子育てにも同じことが言えるのではないかと考えている。まずは学校現場に、自然農法の畑を導入してはどうだろうか。

ただ、そんな考えがいまの日本に届くのかどうか。私自身は少し悲観的なので、近い将来、自分で学校を立ち上げようかと思案している。

★★★★★

ちなみに、学校の教師陣は、学術面は博士号を持つ人のみで、実技面は一流の職人さん、そして非常勤講師として各界のトップランナーを想定している。水面下でネットワークを構築中‼

2019年1月22日 (火)

目的地の違う2隻の大型船~もう乗り換えるのは相当難しい

Photoいま、目の前で育っている野菜たちを見ていると、世界情勢なんて関係ないように思われる。確かに自然界の生き物たちは、人間の行う政治や経済活動など関係なく「そこにある」。しかし、異常気象や各地の戦争、難民問題を見聞きすると、「人間社会もいよいよ末期か」と腹をくくる必要が出てたという気持ちになってくる。

もう一つのブログで書いたことだが、大事なことなので、ここでも取り上げることにした。それはグリホサートという農薬の問題だ。発端は、2019年1月29日号の女性自身という週刊誌の記事だった。日本の大手製粉会社が販売している小麦粉から、高濃度のグリホサートが検出されたという。もちろん実名報道だ。
 
グリホサートは、モンサント社(昨年6月にドイツの製薬会社バイエルに買収された)が開発した除草剤で、猛烈な毒性がある。ベトナム戦争で米軍が使用した枯葉剤による奇形児の多発はわれわれ中高年の記憶に鮮明に残っている。その枯葉剤を製造していたのがモンサント社だ。

モンサント社は、「人間や動物には無害」という触れ込みで世界中でグリホサートを売りまくった。そして、世界中に重篤な病気をまき散らした。具体的な症例としては、がん、うつ病、心臓病、糖尿病、パーキンソン病、自閉症、流産、早産、奇形児の確率上昇などが指摘されている。とくに若い世代のがんの激増も、このグリホサートに起因すると私は推測している。

記事によると、いずれもパンの原料にする強力粉でグリホサートが検出されている。粉の状態で直接消費者に売る商品にこれだけ多くのグリホサートが入っていて、販売元は何も思わないのか? 各企業のコメントは、いずれも「国が認めている基準内だから問題ない」と。猛毒でも、少量だからいいのだそうだ。これが日本の企業の誠意と真心の表れだとすると、加工用の小麦粉は、さぞ安全な材料なのだろう。(もちろん、これは皮肉だ)

安くて甘くて良い香りのする加工パン。私自身は裏情報が入るので、その情報からすると、とても人間が食べても良い材料ではないと思っているし、実際に買うこともない。とくに日本は、グリホサート入りの小麦粉が15年ほど前から大量に流れ込んでいるというし、グリホサート本体も大量に流れ込んでいる。農協が積極的に販売しているし、ホームセンターや100円ショップでも、子供に買えるよう陳列してある。

また、安いパンの安全性に不安を持ち、自家製パンを作る人も増えているようだが、その材料にそもそもグリホサートが入っているのだとすれば、自分で自分をがんにしているようなものだ。

気にならない人は気にならないし、グリホサート入りのパンを美味しいと食べ続けるのだろう。そしてがんになったら、効果のない抗がん剤や放射線治療に高額な医療費をかけて治療に臨むのだろう。

結局、何が正しいとか悪いとかは個人個人が判断することなので、農薬を否定することはできない。しかし一方で女性自身の記事のように、この日本でもようやくグリホサートにスポットライトが当たり始めたのは、これを問題と思う人が少しでも増えているからだろう。かといって、この記事を導火線にして全国で議論されるようになるのかというと、おそらくそうはならない。

この国は、従来の航路を進む船に乗り続ける人、それとはまったく違う航路の船に乗り換える人、この2つのグループに明確に分かれていくのかもしれない。そして、この2隻の船は、もう互いに乗り換えることができないほど距離が離れてしまっている。それが今年の大きな流れになるのではないか。

2018年12月25日 (火)

2018年と3匹の子ぶた

年の瀬が迫り、この1年がどんな年だったか振り返ると、ふと「3匹の子ぶた」の童話を思い出した。原作はイギリス生まれの物語らしい。母ぶたの元を離れ、独立してそれぞれ家を建てる3匹の子ぶた。長男はワラの家、二男は木の枝の家、三男はレンガの家を建てる。この長男の建てるワラの家が、なぜか最近の日本に重なった。

数日前、NHKの朝のニュースで、象徴的な場面があった。まちかど情報室というコーナーに登場した若い母と子。お子さんはハイハイもままならない様子だったから、まだ生後5、6か月ぐらいだろうか。次の場面、その子はソファーを使って、身体をふらつかせながら、つかまり立ちをしていた。その様子を笑顔で見守る母親。そして、その場面を青ざめて見ている私と妻。

そういえば、私も父親になったばかりのころは、「早く立って歩けるようになるほうが良い」と思っていたっけ。しかし、いまは多少の知恵がついたので、早く立たせることがタブーであることを知っている。子育ての専門家は、「赤ん坊につかまり立ちをさせてはいけない」という。赤ん坊は、ハイハイによって体幹を鍛え上げ、筋肉が整うと、自力で立ち上がり、歩行を始める。専門家の一人でもある妻などは、「絶対につかまり立ちをさせてはいけない!」と強い語調で言うので、私はただただ気後れして「ハァ、そんなもんですか」と孫の成長を見守るしかなかった。(まあ、それで良かったのだが) 

近年の子供は体幹が弱いために、よく転ぶし、ケガが多いらしい。幼稚園や保育園の遊具も、昔のものは撤去され、ケガをしにくいものに変わっているそうだ。その様子は、まるで畑の野菜とダブって映る。地上に出ている部分は早く育ち、立派に見える。しかし根が張っていないので弱い。過酷な自然のなかで生き抜くには、本当は身体を支える根っこが大事なのに。目に見えない部分こそ、心を込めて大切にしなければいけないのに。日本の文化は、そこを大切にしてきたはずなのに。

そういったことがここ数日、3匹の子ぶたの物語と一緒に、頭をかけ巡った。いまの日本はどこもかしこも、吹けば飛んでしまうワラの家のようではないのかと。

インターネットの発達は情報の洪水を引き起こしているので、そこから必要な情報を拾い上げることが難しい。けれども、この1年間に、大きな2つの流れができ始めていることが感じられるようになった。簡単に言えば、従来の常識路線の世界で生きるのか、新しい世界をつくってそこで生きていこうとするのか。その境界はいままで曖昧だったけれど、来年はそこが明確になっていくと思う。

少し変わった表現をするなら、従来のニュートン力学の世界か、新たな量子力学の世界か、という2つの流れがもっと明確になっていくだろう。量子力学はすでに実生活にその姿を現しているが、気づいている人はまだごく少数にすぎない。実は、自然農法という技術も、量子力学の思考でなければ筋が通らないことが多々ある。そのことに、私も最近気づけるようになってきた。土の中も、われわれ人間の身体の中も、重力の影響を受けないさまざまな現象に生かされ、守られている。

ひと昔前なら、「お前は気が狂った」と言われたかもしれないし、いまでもそうかもしれない。しかし、2019年という年は、その話が伝わる人数も増えて、それと同時に新しい社会像の輪郭がはっきり表れてくるのではないか。

屁理屈はここまでにして、来年生まれてくる4人目の孫のためにも、美味しい野菜をつくろうと思う。厳しい時代になるけれど、自然はきっとわれわれの味方になってくれるはずだ。

2016年12月30日 (金)

とても楽しい一年でした

Halu農法をいよいよ世の中に提案していく事業を始めたのが今年の年頭でした。理解者がひとり、またひとり増え、実に楽しく、充実した時間を過ごすことができました。心より感謝しています。

すでに告知を始めていますが、来年より、Halu農法の講座のほか、プランターキットの販売、家庭菜園の開設を実行します。そのほか、新しい事業として、いよいよ養蜂にも着手する計画です。

もともと、共生微生物を繁殖させる過程で、畑にはたくさんの花が咲きます。春になると、会話できないぐらいにミツバチの羽音が響きます。「この蜜を集められたら、どんなにか美味しい製品になるだろう」と、ずっと養蜂に恋い焦がれていました。

今年は、そんな願いにぴったりの仲間とご縁ができました。

まずスタートは栃木県那須地方です。あちらこちらに広い花畑をつくっていきます。農業資材を使わず、連作するたびに共生微生物が繁殖していくHalu農法は、花畑の造成ととても相性が良いと思います。

うまくいけば来年の夏に蜂蜜が採れるようです。来年間に合わなくても、再来年の春には、たくさんの蜂蜜を世に出すことができるはずです。それと、あちこちに広大なHaluの花畑が増えてくると思うと、それだけでウキウキしてきます。

来年、さらに多くの方とご縁ができるのを楽しみにしています。

2015年11月 6日 (金)

Haluプロジェクト

ふと思いついた絵です。Haluは、人が生きるうえで最も大切な食に関する技術ですから、何にでも応用できると思います。おそらく、昨今の社会問題の多くに対しても、Haluの技術が役立つのではないかと考えています。

そのなかで、介護予防を目的としたHaluプロジェクトなんてどうでしょうか。

もともと、どの世代にも農業や家庭菜園は人気が高いと思いますが、肥料も農薬も使わないHaluの畑であれば、足腰は使いますし、畑の中にいろいろな命が共存していて、そこにいるだけで気分が良くなります。何より、“天然もの”に近い安全で美味しい野菜を食べることができます。

歳を重ねれば「介護される身になる」というイメージが先行している日本の社会ですが、私は「生涯現役」が原則だと考えています。我ながら良いアイデアだと思いますが、具体的な計画まではまだ浮かんでいません。これから畑の作業が少なくなる時期ですので、ちょっと頭を使って計画を練ってみるつもりです。

2015年6月21日 (日)

味覚をリセットしてくれるスイカ

食品添加物は、もはや私たちの食生活から切り離すことはできません。無添加、無糖、ノンアルコールなどなど。「無○○」という表現がやたらに目につくこの頃ですが、それは逆に、何にでも何らかの添加物が加わっている証拠です。

数多くの添加物によって、私たち現代人の味覚が、恐ろしいほど鈍っているのではないか。そう思わせる‟事件”が1年前に起こりました。それは、Haluのスイカを食べた人たちから返ってきた言葉によって、また、私自身の身体感覚によって判明しました。

昨年の夏、スイカを量産できたのはいいのですが、すべてを販売するだけの体制が整わず、私は2か月間、Haluのスイカを食べ続けました(種を採る意味も含めて)。そもそも、毎日食べているのに、「よく飽きないな」と自分でも不思議に思っていました。

そんなある日、有機栽培でスイカを作っている方から、スイカを1個いただきました。一口食べた瞬間、あまりの酷い味に、そのまま吐き出してしまいました。その方には大変申しわけない話なのですが、そのスイカは、そのまま庭に捨てました。そのスイカの味は、きっと堆肥(家畜糞)の味だと直感的に思いました。

21昨年のスイカは、いろいろな方に買っていただいたり、試食していただいたりして、大きな反響をいただきました。

「長いこと(市販の)スイカが食べられなかったが、Haluのスイカは美味しく食べることができた」
「Haluのスイカを食べたら、市販のスイカの雑味がわかった」

そういったコメントをいただきました。

Haluのスイカを初めて食べたとき、私自身の感想は「しっかりした甘みはある。けれど、随分とあっさりした味だな」でした。

いまの世の中で「美味しさ」というのは、複雑な味わいやコクなどを表すことが多いと思います。Haluのスイカを初めて食べたときの印象は、それとは正反対です。けれども、毎日食べられる味です。そして、もっとも重要なポイントは、ほかのスイカを食べたとき、「変な味(添加された雑味)」が分かってしまうということです。

私はこの現象を「味覚のリセット」ととらえています。

そういう不思議な体験をご希望の方は、スイカができたらぜひご賞味ください。

*写真は、昨年の試食会の様子