フォト
無料ブログはココログ

« 自然農法の新しいステージへ ~ Haluの世界その24 | トップページ

2019年11月14日 (木)

サバイバル農業 ~ 仲間を募集

2019年の世界的な異常気象は、まだ日本ではほとんど知られていないし、99.9%の日本人が無関心であるかもしれない。しかし、気付いている人はいる。ここ数年、いや昨年の秋から始まっている極端な冬の寒波、夏の熱波はさらに深刻さを増している。たとえば、農作物輸出大国であるアメリカでは、今年10月終わりから異常な寒波が続いており(アース・カタストロフィ・レビューより)、まだ収穫が終わっていないトウモロコシや大豆などの被害が予想されている。

*世界中で温暖化がニュースになっているが、NASAはすでに「寒冷化」の将来予測を発表している。

しかも、実際にはアメリカ大陸だけでなく、南米ブラジル、欧州各国、オーストラリアにも熱波と寒波が押し寄せている。当然、食糧生産量は落ち込んでいるはずだ。

なぜ輸入に頼る日本は食糧危機に陥っていないのだろうか?

まず第一に、誰も買わないような粗悪な原料(薬品漬けのひどい作物)が集中して入っていること。

次に、優秀な食品添加物の技術によって、「水増し」&「味付け」で加工されていること。つまり栄養価のない「食べ物もどき」であること。

上記2点は、私の憶測でしかない。しかし、実際に畑に立っている自分の感覚(異常気象で作物ができない)と、加工品を食べたときに五感で捉えた素材の質(臭いや舌先の痺れ、にがみ、食感など)を総合して考えたとき、「いまの日本人はまっとうな食べ物を食べることができていない」と確信できるのだ。

このほか、豚コレラや鳥インフルエンザの発生や、若い世代の「がん」と「白血病」「糖尿病」は、増えることはあっても減ることはない。これは食糧(家畜飼料を含めた輸入作物)の質がどんどん劣化している証拠であると考えられる。

本音を書けば、もはや農薬や遺伝子組み換えが危険だとか、化学肥料は使うべきではないとか、そういった議論で解決できるタイミングはとっくに過ぎ去っている。時代はずいぶん前からサバイバル期に突入しているのだと思う。間違いなく、ほとんどの人間が、健康を損ねて淘汰されていくだろう。

いま、お米と味噌、醤油、梅干しと漬け物という日本古来の伝統食でサバイバルするための計画を進めている。誰かから買うのではなく、自分たちで作る仲間づくりの取り組みだ。もちろん、原料はすべて自然農法をイメージしている。水面下で一人、また一人とメンバーが増えている。この企画は大っぴらには募集していない。いわゆるクチコミだけだ。

「なぜそのことをブログで書くのだ?」と聞かれそうだが、求めている人がいるかもしれないので、「情報の灯台」として、定期的には発信しようと思っている。

いま、農業の道を目指すなら、間違いなく「自給自足」であるし、「肥料や農薬を使わない自然農法」だと確信している。そして、一人ではすべてを作るのが難しいから、役割を分け合う仲間、コミュニティーで自給自足を目指すのが、サバイバルの基本になっていくだろう。もしこの話に興味を持った方がいれば、ぜひ問い合わせていただきたい。

« 自然農法の新しいステージへ ~ Haluの世界その24 | トップページ

農業者への道」カテゴリの記事

農業論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自然農法の新しいステージへ ~ Haluの世界その24 | トップページ