フォト
無料ブログはココログ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月24日 (水)

農業人口から日本の将来を観る

農林水産省の農業人口統計を見ると、日本の農業人口が歯止めなく減っていることがわかる。

平成22年:260万人 平成27年:207万人 平成28年:192万人 平成29年:181万人 平成30年:175万人

直近の平成30年で見ると、175万人のうち専業農業者は145万人。平均年齢は66.6歳。

一方、新規就農者は毎年5~6万人だから、それ以上の勢いで離農者が増えていることになる。新規就農しても生活の目途が立たずに諦める人が多く、現役の高齢化も変わらない。あと10年もすれば、日本の農業者はいなくなるだろう。

では、果たしてこれは問題なのか?問題ではないのか?

農林水産省のサイトを読むと、これを問題視しているのかどうか、正直なところよくわからない。

相変わらず、日本政府は農業を「経済活動」としてとらえている。農業人口が減っている原因についても、「長時間労働」「仕事の内容がきつい」「儲からない」などの理由で農業が敬遠されていると考えているらしい。そこで、あくまで経済活性化の一環で農業振興を考えている。つまり、いかに楽をして儲かるかという視点で政策を実施しているのだ。例えばIT化とか、農地の集約による効率化とか。

これで、農業人口が減っても、生産量は確保できるという。

それで、税金をたくさん投入するのだが──

たとえば「自動走行の機械を使えば効率よく食糧を生産できる」という言葉があったとする。これって、広大な田んぼや小麦畑ならわかるが、ほかの野菜類はそうはいかない。猫の額ほどの田んぼや畑に大型機械が入れるのか? いや、「そもそも論」としてもっと大きな問題を抱えている。

田植え機や種まき機、収穫機を使うのはいいが、ある時期一斉に田植えが始まり、収穫時期も重なる。だから、機械はそれぞれの生産者が個別に所有しなければいけない。誰がそのお金を出すのか?

最近、いろいろな生産者を訪問して、率直な考えを聞いているのだが、農業の現場では、いまの政策に賛同している人はほとんどいない。ということは、あと10年という短い期間で、日本の農業が壊滅することは必定だろう。おそらく、この流れは変えられない。あとは、個人個人が家庭菜園を楽しむだけのスタイルになる。

そうなったとき、はて、自分はどうしているだろうか。

10年後、まだ身体が動く生産者は、個別にお店や個人の販路を持っていて、不特定多数に作物を出荷することはあり得ない。私も、自分の家族が食べる分は差し引いて、知り合いに販売する形をとっているだろうと思う。あとは、山奥に引っ越して、自給自足のコミュニティをつくるのか。

そして、大多数の消費者は、スーパーやネットで海外からの輸入食糧を買って、日々の生活を送ることになるだろう。

ひとつ気がかりなのは、いまわれわれが食べている作物の安全性だ。輸入作物にしても、国産作物にしても、安全性という視点で考えると決して楽観できない。若い世代のがんや白血病、糖尿病が増えている。農業人口の減少、作物の質の劣化、どちらも深刻な問題であると私は思うののだが。

安全で質の高い食糧の生産力は、国の力そのものだと思う。しかし、そういう考え方そのものが、いまの日本では流行らない。となれば、息をひそめて、共感できる人だけでつながっていくしかないのかもしれない。

2019年4月15日 (月)

農業ということ~食糧生産の技術として

種を播けば育つ自然農法。温かくなって種を播き始めているが、ちゃんと野菜が育ってくれるかというと、そう簡単にはいかない。研究を始めてまる8年。これまで、野菜ができるようになるたび追い出されて、畑を転々としてきた。しかし、どんな環境でも無肥料・無農薬でできる技術を研究するには、必要な試練だったかもしれない。

千葉県我孫子市に拠点を移してまる3年。いま、野菜が無肥料で育つ仕組みは解明できたように思うが、次のステップは効率的に、大量に生産するための技術開発だ。そこで、昨年秋からマルチを試しているのは、以前の記事で書いた通りだが、春まきの野菜としては初めて「播種後の被覆」を行ってみた。
 
Kimg0035 Kimg0037

写真(左)は、大根の種を播いた2条の畝。左の畝は播種後にそのまま、右は不織布をかけた。そして2週間、発芽は右側のほうが早く、成長スピードもまるで違うことがわかった。しかも、左の畝は、発芽はしたものの、虫に食われる確率が高い。右のほうは、使いまわしの不織布なので、ところどころ破れていて、そこだけわずかに虫食いが見られるものの、ほかは無事のようだ。なにより、すでに本葉も生えてきて、その成長具合には驚かされる。(右の写真は、手前の不織布をはがしたところ)
 
しかし、このことは「当たり前ではないか」と、農家や園芸経験者から笑われるのかもしれない。
  
園芸の教科書では、「マルチやトンネルハウスを使って地温を上げる」というのは、春先の栽培技術として紹介されている当たり前の情報だ。また、虫食いを避けるためにネットを被せるのも、無農薬農業なら常識といえる。しかし、「資材を使わずに育つなら、そのほうが良い」という考えを大切にして、ひたすら「種まきオンリー」にこだわってきた自分としては、昨年の秋から今年は「大転換」というべき対応を試していることになる。
 
そもそも自然農法の研究を始めた動機は、自然災害に強い自立的な食糧生産の技術が必要だと感じたことだった。それは東日本大震災のあった2011年3月。食糧自給率が先進国のなかで最低レベルであるだけでなく、肥料すらほぼ100%輸入に頼る日本の農業の真実を知ったとき、「いまの日本はどこまでいっても独立できない子供の国」だと思った。

なので、資材をなるべく使わない技術は、やはり自然農法の研究の基本であることには変わりない。
 
さて、ここから先は「農業そのものをどのようにとらえるのか」。難しい話になるが、自分の心のなかで整理しなければならない。初めの志を捨てて石油系の資材を使わなければいけないのか、やはり使わずに済む方法を考え続けるべきなのか。本当にこの数か月は悩んでいた。そして、最近は自然農法で実績のある方に直接お話しをうかがうことで、自分の考えをまとめることに集中してきた。その結果、ひとつの区切りがついた。

「これから自然農法を目指す人の立場に立ってみよう」「なるべく早く、無肥料栽培が可能になる経験を積むことが大事ではないか」「時間の経過とともに畑は進化するから、いずれはマルチなど使わなくても良い畑にはなる」「すでに生活を成り立たせている実践者は、野菜ができるようになるまで20年かかると話しているから、それを少しでも縮めるために資材を利用するのは、むしろ必要かもしれない」など。

そうして冷静に考えると、上記の写真は面白いことを語ってくれている。

不織布をかけた畝のほうだが、大根は伸び伸び育っている反面、雑草類は生えていない。冷たい風から守られている好条件なのに、なぜ大根だけが育つのか? これこそ、自然農法の面白さなのだと思う。この大根は自家採種4代目。この畑の環境に適応していると考えられるし、土の中の共生微生物も増えていると推測される。加えて防風、防寒の環境を整えるだけでこれほど育つなら、農業技術としてはかなりいい線を行っているのかもしれない。

写真の畝は、まだ改良を始めて3年目に入ったばかり。ベテランが経験してきた20年をどれほど短縮できるのか。マルチと不織布の有効な使い方を学ぶのも面白そうだ。この技術が完成すれば、いわゆる自給自足の農的な生活でも、食糧生産を目的とした農業も、どちらも行けると思う。

2019年4月11日 (木)

病気になる理由と脱出方法

軽はずみなことを書いてはいけないが、1年半もの時間を使って、自分の身体で試した結果なので、あとで役立てるよう備忘録として残してみようと思う。なぜ我々人間は病気になるのか? そして真の治療法とは?

2017年9月から、食生活を変えた。江戸時代に庶民の暮らしを支えてきた一汁一菜。主食は自然農法の玄米だ。一汁一菜といっても、副菜に肉や魚、卵、乳製品などの動物性たんぱく質は止めた。それからも病気のこと、現代医学のこと、食べ物のこと、農薬のことなどを調べてきた。いろいろな専門家ともお会いして、疑問点について直接聞いてきた。

結論から書くと、いま世間に流れている情報の99.99%は間違いかウソだと確信せざるを得なくなった。世間で健康に良いと宣伝されるほぼすべてのことと逆のことを続けてきて、自分の身体が明らかに健康体になっているからだ。とくに、子供の時から日常的に頭痛薬を飲んでいた私は、40年ぶりに頭痛から解放された。

いままで頭痛薬の購入にかけてきたお金は何だったのか?

「メインディッシュとして肉や魚がないと食事とは言えない」と思い込んでいたが、なくても平気になった。むしろ肉はあまり食べたいとは思わなくなってきた。

以前は大好きだった清涼飲料水も飲みたいと思わなくなった。実際、買わないし飲んでいない。

珈琲を飲むとき砂糖は今でも必須だが、いまはほんの少しで十分に甘いと感じるようになった。

現代人の食が乱れていることは、ずいぶん前から指摘されていたが、この食生活の改善によって病気になる理由が明らかになった。食べ物に含まれている「毒」が、ほとんどすべての病気の原因に違いないだろう。毒とは、ずばり肥料と農薬、そして食品添加物だ。

毒がもっとも凝縮されている食べ物が動物性たんぱく質。家畜飼料はほぼ100%輸入で、しかも肥料と農薬を大量に使ったものであり、遺伝子組み換えの品種でもある。これらの飼料を食べて毒を濃縮した肉や卵を食べないだけで、すぐに効果が現れる。

少したとえ話をすると、私たち人間は、1日に解毒または排出できる量が決まっている。なので、解毒・排出できる量を超えて毒を食べたらどうなるだろうか。身体に貯めておくしかない。若うちは100食べて100を解毒・排出できたとしても、その能力は年齢とともに落ちてくる。中年期に90、80と能力が落ちているのに、食べる量が100だったら、それはそのまま体内に貯まり続ける。とくに石油由来の毒は水に溶けず、脂に溶けるため、余った毒は脂肪細胞にどんどん貯まっていくことになる。それが中年太りの正体だ。

私も40歳を超えるころから胴回りに脂肪が付き始め、50歳を超えると、そのスピードが速くなっていった。ところが、肉を止めてみると。

なんと1か月ごろから胴回りの脂肪がみるみる減り始め、2か月で8㎏痩せてしまった。それも、胴回りの脂肪がごっそり取れてしまったのだ。この経験は衝撃的だった。脂っこい天婦羅など食べ放題だったのに、日に日に痩せていくのが実感できた。そして頭痛薬との決別。この1年半の経過そのものは、我ながら面白いストーリーだった。

とにかく、人間は毒を食べなければ痩せるし、病気にもならない。

いまでこそ確信しているが、真理は単純明快だった。

2019年4月 6日 (土)

今年はマルチを存分に使ってみる

昨年は、異常気象も度を越えていた。とくに拠点である千葉県我孫子市の農場は、6月29日に梅雨が明けて(平年は7月21日)、そこから2か月間、たった1日しか雨が降らず、ほとんどの夏野菜は壊滅状態だった。なぜか落花生だけは、逆に素晴らしい品質のものができたので、自然界の不思議さを実感することにもなったのだが──

自然農法の研究を始めた2011年のころは、1年を通して雨が多く、「大雨、長雨に強い農業」を目指していた。それは、超高畝によって解決できたのだが、そのあとは逆に少雨が続き、「乾きすぎ」で野菜ができなくなってしまった。理論的には大雨にも干ばつにも強いと考えていたが、ここ数年の乾燥に耐えられるほどHalu農法はまだ完成されていないのが現状だ。

今年、いよいよ9年目に入る。理論的には、かなり有効だと考えているが、それを農業の技術として確かなものにするためには、きっちりと野菜ができるレベル(最低でも慣行栽培並み)にしなければならない。とくに乾燥に対しては、どうしても何らかの対策が必要だ。

そこで、他の自然農法の実践者のノウハウを学んできて、うまく野菜づくりを成功させている共通点を取り入れてみることにした。その共通点とはマルチだ。マルチはざっくりと以下の3つの効果がある。「保温」「保湿」「雑草の抑制」。とくに夏場の「保湿」と「雑草の抑制」は、とてもありがたい。

ただし、「農業資材を使わない」という建前を貫きたかった自分としては、石油製品であるマルチを使うことには、もちろん抵抗がある。なので、雑草を刈り取って「草マルチ」を敷くのが、本来の道だと思う。あるいは、自然農法数十年の大ベテランの畑では、雑草など生えず、干ばつにあっても関係なく野菜ができるのを見て、「これが究極の目標」だと思う。

しかし、ゼロから自然農法を始める場合は、その状態になるまで20年待たなければいけない。もしHalu農法で取り組んでも、おそらく10年はかかるかもしれない。そう考えるとき、マルチを使って「少しでも早く、いろいろな野菜ができる畑にすること」を優先しても良いのではないかと思うようになった。野菜ができる⇒共生微生物が増える⇒マルチがなくても野菜ができる。そんなサイクルを早く実現するための現実的な方法。いまはその方法を探る段階にあるのだと思う。
 
Kimg0022写真は、昨年秋に植えたニンニクの様子だ。越冬させて翌年の初夏に収穫となるが、この写真を見る限り、雑草の心配はしなくてよいし、生育もそこそこ順調だ。これならば、それなりの現金収入につながると思う。(実際、2014年にスイカの量産実験をしたときは、マルチを試験的に使っていた。その年、量産に成功した)

そこで、今年はさまざまな野菜をマルチを使って育ててみようと思う。とくに夏野菜は、乾燥を防ぐためのマルチは不可欠になるだろう。そして、マルチを使うことでしっかり野菜ができたとき、Halu農法は100%に近い完成度になるのだと思う。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »