フォト
無料ブログはココログ

« 基礎講座を開きます | トップページ | 今年はマルチを存分に使ってみる »

2019年3月18日 (月)

第8回Halu講座は5月11日~大切な情報を共有するための時間として

先日、第7回の基礎講座を無事終えることができた。参加者は多くはなかったが、おかげさまで、地に足の着いた情報共有ができたと感じている。

実は、第6回と第7回のあいだは1年半も期間が開いてしまっていた。というのも、第6回までは「何とかHalu農法を知ってもらいたい」という気持ちだけで講座内容を組んでしまったので、難しい話をただ受講者に押し付けてしまっていたように思う。

そもそも自然農法に興味を持っている方々だから、クレームこそなかったが、みなさん消化不良で帰宅することになっていたのではないか。そんな反省から、この1年半は、農業技術という視点から少し離れて、「食の安全と健康」という視点から農業を見つめなおしていた。

まず自分自身、食習慣を変えてみた。そして、健康のこと、病気のこと、農薬のこと、食品添加物のことを調べてみた。

これまでは、「肥料も農薬も使わない低コストの農業があれば、安全だし、人々はみな幸せになる」と単純に考えていたので、「ほかのことは知る必要もないし、自分から発信する必要もない」と他人事のように思っていた。ところが、実際にふたを開けてみると、そうではなかった。

現代の農業と、健康・医療、食品添加物は密接に関係していることがわかった。直感的に考えれば当たり前のことでもある。「現代人が不健康なのは食が原因である」。これに異を唱える人はそういないはずだ。ところが──

「では具体的に食の何がいけないのか?」と問われたときに、栄養学の主張、医学の主張、薬学の主張、食品業界(添加物)の主張がああでもない、こうでもない、といろいろな表現で情報をまき散らすものだから、一般人は、何が問題の本質で、何が枝葉の問題なのか、さっぱり理解できないのだ。

バラエティ番組で、有名なタレントが「ココアが健康にいい」と言えば、スーパーの棚からココアが消え、「バナナが健康にいい」と言えば、棚からバナナが消える。よく笑い話で引用される。しかし、たくさんの専門家たちが垂れ流しにする難しい情報が多すぎるから、ココアやバナナというわかりやすい情報に飛びつくのは、当然のことなのだ。(自分も、そういった簡単でわかりやすい情報に振り回されて、ココアやバナナを買いに走った人間だからよく理解できる)

ということは、栄養学にしても、医療にしても、添加物にしても、農薬にしても、すべての問題を串刺しして理解できるシンプルな情報の共有化が、まずは必要だということに、私自身が気づくことができた。その意味で、この1年半は大切な時間だった。

この1年半に得られた貴重な情報を整理すると、ざっと以下のようになる。

栄養学:たくさんの品目をバランスよく食べる ⇒ ☓
医 療 :病気を治すには薬が必要 ⇒ ×
添加物:多くの人に食べ物を安定的に供給する ⇒ ×
農 薬 :大量の食べ物を確保するためには必要 ⇒ ×

要するに、すべて間違いか、考え方がゆがんでいて、一般消費者は騙されている(もしくは煙に巻かれている)というのが結論だ。加えて、それぞれの専門家たちも、自分の専門外のことには関心がないか、知らないのか。全体を把握できる人がいない。そして最も致命的なのは、栄養学にしても、医学にしても、食品添加物にしても、農業の現場のことを知らなさすぎることだろう。

せめて、農薬について少しでも学んでくれていれば、日本人がこれほど不健康になることはなかったはずだ。そして、「野菜をたくさん食べなさい」などとアドバイスする栄養学や医学の専門家はいなかったはずだ。

農薬の何がいけないのか?
食品添加物の何がいけないのか?
病気のとき、薬を使わないとどうなるのか?
何を食べれば良いのか?
子供や孫の将来は大丈夫なのか?
情報の洪水から身を守る方法は?

そんな視点を踏まえたうえで、Halu農法の意味や実践方法についてお話しをし、情報共有したいと思っている。

第8回は5月11日午後1時より。関心のある方は、ぜひお越しを。お待ちしています。

« 基礎講座を開きます | トップページ | 今年はマルチを存分に使ってみる »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第8回Halu講座は5月11日~大切な情報を共有するための時間として:

« 基礎講座を開きます | トップページ | 今年はマルチを存分に使ってみる »