フォト
無料ブログはココログ

« 今年の大仕事~自然農法ノート改訂版にようやく着手 | トップページ | 虐待死というカルマと自然農法 »

2019年1月22日 (火)

目的地の違う2隻の大型船~もう乗り換えるのは相当難しい

Photoいま、目の前で育っている野菜たちを見ていると、世界情勢なんて関係ないように思われる。確かに自然界の生き物たちは、人間の行う政治や経済活動など関係なく「そこにある」。しかし、異常気象や各地の戦争、難民問題を見聞きすると、「人間社会もいよいよ末期か」と腹をくくる必要が出てたという気持ちになってくる。

もう一つのブログで書いたことだが、大事なことなので、ここでも取り上げることにした。それはグリホサートという農薬の問題だ。発端は、2019年1月29日号の女性自身という週刊誌の記事だった。日本の大手製粉会社が販売している小麦粉から、高濃度のグリホサートが検出されたという。もちろん実名報道だ。
 
グリホサートは、モンサント社(昨年6月にドイツの製薬会社バイエルに買収された)が開発した除草剤で、猛烈な毒性がある。ベトナム戦争で米軍が使用した枯葉剤による奇形児の多発はわれわれ中高年の記憶に鮮明に残っている。その枯葉剤を製造していたのがモンサント社だ。

モンサント社は、「人間や動物には無害」という触れ込みで世界中でグリホサートを売りまくった。そして、世界中に重篤な病気をまき散らした。具体的な症例としては、がん、うつ病、心臓病、糖尿病、パーキンソン病、自閉症、流産、早産、奇形児の確率上昇などが指摘されている。とくに若い世代のがんの激増も、このグリホサートに起因すると私は推測している。

記事によると、いずれもパンの原料にする強力粉でグリホサートが検出されている。粉の状態で直接消費者に売る商品にこれだけ多くのグリホサートが入っていて、販売元は何も思わないのか? 各企業のコメントは、いずれも「国が認めている基準内だから問題ない」と。猛毒でも、少量だからいいのだそうだ。これが日本の企業の誠意と真心の表れだとすると、加工用の小麦粉は、さぞ安全な材料なのだろう。(もちろん、これは皮肉だ)

安くて甘くて良い香りのする加工パン。私自身は裏情報が入るので、その情報からすると、とても人間が食べても良い材料ではないと思っているし、実際に買うこともない。とくに日本は、グリホサート入りの小麦粉が15年ほど前から大量に流れ込んでいるというし、グリホサート本体も大量に流れ込んでいる。農協が積極的に販売しているし、ホームセンターや100円ショップでも、子供に買えるよう陳列してある。

また、安いパンの安全性に不安を持ち、自家製パンを作る人も増えているようだが、その材料にそもそもグリホサートが入っているのだとすれば、自分で自分をがんにしているようなものだ。

気にならない人は気にならないし、グリホサート入りのパンを美味しいと食べ続けるのだろう。そしてがんになったら、効果のない抗がん剤や放射線治療に高額な医療費をかけて治療に臨むのだろう。

結局、何が正しいとか悪いとかは個人個人が判断することなので、農薬を否定することはできない。しかし一方で女性自身の記事のように、この日本でもようやくグリホサートにスポットライトが当たり始めたのは、これを問題と思う人が少しでも増えているからだろう。かといって、この記事を導火線にして全国で議論されるようになるのかというと、おそらくそうはならない。

この国は、従来の航路を進む船に乗り続ける人、それとはまったく違う航路の船に乗り換える人、この2つのグループに明確に分かれていくのかもしれない。そして、この2隻の船は、もう互いに乗り換えることができないほど距離が離れてしまっている。それが今年の大きな流れになるのではないか。

« 今年の大仕事~自然農法ノート改訂版にようやく着手 | トップページ | 虐待死というカルマと自然農法 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目的地の違う2隻の大型船~もう乗り換えるのは相当難しい:

« 今年の大仕事~自然農法ノート改訂版にようやく着手 | トップページ | 虐待死というカルマと自然農法 »