フォト
無料ブログはココログ

« やはり栄養価は高かった‼~ハル(Halu)農法 | トップページ | 2018年と3匹の子ぶた »

2018年12月 9日 (日)

まだ日本は死んでいない‼ 鈴木忠夫さんという自然農法家

Photo_2千葉県香取市に、米や麦、大豆、野菜全般、ようするに塩以外のほぼすべての食糧を自前でつくっている鈴木忠夫さん(60)という凄腕の農業者を尋ねた。(写真中央、左はオーガニックスーパー「クランデール」の川田裕司社長)

鈴木さんは、代々農家ではあるけれど、祖父は桶職人、父は建具職人だったそうだ。鈴木さんも少しは建具の仕事を覚えたが、20歳のときに農業一本に仕事を絞ったという。農薬は使ったことがない。「初めは化学肥料を使ったけれど、23歳の時にすっぱり使うのを止めました」。
 
「なぜ?」と問うと、鈴木さんは一瞬考え込んで、「いやあ、(使っちゃ)ダメだと思って」と言葉少な。直感的に安全で美味しい米や野菜を作ろうと決心したようだ。優しい穏やかな口調で、言葉少なく、一瞬一瞬を大切に生きている人だと感じた。

化学肥料は止め、堆肥を使った。30歳で堆肥を止めて米ぬかだけを使うようになった。40歳のとき、「肥料は要らないことに気づいた」ため、無肥料栽培になった。それから20年、米も麦も大豆も野菜も、すべて無肥料栽培を続けている。

畑に茂っている春菊の葉を千切っていただくと、私はその美味しさにショックを受けた。自分の畑の野菜も美味しいと思うけれど、鈴木さんの野菜の美味しさは次元が違うと感じた。野菜の味は、生産者の人柄が出てくると言われている。それは本当のことだと確信する瞬間だった。

鈴木さんと同居している母君は、黒大豆で自家製味噌を作り続けている。ご近所では鈴木さんの農業が異端扱いだそうだが、味噌の美味しさは大評判だという。そして今年、「初めて醤油を作ってるんですよ」と鈴木さんは淡々と語ってくれる。米も麦も自家製なので、それが可能なのだ。

異常気象をものともせず、機械にも頼らない。米については、苗づくり、田植え、刈り取り、天日乾燥まで、自分の身体ひとつで農作業をこなす。完全な無肥料・無農薬栽培であらゆる作物を育てる本物のプロフェッショナルに初めて出会った。

世界に天変地異が起きても、決してへこたれず生き残る知恵と技術が日本に残っている。まだ、日本は死んでいない。

« やはり栄養価は高かった‼~ハル(Halu)農法 | トップページ | 2018年と3匹の子ぶた »

農業論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだ日本は死んでいない‼ 鈴木忠夫さんという自然農法家:

« やはり栄養価は高かった‼~ハル(Halu)農法 | トップページ | 2018年と3匹の子ぶた »