フォト
無料ブログはココログ

« 2018年と3匹の子ぶた | トップページ | 今年の大仕事~自然農法ノート改訂版にようやく着手 »

2018年12月27日 (木)

2019年のテーマは「日本版シティ・ファーマー」

Photo_181107073740490日本はいま、大多数の国民が都市生活者になっている。そして、致命的な弱点を抱えていることに気づいていない。それは、食糧を確保する能力だ。今の時代、近くのスーパーに行けば、食べ物はいくらでも手に入る。スーパーが開いていなければ、ファミリーレストランに飛び込めばいいと高をくくっている。ところが、もし食糧の供給が何らかの原因で止まると、都市部は3日で食糧が底を尽いてしまうという。そうなれば、どこに飛び込んでも、食べ物を買うことはできない。

東日本大震災のとき、東京や近郊でスーパーの棚から食べ物が消えたことは、まだ記憶に新しい。いまも異常気象や不安定な国際情勢のなか、いつ食糧の供給が止まっても、なんら不思議はない状況になっている。その不安解消のひとつの手段として、自然農法を活用する日本版シティ・ファーマーの普及を2019年のテーマにしようと思う。

ロンドン、パリで大きな波を起こしつつあるというシティ・ファーマー運動。農業といえば田園の広がる農村地帯をイメージすることが多い。しかし、食の安全が揺らいでいるいま、都市生活者が自分の生活を守るために、自ら農作物を育てる思想・運動が広がっているという。都市部での農業といえば、プランターや鉢植え栽培だが、自然農法なら、安全で美味しい作物ができる。

まだ日本では「無農薬」と「無肥料」の違いを認識している人がほとんどいないようだが、両者はまったく違う。「無農薬」のほうは、種を播いただけでは野菜ができない。なぜなら肥料が必要だからだ。一方、「無肥料」のほうは、種を播くだけで野菜ができてしまう。自然農法というのは、「無肥料」の農業技術を意味している。

その自然農法が手軽にできるよう開発されたのが大型プランターや小型の植木鉢だ。技術提携している「歩屋ファーム(歩屋元気復活農場)」の仲間が手掛けている。写真は、狭いベランダでも栽培できるかどうか検証中の植木鉢。この穴の大きさや数を調整することで、肥料を使うことなく野菜が育つようになっている。忙しい都市生活者にとって、家庭菜園を楽しもうにも近所に畑がない人のほうが多いと思う。しかし、太陽の光はどこにでも注いでいるし、水も使うことができる。であれば、自然農法の小さな畑は、自宅のベランダや庭で可能だ。

光と空気と水。そのバランスが整うと美味しい野菜ができる。ただ、水やりのタイミングには、ちょっとしたコツがいる。それをつかんでしまえば、微生物や植物の声が聞こえるようになる。一度身に着けたコツは忘れない。いつか広い畑を持ったときに応用できる。それが、厳しい時代を生き抜くための安心につながるだろう。

« 2018年と3匹の子ぶた | トップページ | 今年の大仕事~自然農法ノート改訂版にようやく着手 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526341/67526121

この記事へのトラックバック一覧です: 2019年のテーマは「日本版シティ・ファーマー」:

« 2018年と3匹の子ぶた | トップページ | 今年の大仕事~自然農法ノート改訂版にようやく着手 »