フォト
無料ブログはココログ

« 二択問題。日本の農業はいつまでもつか? A 40年。B 永久。 | トップページ | ベネズエラの惨劇~餓死する乳幼児たち。その原因は? »

2018年11月11日 (日)

自給自足は可能なのか?

自給自足は、個人の問題として考える場合と、コミュニティーあるいは国家として考える場合では、いろいろ条件が異なるかもしれない。しかし、基本的なことは共通している。

「1,000年後、10,000年後も自給自足可能な農業技術を我々は持っているのか?」

答えは、(現時点では)「ノー」と言うしかない。前回の記事で書いたように、肥料は有限なので、1,000年どころか、下手をすれば数十年で枯渇してしまう。そこいらの雑草や木の実を食べて生きていけるなら話は別だが、たぶん無理だろう。

当然、70億以上の人間の食糧をまかなえるはずもなく、近い将来、地球はとんでもない食糧難パニックに襲われる。これは寝ぼけているわけでなく、すっきり目覚めた脳みそで近未来を予測しているのだ。

もともとジャーナリストとして仕事を続けてきて、政治、経済、社会、医療、福祉、教育といったさまざまな分野の最先端の情報に触れる機会をいただいてきた。普通なら、これだけ多くの分野となると、独学では「広く浅く」といった知識になりがちだと思う。

ところが、ジャーナリストという仕事は、第一線で活躍する人たちに直接取材するという特種な仕事だったために、純度の高い情報を、とても効率よく得ることができた。その意味では、おそらく「広く深く」事象を理解することができたように思う。

そうした経験が「日本という国が崩壊し始めている」という警戒感を呼び起こし、「自然農法に突っ込め」と無意識に私の人生を誘導してきたのかもしれない。そしていま、自然農法の認知度がいまだに低いいまま、いよいよ地球全体に赤信号が灯ったように感じている。とくに食糧問題は、かなり深刻さを増しているのではないか。そう感じる理由は以下のことだ。

1. ここ数年、異常気象の度合いが強くなっている。
2. 難民の問題が世界中に飛び火している。
3. アメリカをはじめとして、欧州にも孤立主義化の傾向が見え始めている。(肥料原料の囲い込みが間もなく始まる可能性あり)

ざっとこの3点が思い浮かぶ。そして、日本の状況はさらに深刻だ。

4. 少子化が加速している。
5 農業の担い手がいない。
6. 実質的な食糧自給率が相変わらずゼロ%のままで、次の手を打とうとしていない。

いまだに日本人は誰も気づいていないようだが、いまの日本は有史以来、もっとも情けない国の姿をさらしている。それが食糧自給率ゼロ%という現実だ。

地球の生き物のなかで、自分で食べ物を調達できない動物を呼ぶ言葉がある。それは「家畜」と「ペット」だ。

彼らは、エサを与えられるかわりに、卵を産んだり、乳や自分の肉を提供したり、あるいは走らされたり、芸を披露させられたりしている。つまり、エサをもらって何らかの仕事をさせられているのだ。

それ以外の動物は、必ず自分の力で食糧を確保している。

では、いまの日本人はどうだろう。食糧自給率ゼロ%ということは、海外からエサ(あるいはエサの元=肥料=)を与えられて、何らかの仕事をさせられているにすぎない。それは「家畜」として生活していることにほかならないのだ。

食糧を自分で確保できない動物に「本当の自由」はない。だからこそ──

自給自足できる農業技術(自然農法)は、いまの日本にとって、かけがえのない技術ではないだろうか。なにも、個人個人すべてが自給自足する必要はないとしても、国家として自給自足できる技術や仕組みを作らなければ、家畜としての立場から脱出することはできない。

そして、肥料に頼らない技術を確立できなければ、結局のところ日本だけでなく世界で食糧がなくなり、日本は最初に見捨てられることになるだろう。

このメッセージは、受け取ってくれる人が全くいないかもしれない。しかし、せめて自分の孫の未来を守るために、へこたれずに頑張っていこうと、最近あらためて思う。

« 二択問題。日本の農業はいつまでもつか? A 40年。B 永久。 | トップページ | ベネズエラの惨劇~餓死する乳幼児たち。その原因は? »

農業論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526341/67371176

この記事へのトラックバック一覧です: 自給自足は可能なのか?:

« 二択問題。日本の農業はいつまでもつか? A 40年。B 永久。 | トップページ | ベネズエラの惨劇~餓死する乳幼児たち。その原因は? »