フォト
無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月22日 (月)

改良3年目

千葉県我孫子市の農場を2016年4月に拠点として開設し、2年半になります。この畑は、改良を始める1年前まで、地主さんが一部で慣行栽培を続けられた畑です。私としては肥料・農薬が直近まで使われた畑を改良する初めての経験をした、いわば最終テストのような期間でした。

Kimg1643昨年までは、除草剤の影響なのか、まったく野菜が育たなかったり、虫食いの被害が多くてちゃんと育たなかったり、そんな状況が続きました。けれども、この秋になって、苦戦していた小松菜が、ようやく元気に育つようになりました。

9月から10月にかけてのまだ温かい時期は、アブラナ科の小松菜は虫に食われやすい野菜です。けれども、今はとてもきれいに育っていて、とてもうれしい気持ちです。

この夏は信じられない酷暑と干ばつで、ナス、キュウリ、スイカなどの夏野菜はほぼ壊滅状態でした。そのかわり、とてもよく育ってくれた作物もありました。

Kimg1641Kimg1629意外だったのは、落花生です。千葉県の特産品でもあるためか、落花生は千葉県で無肥料でもとくに育ちやすいのかもしれません。そして、生まれて初めて食べた「茹で落花生」は格別の味でした。

このほか、小豆や、タイ産のささげ豆も良くできています。7、8月はほぼ壊滅状態だった金時豆は、8月に播いた種がぎりぎり育ってくれて、ほんの少し収穫できそうな感じです。やはり、2年半という時間をかけると、畑の生態系は豊かに整ってくるという仮説は、ある程度実証できたと感じています。

Kimg1624Kimg1644あらためて「無肥料・無農薬栽培」の経験を振り返ると、これからは肥料を使わない農業技術が間違いなく必要になると確信します。

1. 肥料を輸入に頼る農業は遠からず行き詰まる。(窒素、リン、カリウムはいずれも天然資源であるから)

2. 担い手がなく、国産の農産物がなくなる。

3. 農薬や肥料漬けの作物による健康被害(さまざまな病気)に歯止めが利かない。

こうした問題に目を向け、私たち一人ひとりが「食の自立」と「家族の健康」のために明日の農業を考える時期だと思うのです。

2018年10月14日 (日)

下町ロケット~いよいよ農業へ

大好きなドラマの「下町ロケット」が、ついにきょう第2弾の放送開始と聞きました。しかも、今回は農業分野だそうですね。
 
阿部寛さん演じる佃航平の言葉は、とても素敵です。
原作は読んだことがないのですが、作家の池井戸さんなのか、担当の放送作家さんの言葉なのか、印象に残るセリフがたくさんあります。
 
「難しいからこそ やる価値がある」

「どんな難問でも 必ず答えはある」

「挑戦すれば 答えは見つかる」
 
いまの日本は、食糧自給率38%(平成29年、カロリーベース)
 
先進国の中で、もっとも低く、しかも段違いに低いレベルです。これで本当に先進国と言えるのか、私はとても疑問に感じています。食べ物の弱みに付け込まれて、日本はいつまでたっても自立できないのではないか、と思うからです。

日本の農業は、直接食べる食糧の輸入だけではなくて、肥料のほとんども輸入に頼っています。ということは、本当の意味での食糧自給率は、ひょっとすると10%もないのかもしれません。(むしろ数%?)

まずは、肥料がなくても作物ができる自然農法のさらなる研究

そして、肥料栽培を続けるにしても、100%の肥料の自給

この2つをやり遂げてこそ、私たちは子供たちに未来を残せるのだろうと思っています。

「難しいからこそ やる価値がある」

「どんな難問でも 必ず答えはある」

「挑戦すれば 答えは見つかる」

来年春には、いよいよ鶏の飼育にチャレンジしたいと考えを巡らせ中です。エサは、自社農場で100%自給。そこで採卵する「完全な自然卵」と廃鶏する際の「健康な鶏肉」。そこで出てくる鶏糞の有機農業への転用。

これは、自然農法が実現するからこそ、次のステップとしての養鶏が成立するのです。なぜなら、100%のエサの自給は、自然農法が前提だからです。
 
とはいえ、これは建前で、私が「完璧な自然卵の卵かけご飯を食べたい」という下心のほうが本音です。(^^) ただし、養鶏にはある程度の資金が必要なので、どうしようか悩んでいます。どなたかスポンサーになっていただけないでしょうか……

2018年10月11日 (木)

自然農法のプランター 受講者の感想

PhotoHalu農法の通信講座が今年初めから始まっています。自宅の庭や貸農園で実践するコースと、マンションのベランダなどで実践するプランターコースの2コースあります。

そのうち、プランターコースを始められた北九州市の女性から、とてもうれしい途中経過の知らせをいただきました。

どうやら、マンションのベランダでも、しっかり野菜が育っているようです。感想のページへ

今年7月には、千葉県松戸市のオーガニックスーパー「クランデール」で、大型プランターを活用した体験農園をスタートさせました。このプランターは、高さ40cm、幅120cmで、本社農場の畝とまったく同じサイズの畝を再現したものです。(写真右下)

むしろ、数字だけで考えれば、もっとも理想的な形なので、こちらの方も野菜はとても良く育っています。

いろいろなデータが集まりつつあります。

2Photo_2とてもありがたいことです。

2018年10月 2日 (火)

動画を作成しています

1いま、自然農法や食について、短い動画を作成しています。

動画再生はこちらから

この8年間、自然農法の研究や普及が世の中の役に立つと信じて取り組んできましたが、なかなか世間に理解されるのが難しい分野だと痛感しています。

とくに日本の農業は、想像以上に保守的な世界です。

「本当にいまのままで良いのだろうか?」と自分では思うのですが、

日本全体が「大丈夫でしょ」という空気であれば、何も変わりません。

その一方で、病気は増えるばかり。この数年は、食品添加物を駆使した加工品や健康食品、サプリメントが、これでもかと売り出されていますが、庶民の食生活が豊かになっているとは思われません。

私個人の取り越し苦労かもしれませんが、同じように食や農を憂える人は、まだ日本にはたくさんいるのではないかと考えています。

自分にできることは何かを考えると、やはり情報発信ということになると思い、新しい方法を試してみることにしました。

文字を読むにしても、自然に画面が流れて、BGMもついているほうが読みやすいのではないか。ありきたりですが、そんなイメージから動画を作成しています。

ご感想、ご意見などいただけたらうれしく思います。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »