フォト
無料ブログはココログ

« 下町ロケット~いよいよ農業へ | トップページ | 二択問題。日本の農業はいつまでもつか? A 40年。B 永久。 »

2018年10月22日 (月)

改良3年目

千葉県我孫子市の農場を2016年4月に拠点として開設し、2年半になります。この畑は、改良を始める1年前まで、地主さんが一部で慣行栽培を続けられた畑です。私としては肥料・農薬が直近まで使われた畑を改良する初めての経験をした、いわば最終テストのような期間でした。

Kimg1643昨年までは、除草剤の影響なのか、まったく野菜が育たなかったり、虫食いの被害が多くてちゃんと育たなかったり、そんな状況が続きました。けれども、この秋になって、苦戦していた小松菜が、ようやく元気に育つようになりました。

9月から10月にかけてのまだ温かい時期は、アブラナ科の小松菜は虫に食われやすい野菜です。けれども、今はとてもきれいに育っていて、とてもうれしい気持ちです。

この夏は信じられない酷暑と干ばつで、ナス、キュウリ、スイカなどの夏野菜はほぼ壊滅状態でした。そのかわり、とてもよく育ってくれた作物もありました。

Kimg1641Kimg1629意外だったのは、落花生です。千葉県の特産品でもあるためか、落花生は千葉県で無肥料でもとくに育ちやすいのかもしれません。そして、生まれて初めて食べた「茹で落花生」は格別の味でした。

このほか、小豆や、タイ産のささげ豆も良くできています。7、8月はほぼ壊滅状態だった金時豆は、8月に播いた種がぎりぎり育ってくれて、ほんの少し収穫できそうな感じです。やはり、2年半という時間をかけると、畑の生態系は豊かに整ってくるという仮説は、ある程度実証できたと感じています。

Kimg1624Kimg1644あらためて「無肥料・無農薬栽培」の経験を振り返ると、これからは肥料を使わない農業技術が間違いなく必要になると確信します。

1. 肥料を輸入に頼る農業は遠からず行き詰まる。(窒素、リン、カリウムはいずれも天然資源であるから)

2. 担い手がなく、国産の農産物がなくなる。

3. 農薬や肥料漬けの作物による健康被害(さまざまな病気)に歯止めが利かない。

こうした問題に目を向け、私たち一人ひとりが「食の自立」と「家族の健康」のために明日の農業を考える時期だと思うのです。

« 下町ロケット~いよいよ農業へ | トップページ | 二択問題。日本の農業はいつまでもつか? A 40年。B 永久。 »

実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526341/67302031

この記事へのトラックバック一覧です: 改良3年目:

« 下町ロケット~いよいよ農業へ | トップページ | 二択問題。日本の農業はいつまでもつか? A 40年。B 永久。 »