フォト
無料ブログはココログ

« 「あなたは子供に毒を食べさせていませんか?」 | トップページ | 動画を作成しています »

2018年9月28日 (金)

美しいトウモロコシの種

自然農法の研究を始めて8年目にして、初めて「ちゃんとしたトウモロコシの種」を採種することができました。

Kimg1576それにしても、なんと美しい種でしょう。

自画自賛かもしれないと思って、トウモロコシの種についていろいろ画像検索してみましたが、やはり、この種は本当に宝石のようです。

しかも、乾燥させる前に少し食べてみたところ、ほんのり甘くて、濃い味がしました。

いままでは、種苗会社のトウモロコシを使って栽培実験をしていました。いかにF1品種といえど、自家採種を続けるうちに、「先祖返りしながら固定できるかもしれない」と淡い期待をしていたからです。

ほかの野菜については、(といっても、スイカ、小松菜、大根ぐらいですが)なんとか種を採れています。しかし、トウモロコシだけは、どんなに頑張っても、採れた種から発芽しないし、発芽しても「変な草が生えてきた?」ぐらいの生育状況で、「これはダメだな」と思っていました。

トウモロコシは、よほど遺伝子をいじられているのですね。それを身をもって体験しました。昨年の時点で、「日本の在来種が手に入らない限り、もうトウモロコシはやめよう」と決めていました。

ところが今年、知り合いからタイのトウモロコシの種を1袋(小袋)いただいたので、試しに栽培してみました。

まず驚いたのは、袋から出した種は、コーンの粒の形のまま乾燥していたことです。もちろん、薬剤は使われていません。

「えっ? トウモロコシって、こんな種だったっけ?」

私が知っている種と言えば、水分が抜けてしわくちゃになり、チウラムという赤い薬剤をまぶした種しか見たことがありません。なので、「トウモロコシって、乾燥するとシワシワになるのだ」と思っていました。

(ポップコーン種は粒が丸いですが、あれは皮の固い品種で、スウィートコーンとは違います)

Kimg1563さて、初夏のころ、種まきして順調に発芽し、すくすく成長してくれました。しかし、例年より1か月も早い梅雨明け。その後、私の畑では、2か月間にたった1日しか雨が降りませんでした。「夏野菜は全滅かな」と思っていたのですが、なんとトウモロコシは、写真の通り小さなものでしたが、いくつか実をつけてくれたのです。

(ほかに、小豆、スイカ、キュウリ、唐辛子は種を採種するだけはできました。メロン、ピーマン、ナス、パプリカはダメでした)

そして、乾燥したトウモロコシの種ときたら、なんと美しいのでしょうか。量は大きめのご飯茶碗一杯ぐらいなので、部屋で陰干ししているのですが、毎日手に取ってはにやけています。これだけあれば、来年はかなりの面積で作付けできます。

なにより、今年の干ばつに負けなかった種ですから、来年はとても楽しみです。もちろん、大雨になっても、そもそも雨に強いHalu農法なので、どんな気象条件でも、何らかの成果をもたらしてくれるに違いありません。

タイは、遺伝子組み換えを禁止している国です。やはり、種の力はとても大きいと実感しています。そして、この秋は小麦も初めて作付けしてみます。

いよいよ、穀類にも力を入れる時期にきました。

« 「あなたは子供に毒を食べさせていませんか?」 | トップページ | 動画を作成しています »

実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526341/67215923

この記事へのトラックバック一覧です: 美しいトウモロコシの種:

« 「あなたは子供に毒を食べさせていませんか?」 | トップページ | 動画を作成しています »