フォト
無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月27日 (月)

あまりの異常気象

無肥料・無農薬の自然農法が発展すれば、この世界はとても住みやすくなるだろう。子供や孫も安心して、健康と長寿を得られるだろう。そんな理想を描いてきました。特許も取得できて、「さあこれから」と自分に気合を入れ直して頑張ってきましたが、最近は心が折れそうになります。

とくに今年の気象については、いままで頑張って学んできたことが、すべて水泡に帰するのではないかと心配になるほど過酷です。

今年の立秋は8月7日でした。昨年は、秋冬用の野菜の種まきを始めましたが、今年はほとんど作業ができていません。酷暑で作業ができないことと、雨がまったく降らないため、耕耘もままならないからです。

先日、二つの台風が列島を襲いました。本当に久しぶりに雨が降ると待っていましたが、私の畑にはほとんど降らず、(というより、まったく降らなかったといってもいいぐらい)、畑は完全にカラカラに乾燥しています。こうなると、下手に耕して乾燥状態を加速させたら、生態系がひどく壊れてしまうかもしれません。なので、怖くて耕せないのです。

大量の雨が降り続くか、まったく降らないか。どちらも地獄です。

もちろん、被害が深刻な地域は、日本全体でいえば一部なのかもしれませんが、市場には野菜がかなり不足している状態が続いていると聞きました。もし、この秋に天候に恵まれない場合、今年は一年を通して農作物ができないという、文字通り異常事態になるのだと聞きました。

水が引ける水田とか、暑さに強い果実類は、むしろよく育っているという話も聞きますので、今年の酷暑がすべて悪いとは思いません。しかし、農業の形態は、大きく変化せざるをえないかもしれません。大雨か、大干ばつか。それぞれに適応した農作物の栽培技術が必要になるでしょう。

この環境が自然農法にとって優位なのか、不利なのか。まだまだ研究が必要だと感じています。

それにしても、この暑さはシンドイです。

2018年8月20日 (月)

都市型貸農園が好調です

21Haluの大型プランターを活用した「都市型貸農園」が好調です。千葉県松戸市のオーガニックスーパー「クランデール新松戸店」の敷地内に今年7月にオープンしたばかりですが、デモンストレーションで植えていた大豆、バジル、落花生がとても順調に育っていて、市街地のコンクリートの環境のなかで、ひときわ異彩を放っています。

今年の異常な酷暑にもかかわらず、また、水やりもあまりしていない状態で、写真の通り、信じられないぐらい元気に育っているのです。

お蔭さまで、利用希望の問い合わせもいただきまして、いよいよ本格稼働というところです。

ちなみに、このプランターは、本社農場とまったく同じ規格で、高さ40cm、幅120cmの畝の構造をしています。水はけや通気性が良く、しかも保水性もあるという、非常に微妙な形なのですが、今回の貸農園用に設置したプランターの様子を見る限りでは、理論がそのまま実証されているように感じます。

コンクリートの上に設置していることも、特徴のひとつです。

ぜひ、一度お立ち寄りください。

2018年8月12日 (日)

除草剤に関する最新衝撃ニュース

農薬に対する疑問を持っている人なら、一度は聞いたことがあると思います。ベトナム戦争で米軍が使用した「枯葉剤」を開発したモンサント社。そのモンサント社が「これは安全」と自信をもって売り出した除草剤「ラウンドアップ」の主成分「グリホサート」は、やはり安全ではなかったというニュースです。

詳しくは、もう一つのブログで詳細を伝えています。

今回のニュースは、グリホサートの発がん性が問題になった裁判のケースですが、実は発がん性以外のさまざまな疾患の原因としても疑われています。おそらく、この裁判をきっかけにして、さらに世界中で大問題になるでしょう。

一方で、なぜか日本だけはまったく問題になっていないグリホサート。いろいろな資料を調べても、日本では不思議なくらい問題になっていません。

こういうとき、問題の本質が隠されているものです。(ジャーナリストの勘です)

どんな問題があろうとも、大事なのは“いま”です。もし身近に除草剤を使っている人がいたら、距離を取ることをお勧めします。

もしあなたが除草剤を使っているなら、自分は良いとしても、家族は近づけないことをお勧めします。除草剤は、グリホサートだけでなく、他にもいろいろな種類の成分があります。

*ちなみに、記事によると、この裁判結果を受けて、ものすごい数の訴訟が後に続くだろうとの結びですが、日本はこの流れから置き去りにされてしまうでしょうか。もし、ここで何も問題にならないとすれば、あとから発覚しても後の祭り。「なぜグリホサートを放っておいたのか」の責任論で、大変なことが起きる気がします。

*参考情報を追記します。日本は昨年末(2017年12月25日)、グリホサートの残留基準を大幅に緩めました。信じがたい緩み方です。いずれグリホサートの危険性が日本で大きく論じられるときが来たら、だれが規制を緩めたのか、そもそも危険性を指摘する専門家は誰もいなかったのか、責任論の嵐が吹き荒れることも予想されます。⇒資料

2018年8月 9日 (木)

Webサイトが復旧しました

歩屋のWebサイトが復旧しました。以前のデータがすべて消失してしまいました。これを機会に、少しすっきりした内容に変えてリニューアルしました。

ウィルス攻撃を受けたのを機会に、どんなサイトにしようか、どんな情報を発信すれば良いか、家族に聞いてみました。すると、長女から「(前のサイトは)敷居が高い」という印象を持っていたそうです。「すごく勉強しないといけないような感じがした」ということです。

なるほど、自分の思いを好き勝手に表現している場合じゃありません。

そこで、余計なことは省いて、すっきりスリムにしてみました。

とはいえ、発信したい情報が変わったわけではないので、とりあず「こんな感じで」といったところです。

深呼吸してWebサイトを眺めていると、自然農法というのは、やはり今の世の中では変わっているのだろうなとしみじみ思います。けれども、孫娘がぱくぱく食べてくれる野菜や果物は、やはり「本物だ」とうれしくなるのです。

2018年8月 7日 (火)

あなたは、何を食べていますか?

この問題に首を突っ込むと「まずいなあ」とは感じていました。だから、これまでは一歩退いて、「自然農法を研究しています」と冷ややかなメッセージを発信してきました。

ところが、一年ほど前から「食と健康」について調べ始めると、次から次へと問題が見つかりました。深みにはまっていくのです。とはいえ、そういうことは嫌いではないので、自分からあえて突っ込んでいったのですが……。

いまちょうど食品添加物の情報を一通り蓄えて、腕組みして悩んでいます。私は、子供のころからインスタントラーメンが大好きで、お腹がすくと自分で作ってよく食べていました。いまでも一人で昼食を摂らなければいけないとき、時間もないのでインスタントラーメンを作って食べています。(正確には最近まで食べていました)

いま現在、悲しいけれど、インスタントラーメンとはお別れしました。袋の裏を読む限り、どう考えても「コレハ、タベテハイケマセン」と書かれているのが読み取れるようになってしまったからです。

食品添加物について知ってしまうと、いまの日本に食べられるものがほとんどないことに気づいてしまいます。なので、この半年ほどは、「どうすれば良いのか?」「何を食べれば良いのか?」を必死になって考えてきました。その一つの答えが、先日ご紹介した究極の健康レシピです。江戸時代の庶民の健康と命を支えてきた一汁一菜の食事メニュー。私は、これが日本人だけでなく、世界中の人間を救う唯一無二の方法だと確信しています。

そんな確信をもって情報発信したとたんに、サイトがウィルス攻撃によって破壊されるという、私的には大事件に見舞われてしまいました。そこで──

歩屋のサイトを復旧させる以上に大切な「究極の健康レシピ」に関する情報を、最優先に復旧させました。新しく「Real Food 本当の食を見極める」というブログを開設しました。歩屋のサイトは後回しです。「いま何を食べたら良いのか?」という情報のほうがよほど重要です。

ちなみに、このレシピは私自身も取り入れています。なので、インスタントラーメンがなくても大丈夫なんです。これまで以上に、玄米が美味しいと感じるようになりました。(とはいえ、寂しさはまだ消え去ってはいませんが……)

このレシピは、小さなお子さん、お孫さんにぜひ食べさせてあげてください。事は緊急性を要します。その理由も、新しいブログで情報発信していきます。

★★★★★
半年ほど前に開設した「僕らは生きている~畑のあるライフスタイル」は「RealFood 本当の食べ物を見極める」というタイトルに大幅に変更します。これで、歩屋のサイトとこのHalu農法blogを含め、3つの情報発信拠点をつくり、それぞれの役割を明確に分けることにします。

歩屋のサイト(再構築中)⇒ Halu農法、自然農法について(農業技術研究者の視点)
Real Food ⇒ 食と健康について(消費者の視点)
Halu農法blog ⇒ 主に自然農法の技術にかかわる情報をメインに。

うまく振り分けができるといいのですが……

2018年8月 2日 (木)

歩屋のwebサイトをしばらく閉鎖いたします。

先日、歩屋のWebサイトが何者かに攻撃されたようです。マルウェアというウィルスソフトを仕込まれたようです。

対応するため、一時サイトを閉鎖いたします。

再開後、すぐにお知らせいたします。

*自分で制作しているため、技術的な問題がよくわかりません。これを機会に、サイトの内容を一新しようと思っています。(もっと、簡明なものに⁉ 歩屋のサイトは難しい、敷居が高いというご意見をたくさんいただいておりまして、深く反省していたところです。すべては子や孫の世代の健やかな人生のために!)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »