フォト
無料ブログはココログ

« スイカ一番果 | トップページ | カウンターインフォメーション~洗脳の仕組み »

2018年7月 8日 (日)

市街地のスーパーにHalu農法の貸農園がオープン

Kimg1437市街地のスーパーの敷地内に、自然農法の貸農園がオープンしました。Haluの理論を応用した大型プランターを開発し、コンクリートの敷地に設置したものです。野菜の共生微生物が繁殖しやすい構造を持ち、手軽に自然農法の野菜を育ててもらうことができます。

場所は、千葉県松戸市にあるオーガニックスーパー「クランデール」。もともと、Halu農法の名前が決まる以前から、野菜の試験販売などで応援してくださっているスーパーです。社長の川田裕司さんの快諾をいただき、7月7日にオープンすることができました。

貸農園の経営は「あゆみやファーム」で、提携農場の経営者でもある児玉直人さんが代表として運営にあたります。児玉さんは、Haluの大型プランターの開発者でもあります。

特に、この貸農園は、「緑地の少ない都市部の人々にも、安全で美味しい農作物を自分で育ててもらえるように」と企画されたものです。コンクリートの敷地に設置する前提なので、たとえばビルやマンションの屋上にも開設することができます。

いま、都心部ではヒートアイランド現象による気温の上昇が問題になっていますし、屋上の緑化を兼ねた癒しの農園として活躍してくれることを願っています。

詳細は歩屋のWebサイトで。⇒クリック

« スイカ一番果 | トップページ | カウンターインフォメーション~洗脳の仕組み »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市街地のスーパーにHalu農法の貸農園がオープン:

« スイカ一番果 | トップページ | カウンターインフォメーション~洗脳の仕組み »