フォト
無料ブログはココログ

« 中国語版もアップしました | トップページ | スイカ一番果 »

2018年6月25日 (月)

超・超高畝の効果~Haluの世界その22

久しぶりにHaluの世界の記事です。今回は、高畝の効果についてです。

千葉県我孫子市の本社農場は、利根川沿いにあり、砂地の畑です。総じて水はけは良いのですが、夏場の乾燥には苦しめられるという環境にあります。ところが、地面の下はどのような地形・地質になっているかわかりません。

約1.3haの農場のなかには、水はけが悪く、うまく野菜が育たない区画もあります。おそらく、真下のごく浅いところに硬盤層があって、雨が降ると水が溜まってしまうのではないかと推測されます。

これは、水田から畑に転換した農地も同じです。水田は、水が抜けないように50cmぐらい下のほうを重機で固めていますから、畑に変えても、その影響が大きく残ります。そこで──
Kimg1372
5月上旬のことです。ニューヨーク在住の日本人男性が本社農場にボランティアに来てくれた際、Halu農法の実習の一環として、手作業で高さ70cmの「超・超高畝」を造成してもらいました。そしてその畝に、小豆を播きました。写真は、草が伸びているので高さが分かりにくいと思いますが、畝の長さは約5mと短いものの、さすがに70cmの高畝は迫力があります。

(普通は、高低差が40cmあれば十分ですが、40cmの深さまで掘ったために、掘り出した土を上に乗せて、高低差が70cmになったのです)

この2年間、この場所はいつもジメジメしていて、厄介な雑草しか育たず、ちょうど何か対策が必要だと思っていたところです。70cmの高さでどのような変化があるか、楽しみにしていました。

さて、小豆の成長具体はどうかというと、他の場所で4月の中旬に播いた小豆よりも明らかに良く育っています。超・超高畝の効果がこれほどとは、あらためて新鮮な驚きを感じています。

地上には、いたるところに植物が生息しています。水はけが良いところ、悪いところ。温かいところ、寒いところ。雨が多いところ、少ないところ。それぞれの環境に適応した植物が育ちます。

そして、それぞれの植物には、それぞれ相方になる微生物がいます。当然、雑草の相方と、野菜の相方は種類が異なります(現時点では私の推測です)。野菜の相方となる微生物は、空気の通りが良くて、なおかつ適度な湿気がある場所を好みます。

肥料栽培でも「水はけが良く、水持ちが良い畑」が理想とされていますから、これは肥料を使う使わないにかかわらず、共通して重要なことです。ただ、違いを考えてみると、「通気性と保湿性のバランス」がある条件に達したとき、野菜の共生微生物が一気に繁殖するのだと考えています。そうなれば、肥料を使うことなく、健康で美味しい野菜がたくさんできる。そういうことだと思います。

70cmの高さでこれだけの効果が出ているということは、「通気性を高めることが優先度が高い」ということかもしれません。水はけが悪い場所で自然農法を試すなら、超・超高畝はお勧めです。

ちなみに、土壌微生物がどれくらいのスピードで繁殖するかご紹介しておきます。以下は専門書からの引用です。土壌微生物が増える速度は、種類によっても異なりますが、平均的に考えると、10時間ごとに2倍に増える計算になるそうです。すると、順調に繁殖すると10日間でなんと1,600万倍になります。

今回、70cmの超・超高畝で素早い効果が見られたのも、この微生物の繁殖力があればこそだと思われます。

« 中国語版もアップしました | トップページ | スイカ一番果 »

Halu農法の理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超・超高畝の効果~Haluの世界その22:

« 中国語版もアップしました | トップページ | スイカ一番果 »