フォト
無料ブログはココログ

« 養分で育つという錯覚~いまの農業理論は廃れていく | トップページ | Haluのミニミニ菜園 »

2018年5月24日 (木)

ミニミニ菜園キットを来月から販売開始~Halu農法超入門

Kimg1264植物は、肥料がなくてもスクスク育ちます。どんな野菜も穀類も果実も同じです。

ところが、「植物には養分が必要」だと思い込んでいる私たち現代人には、「肥料はいらなかった」という事実を「脳」が拒否する傾向にあります。

その解決方法は、自分で完全な無肥料栽培で美味しい作物を育て、実際に食べて感動する以外、どんな説明にも納得することはできないでしょう。ならば──

私は、プランターキットや家庭菜園の運営をして、一人でも多くの人に「実体験」をしていただきたいと考えています。ところが、費用が掛かりすぎたり、場所が遠かったりで、なかなか手が出せないという声を聞きます。

そこで、費用も手間もかからず、手軽に「完全無肥料栽培」を体験できるセットを提案することにしました。

それが、自家採種をして得られた安全な種を使った「ミニミニ菜園キット」です。写真は、トウガラシを発芽させたものです。いま、主に発芽野菜として、そのまま食べれられるような規格を実験中で、いろいろな野菜を発芽させています。

いまのところ、自宅で、だれにでも、すぐに試せるセットとして、「ミニ菜園のポット、そして大根、小松菜の種」を用意する予定です。大根は「カイワレ大根」として薬味代わりに。小松菜はがん予防に効果のあるとされるスルフォラファンを含む「小松菜スプラウト」として。

価格は、10回分の種を付けて1,000円前後の予定です。

もともと発芽野菜は、水やりだけで発芽するものなので、まずは入り口の超入門コースとして企画しています。もちろん、使う種がもっとも重要なので、市販の発芽野菜のなかで、もっとも安全で品質の高い発芽野菜になるはずです。

また、うまく育てれば、ベビーリーフぐらい大きく育てることも可能です。

慣れてくれば、自宅の庭や、ベランダに大きめのプランターを設置するなどして、「完全無肥料栽培」の面白さを味わえるようになると思います。

« 養分で育つという錯覚~いまの農業理論は廃れていく | トップページ | Haluのミニミニ菜園 »

Halu農法に触れる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミニミニ菜園キットを来月から販売開始~Halu農法超入門:

« 養分で育つという錯覚~いまの農業理論は廃れていく | トップページ | Haluのミニミニ菜園 »