フォト
無料ブログはココログ

アクセスランキング

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月25日 (日)

種についての見解

昨年、国会で種子法の廃止が可決され、インターネットでは大騒ぎになっています。といっても、この問題に関心のある人は、全体から見ればごくわずかなのかもしれません。

廃止の実施は2018年4月1日だそうです。

さて、この法律の廃止が、Halu農法という独自の自然農法を実践している私たちにとって、どれほどの問題なのか、現時点での見解を示しておきたいと思います。

まず、基本的には、自家採種を基本にしている生産者であるかぎり、種子法の廃止はまったく問題にならないと考えています。

もっとも、種子法によって高品質の種が守られているのは米と小麦などの主要作物に限定されていることを踏まえると、歩屋は野菜専門なので、そもそも野菜農家には、あまり縁がない話だと思います。

実際、野菜の種子については日本の種苗会社が頑張っているようですから、巷で騒がれているように、「日本の食が外国の企業に支配される」という事態になるとは、とても考えられません。

ただ、将来的に私がコメ作りをしたいと思ったとき、自由に種モミを採種できないのは困ります。

いまの消費者はほとんど知らないと思いますが、日本の稲作では、そもそも種苗法や種モミの販売契約によって、お米の自家採種を禁止されているのです。そちらのほうが、私にとってはよほど大問題だと思っています。

私の理解が追い付いていないのかもしれませんが、種の問題は、もっと簡明に整理して、一般消費者に理解できるレベルで大いに議論されるべき問題だと思います。

ただ、ひとつだけ結論めいたことを書くとするなら、野菜に関してですが、ひたすら自家採種を続けていけば、法律で縛られることはまったくありません。むしろ、国家が無理やり採種をできなくしようとしても、人間が自然界の懐の深さにかなうはずがありません。

そして、国家権力とか、大資本による支配とか、そういう力に翻弄されないためには、私たち消費者ひとりひとりが自分で自家採種して作物をつくる経験を持つことが、とても大事なのだと思うのです。

いま、心ある人たちが「自家採種の大切さ」を訴え、実際に種を守る活動をしています。素晴らしい活動です。これがある限り、日本の農業は何ら問題はないと、素直にそう感じます。

種については、これからも折に触れてお伝えしていこうと思います。

2018年2月24日 (土)

農場の見学会を開きます

Kimg0980Halu農場の見学会を開くことになりました。

第1回は3月10日(土)11:00-12:30、千葉県我孫子市の本社農場をご案内します。

今年、2018年1月から通信講座を開始しました。少しでも多くの人に無肥料栽培の面白さを感じていただいたり、日々のストレスに悩んでいる人に心身を癒していただいたり。そんな趣旨で、Haluの畑を肌で感じていただこうという企画です。

見学会はこれ以降もなるべく多く開催していく予定です。

詳細はこちらから⇒ 見学会のご案内

2018年2月10日 (土)

新しいサイトを始めました

2018年という新しい流れが起きる年になり、新しい視点のWebサイトを作成しました。

NewFarmer-Halu ~ 新しい自然とのつながり

園芸や農業は初めて、という方にも楽しんでいただける情報サイトを目指しています。

内容は、画像や動画を中心にして、畑にいる生き物とか、いろんな植物とか、美味しく食べられる発酵食のことなど、Haluの技術的なことではない、周辺の面白い情報を発信したいと思っています。

また、本社農場の様子は、毎週1度のペースで、通信講座「新farmer塾」のブログでお知らせしています。

このブログでは、どちらかというと気合の入った情報(技術的な進展など)を発信していく場として継続してまいります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

2018年2月 6日 (火)

動画ができました~Haluのドキュメンタリー

Haluのドキュメンタリー動画がついに完成しました。まとめてくださったのは、日本大学芸術学部で映画制作を専攻する本山鈴乃さんです。

昨年(2017年)の2月に初めて本社農場に来られて、卒業制作の題材にHaluを取り上げたいとの意向を受け、ぜひにと私からもお願いしました。

千葉県我孫子市の本社農場は、Halu農法の拠点農場に位置付けて、2016年3月から土壌改良を始めました。それまでは、一部慣行栽培で農薬が使われたり、休耕地であったりして、生態系をゼロから整えることになりました。

その途中の2017年初夏から晩秋にかけて、農場の移り変わりを撮影していただいたり、インタビューを受けたりと、貴重な半年間でした。

映像は約14分間。撮影した時間はものすごくたくさんあって、それを14分にまとめるのは大変だったと思います。

Haluの畑にはたくさんの生き物がいます。

また、ここまで来るのにも、たくさんの困難がありました。

そんな様子を動画でご覧いただくことができます。

ぜひご覧ください。⇒動画のページ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »