フォト
無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月23日 (火)

本当の医食同源~伝説の小児科医にお会いしてきました

先日、東京都内で「真弓塾」という勉強会があり、妻と2人で参加してきました。真弓塾というのは、「日本一、患者に薬を出さない小児科医」として伝説的な存在になっている真弓定夫医師を囲む勉強会です。

Photoもし、お子さんやお孫さんの健全な子育て方法を知りたいと思ったら、あるいは、重いがんの宣告を受けて治療法を探していたら、ぜひ、真弓医師の考え方をお勧めします。

とはいえ、真弓医師にお目にかかるのはもちろん初めてです。

それも、真弓医師のことを知ったのは、つい昨年末のことでした。とても良いご縁をいただいて、勉強会をご紹介いただき、にわか仕込みで真弓医師の功績を調べて行ってまいりました。

なぜ妻も一緒なのかというと、私の妻は臨床心理士で、子供の発達相談の仕事をしている“子育ての専門家”なんです。あちこちで講師に呼ばれるほど実績のある心理士なんですが、真弓医師のことを話すと、ぜひ自分もということで、2人で参加したしだいです。

じつは今年、歩屋という会社のテーマ、そして私自身のテーマとして「医食同源」を掲げました。そして、真弓医師は、子供の健康も、がんを患っている人の回復も、すべて「食」と「生活習慣」が解決してくれると考えています。

もう少し別の言い方をすると、人間は、正しい食生活をすれば、自然治癒力が働くようにできているということなんです。

まあ、このような書き方だと、だれもが同じことを言ってます。大事なのは、具体的な方法ですが、もちろん、真弓医師には50年以上の素晴らしい実績があります。それについては、おいおいご紹介していくことにしましょう。(少なくとも、いまのメディアに乗ってくる情報とは真逆であることはお伝えしておきますね)

ところで、真弓医師の存在が、なぜメディアで仕事していた私の耳に入らなかったのかというと、食や健康の分野で、真弓医師の考えは、既存の利益集団と利害が真っ向からぶつかっていたからだと思います。ようするに黙殺されていたということですね。

言い換えると、私は「正しくものごとを見ることのできないジャーナリスト」だったのだと反省しています。

とくに猛省しているのは、おととし孫娘を出産した私の長女は、はるか以前から真弓医師のことを知っていて、真弓医師の指導法によって孫娘を育てていたことを、昨年末に初めて聞かされたことです。

私は恥ずかしいやら、孫娘が元気に育ってくれてうれしいやら、胸中複雑です。ということで、孫娘は予防注射を一切接種していませんし、牛乳や乳製品は基本的にNG。もちろんHaluの野菜を食べさせてはいますが、とにかく孫は元気です。

孫のことはともかく、私自身が注目しているのは、がんをはじめとする生活習慣病の克服です。いま、かなり力を入れて病気のことを調べていますが、がんも心臓病も脳卒中も、決して怖くない病気であると確信できるようになりました。

もし詳しく知りたいという方は、ぜひ通信講座を受講するか、本社農場の健康菜園をご利用ください。“本当の情報”をお伝えします。

真弓医師のドキュメンタリー映画も昨年末から上映されていますので、ご興味のある方はぜひご覧になってください。私も、できれば自主上映会を開きたいと考えているところです。

2018年1月18日 (木)

人参の収穫を再開しました。

本日から、防風のために被覆していた人参の収穫を始めました。

Kimg1024Kimg1025昨年10月の長雨と台風の影響で生育が止まってしまった人参は、不織布で防風し、“温存”していました。

とはいえ、この冬は例年になく寒い冬になってしまったので、ちゃんと育ってくれるかハラハラしていました。

さて、不織布を外して収穫してみると、なかなかしっかり大きくなっていました。これなら、ちゃんと出荷できる大きさです。ハウス栽培でなくてもこれだけできるなら、無肥料・無農薬栽培としては十分すぎるでしょう。

今冬は野菜の品不足で価格が高騰しているようですね。当社で出荷している大根のほうが安いぐらいです。(当社の大根は定額です。相場に左右されません)

これから2月いっぱいは、1年のうちでもっとも野菜の出荷量が厳しくなる時期ですが、大根、人参、大根の甘酢漬けは出荷を続けられそうです。

2018年1月 9日 (火)

新商品の開発(大根の漬物)

Kimg1018大根を材料にした新しいお漬物の試作をするため、収穫を始めました。試作に使う大根は600㎏です。主任研究員の鈴木さん(=写真=)と2人で収穫し、洗って荷造りしましたが、私の動きが鈍く、360㎏分が用意できました。

残りは明日午前中に準備し、岐阜県の老舗漬物会社さんに送る予定です。

自分たちで甘酢漬けをつくって通信販売と地元直売所やスーパー向けに出荷を始めて、徐々に認知度も高まっている感じがします。

自然食はがんの食事療法にも使われていることから、Haluの大根は“薬膳”としても効能があると考えています。

新しい漬物はまだ成功するかどうか分かりませんので、もう少し進展してから詳細をご報告いたします。予定通りなら、甘酢漬けに勝るとも劣らない美味しいお漬物になるはずです。

2018年1月 1日 (月)

2018年は医食同源

明けましておめでとうございます。

「古い体質から新しい体質への変化の年」と言われた2017年でしたが、実際、古い価値観や常識がどんどん崩れていく年だったように思います。

さて、希望に満ちた2018年であることを祈るとともに、株式会社歩屋の目指す方向性を決めました。

今年のテーマは「医食同源」です。

ずばり、病を乗り越えるための「食」。さらに、病やけがに負けない身体をつくるための「食」。そんな視点から、Haluスタイル(Halu農法はたんに農業技術であるだけでなく、より明るく健康的な生活を送る知恵そのもの)を提案します。

農業技術としての“無肥料・無農薬栽培”は、すでに柱の部分は完成したと思います。

これからも、まだまだ改良すべきところはありますが、それは応用であり、枝ぶり、葉っぱの問題です。

大事なことは、私たちが人間として心も身体も健康で、豊かに生きることだと思っています。

昨年は、孫娘がHaluの野菜をたくさん食べて、健康そのものの生活を続けてくれたことに感謝しつつ、「いよいよHaluの野菜の質に焦点を当てる時期に来た」と感じました。

おかげさまで私自身も、歳とともに体が軽く、間違いなく健康体になっているのを実感しています。

がんはもちろん、様々な疾患の克服に、きっとHalu農法、Haluスタイルが役に立つと確信します。今年は、医学的な観点も取り入れながら、ブログでは情報発信し、ほかにいろいろなイベントを企画したいと考えています。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年元旦

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »