フォト
無料ブログはココログ

« がんになったら・・・ | トップページ | 減量せずに8㎏ダイエット~糖質摂り放題なのに? »

2017年12月14日 (木)

野菜なら何でも良いのか?

最近、少し冷静に社会を見ています。

いままで、「新しい農業技術を確立しなければいけない」と、気ばかり焦っていて、なかなか周囲を見渡す余裕がありませんでした。

ようやく畑も「畑らしく」なってきて、美味しい野菜も毎日食べるようになって、少し冷静に日本という国を見られるように、気持ちにゆとりが出てきました。

私が新聞社に勤めていたころ(もう20年以上も前のことですが)、経済や社会保障制度はすでに末期的だと思っていました。

その後、いまはどうでしょうか。

直感的に書くなら、ますます「落ち込んでいる」ように見えます。

とはいえ、ネガティブになっていても仕方ありません。

原点に戻って、人間の幸せについて問い直すと、やはり私は「食べ物の不安がない生活」だと思います。

安心安全という言葉は、世間にあふれています。

それは裏を返すと「安心できない」「安全でない」証拠です。

食に関しては、いまは「オーガニック」とか「有機野菜」という言葉が流行り始めています。

世間では、農薬や添加物に疑問を持つ声が、ようやく少しずつ表に出てきたということでしょう。

けれども──。

前置きが長くなってしまいましたが、本当の問題は隠れたままです。

オーガニックって何でしょうか?

オーガニックの野菜ならなんでも良いですか?

いま食べているそのお肉、本当に安全ですか?

何が言いたいのかというと、肉食を勧める人も、野菜食を勧める人も、「肉の質」や「野菜の質」について何も言いません。

名だたる料理家も、どんな肉が良いのか、どんな野菜が良いのか、その選別方法や入手方法を語りません。

このことに、消費者はしっかり目を向けて、耳を澄ませて聞かなければいけないのです。

栄養学の専門家は言います。「肉や魚、それに野菜や穀類をバランスよく食べると良い」

本当ですか?

その栄養指導の結果、日本では2人に1人ががんになります。

どう考えたって、肉や魚、野菜の質こそが問題なのです。(と私は思っていますが、疑問に思わない人もいるでしょう。それならそれで放っておくしかありません)

そこで──。

どうやって、素材の良し悪しを見分けますか?

もはや、だれの言葉も信用できません。とくに素材については。見た目では、私だって区別ができません。

もちろん、私がこのブログで発信していることも、決して鵜呑みにしてはいけません。

残された方法はたったひとつしかありません。

自分で野菜をつくること、です。

そして、自分でつくった野菜を深く味わってみることです。

すると、誰がつくった野菜でも、安全な野菜はすぐにわかります。食べてはいけない野菜もすぐにわかります。

逆に、自分がつくった野菜は「食べてはいけない」ということがわかるかもしれません。

いま、オーガニックは大流行りです。

オーガニックは野菜だけでなく、化粧品や衣類もあります。

では、オーガニックに関係する人は、自分でオーガニックの素材をつくっているでしょうか。

もし、つくったことがない人がオーガニックを語っているとしたら──。

今の時代、あまりにも多くのひとが土から離れすぎていることが、そもそもの、問題の発端なのかもしれません。

« がんになったら・・・ | トップページ | 減量せずに8㎏ダイエット~糖質摂り放題なのに? »

健康と長寿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野菜なら何でも良いのか?:

« がんになったら・・・ | トップページ | 減量せずに8㎏ダイエット~糖質摂り放題なのに? »