フォト
無料ブログはココログ

« 通信講座、いよいよスタートします! | トップページ | 野菜なら何でも良いのか? »

2017年12月12日 (火)

がんになったら・・・

このところ、「食」への関心は急激に高まっているように感じています。

というより、私自身が「病気と食べ物」について、とくに強く意識するようになったということかもしれません。

厚生労働省の公式サイトを見ると、現代人は「生涯のうち、2人に1人はがんになる」と警告しています。

これは、今年の8月にメルマガ配信を始めたときに、いろいろ補足情報を集めたうちのひとつの情報です。

どこかで聞いたことはあっても、その情報がどれほど正確なものなのか、ちゃんと調べないといけません。でないと、うかつに文章にできません。

それで、がんについて調べてみたわけです。

さて、2人に1人といっても、実際には男性のほうが多くて、生涯の罹患率はすでに60%を超えているようです。また、年齢的には50歳を超えてから、急に罹患率が高くなります。つまり、私のように50歳を越えた男性は、遠からず3人に2人はがんになってしまう──ということなんですね。

さて、実際にがんを宣告されたらどうしましょう。

私は「自分はぜったいにがんにならない」と思ってはいますが、3人に2人となれば、結構リスクは高いということです。決して過信はいけません。

なので、いま現在は、がんの対策と食事について、あれこれ情報集めしたり、食事療法について自分の身体で実験を続けています。

実験を始めて3か月が経過していますが、メタボな身体はすっかりスリムになりました。

別に減量したわけではなく、食べるものを選択して、量は好きなだけ食べています。甘いもの、油もちゃんと食べています。

それで、お腹周りの脂肪がぐんぐん減ってきて、自分でも恐ろしいぐらいです。

いろんなダイエット法や食事療法があります。そのなかで、私が「これだ!」と思った方法は、少なくともノーリスクのダイエットにはなっています。

ということは、きっとがんの発症リスクも減っているんじゃないかと思っています。

ちなみに、「特別な何かを食べる」とか「サプリを摂取する」とかは、まったくありません。「食べないもの」を絞り込んだだけです。

さて、自分の身体で実験した経過は良いので、次の段階に進もうと考えているところです。実際にがんになってしまった際の対応策について、もう少し深く研究するつもりです。

Kimg0945もちろん、Haluの野菜は食べています。とくに大根おろしは最高ですね。

大根の葉っぱも、βカロチンは人参なみ、鉄分やカルシウムはホウレンソウなみだそうです。あと、乳酸発酵している甘酢漬けもあって、私の腸内環境は、おかげさまで、近年にない絶好調ぶりです。

« 通信講座、いよいよスタートします! | トップページ | 野菜なら何でも良いのか? »

参考情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がんになったら・・・:

« 通信講座、いよいよスタートします! | トップページ | 野菜なら何でも良いのか? »