フォト
無料ブログはココログ

アクセスランキング

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月28日 (火)

好評!サバイバル講座

ブログでのご報告が遅くなりました。

11月19日、千葉県我孫子市の本社農場にて、第1回野草サバイバル講座を開きました。遠方からも含めて、6名のご参加がありました。

急な告知にもかかわらず、ご参加いただいた皆様に、厚くお礼申し上げます。

Kimg0939Kimg0936いま、本社農場には大根、人参、小松菜が大きく育っており、出荷もしているところです。が、あえて野菜は見てみぬふりをして、その周辺にある「食べられる野草」をみんなで歩きながら収穫しました。

講師は、私の長年の友人である服部裕介さん。ふだんから野草やキノコを探しては食する趣味をお持ちです。その趣味も長く、知識も経験も豊富なことから、今回、講師をお願いしました。

講師によりますと、今の時期、野草も端境期といいますか、量が激減するそうです。

とはいえ、下見した段階では、意外にたくさん生えていることがわかりました。

当日は、タンポポ、マツヨイグサ、ヨモギ、ノゲシのほか、利根川の土手まで出かけると、カラシナも自生していました。

収穫した野草は、炒めたり、茹でたり、天ぷらにしたり。

このほかにも、農業の世界ではにっくき外来種の〇〇まで天ぷらにして、舌つづみを打ちました。

野草図鑑で知ってはいても、いざ収穫するとなると、急に不安になります。

「本当に食べらるのか?」

しかも、野草を根元から採って良い場合もあれば、柔らかい先っぽを収穫するほうが良いものもあって、なかなか興味深い体験になりました。

これで、いざというとき、飢えない自信がつきました。

次回は来春の予定です。

今度は、ガスコンロを使わず、「火おこし」から体験する企画も考えているところです。

2017年11月 7日 (火)

サバイバル講座を開きます

いきなりの告知になってしまい、すみません。

11月19日(日)午前10時より、「第1回 野草サバイバル講座」を開きます。参加費1,000円です。

Kimg0896内容は、歩屋の本社農場に生えている「食べられる野草」を探し、食べるという体験講座です。逆に、毒を持つ野草も学びます。

Haluの畑は肥料や農薬などの人工的な資材は使っていませんし、緑肥などの植物由来の肥料も一切、使いません。

あくまで、自然の生態系を豊かにすることで野菜を生産する技術ですが、同時に、野菜以外のたくさんの植物が生息しています。

いま、温暖化や異常気象に不安を持つ人も多くなっているかと思います。地震などの自然災害もいつ襲ってくるかわかりません。

いざというとき、役に立つのが「食べられる野草」の知識と経験です。

今後、ゼロから火おこしする技術なども含め、季節によって異なる野草を知るため、継続して開催していく予定です。

関心のある方は、ふるってご参加ください。

Halu農法の講座ではありませんが、Haluの畑がどんな感じの空間なのか、知っていただく機会にもなります。

畑でお会いしましょう。

申し込みは、歩屋のサイトからどうぞ。

2017年11月 2日 (木)

大根の甘酢漬を販売します。

Kimg0871いよいよ、大根の甘酢漬を販売することになりました。

Haluの大根だけでなく、良質な有機大根を材料にした漬物です。

あくまで無添加の発酵食品にこだわりました。

じっくり時間をかけて、砂糖、食酢、塩、唐辛子のみで味付けを研究し、10月に試験販売したところ、大変好評でした。

良質な漬物は胃腸の調子を整えます。

胃腸の調子が良くなると、全身の不具合が改善します。

メルマガでもお伝えしていることですが、第一のお勧めはHaluの大根おろしを毎日食べること。第二は大根のお漬物です。ただし、加熱処理していない、乳酸発酵しているものです。

生の大根は近隣の方にしかお分けできませんが、漬物は通信販売するために準備を整えています。近く販売開始します。

ぜひご愛用ください。

(写真は、10月22日、東京都内で開かれたイベントでの販売ブースです。試食販売をして、おかげさまで完売しました)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »