フォト
無料ブログはココログ

アクセスランキング

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月18日 (月)

小松菜フレークのモニター販売

Photo小松菜のフレークの試作品ができました。限定5袋でモニター販売をいたします。(写真の左側の商品です)

規格は、20g入り500円(税込)、送料200円です。

モニター販売のため、ご興味のある方は、歩屋のサイトの「お問い合わせフォーム」からご一報ください。

Haluの野菜は、従来品のものと違い、溶けたり腐ったりすることはありません。お腹の中で乳酸発酵するため、少量の摂取でも腸内環境を整える効果が期待できます。

使い方は、フレークなので、汁物にふったり、お結びに混ぜたり、卵焼きに混ぜたり。

ほかに、ミルサーを使ってパウダーにすれば、スムージーに加えて美味しくいただくことができます。

市販されている青汁は、1杯あたり3gだそうですので、本品で約7杯分。

ぜひお試しください。

ありがとうございます。モニター販売分、完売いたしました。

2017年9月12日 (火)

サイトを一部変更しました。

株式会社歩屋のWebサイトの内容を一部変更しました。

代表である私からの「ごあいさつ」と、「Halu農法について」という紹介文です。

実は、8月24日に配信を始めたメルマガは、お陰様で登録者も順調に増えています。大変ありがたいことです。いまのところ、1日に1本の記事を配信しています。

途中、「知り合いに紹介したい」という反響もいただき、まずまずのスタートが切れたと思います。

メルマガを書き始めて、一番強く感じたことは、Webサイトで紹介している「Halu農法の説明は難しい」という事実でした。

いえ、本当はとてもシンプルな技術で、一度はまってしまうと、とても簡単に感じられる技術ではあると思っています。

ただ、どちらかというと「良いこと尽くめ」の技術なので、一見、怪しい印象を持たれるおそれがあります。そんな不安から、一生懸命になって「説得」しようと力んでいたのが、これまでのWebサイトの紹介文でした。

メルマガを始めるにあたり、26年前に初めて「農薬」と出会ったときからの軌跡を思い出しました。

「農と食」のテーマにはほとんど関心がなかった私が、なぜHalu農法の開発に人生をかけなければいけなくなったのか。もちろん、そこには必然性があります。

決して、頭がおかしくなったわけではありません。(頭がおかしくなったとすれば、特許は取れなかったと思います)

それを思い出すと、「そうか、自分が歩いてきた軌跡を文字にすれば、読んだ人も自分と同じ考え方に自然になるはずだ」と気づいたんです。

とはいえ、文字や文章で考えを伝えるのは至難の技ですよね。

けれども、あきらめずに続けていこうと思います。

Haluの技術は、これからの人類社会にとって、絶対に必要だと確信しているからです。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »