フォト
無料ブログはココログ

« コマツナの採種 | トップページ | 四億年野菜のフレーク »

2017年5月31日 (水)

肥料はなぜ必要なのか?

これを考え始めると、ネガティブな話になったり、現代農業の研究者や専門家と真正面からぶつかってしまったりする可能性が高く、あまり話題にしたくないのです。

しかし、5月中旬から自社農産物として定期的な野菜の出荷を始めました。たんにHalu農法の技術をアピールするだけなら、Halu農法のプラス面だけ表現していれば良かったのですが、いまはそうもいきません。わが社の作物を買ってくださるお客さまの信頼にこたえる意味でも、「なぜいまHalu農法なのか」、現代農業との違いを明3_000001確にする必要が出てきたと思っています。

そこで、まずは正面突破ということで、肥料がなぜ必要とされるのか、この疑問点についてまとめてみます。

いきなり結論から書くと、現代農業における肥料論「肥料が必要な理由」は、申し訳ないけれど拙く感じます。この記事を読んでくださっている方も、「肥料が必要な理由」で検索をかけてみてください。いろいろな記事がでてきます。

「自然の草木は肥料がなくても育つのに、畑はなぜ肥料が必要なのか?」

「自然の草地や森は、枯れ葉や動物の糞などが分解されて養分になるが、畑は収穫して養分を持ち出すから、養分が足りなくなる」

ざっとこんな感じの説明が多いですね。

しかし、この考え方に疑問点はありませんか?

自分が生やした葉が枯れて、それが養分になって草木は本当に大きくなれるんでしょうか? つまり、自分が作った栄養素で自分がどんどん大きくなる?

動物の糞というけれど、そもそも植物を食べる昆虫や動物の糞は、もとは植物が生やした葉っぱですから、ほかから運ばれてきた養分ではありません。

それって、例えていうと、次のようなことですよね。

電気で照明を点灯させ、その光でソーラーパネルを使って発電します。発電した電気でさらに照明を点灯する。すると、照明は永久に点灯したまま? 

実際には、そんなことはできません。

しかし、現代農業は、そのような危うい理論で構築されているのです。

さらに恐いことがあります。一般にはほとんど知られていない事実でしょう。それどころか、農業者のほとんども知らずに過ごしていることがあります。それは、窒素肥料の怖さです。

「農業に欠かせない野菜の栄養素は、窒素である」

ちょっと園芸を経験した人なら、最初にテキストで学ぶことですね。

では、農林水産省の公式サイトで、窒素肥料が「健康に悪影響を及ぼす可能性のある化学物質」として警告されていることをご存知でしょうか。上記のページに「硝酸性窒素」という項目がありますので、ぜひ確認してみてください。

大量に窒素肥料を使ったことによる、乳児の死亡例が過去にあります。畑で窒素肥料を使った結果、地下水に沁み込んで、その井戸水を飲んだ乳児が死亡した例が数十件起きたそうです。日本ではなくアメリカでの話ですが、日本でも「硝酸性窒素(硝酸態窒素ともいう)」の毒性は、環境保全にかかわる人ならだれでも知っていることです。

それが、こと農業分野になると、「大切な栄養素」として無防備に市販されているのが日本の現状です。

本当に窒素肥料は必要なんでしょうか?

窒素肥料が必要だと言う人は、その根拠が確かなものなんでしょうか?

本当は、ただの思い込みなのでは?

その疑問があればこそ、Halu農法の探求が始まったといえます。逆に言うと、窒素肥料に疑問を抱くことができなければ、Halu農法なんてちゃんちゃらおかしい絵空事に聞こえるかもしれません。

そして、いま一度突っ込んでおきたいのは、乳児の死亡例が発生したほどの危険な化学物質である窒素肥料。これを使って育てる作物を、本当に子供に食べさせておいて良いのでしょうか?

これは生産者だけの問題ではなく、消費者全員が考えておかなければいけない問題だと、私は思います。肥料を使わずに野菜を育て、出荷している生産者としての投げかけです。

4_000001*直売所で掲げているポップの画像を追加しました。まだまだ出荷量は少数ですが、大変好評をいただいています。

« コマツナの採種 | トップページ | 四億年野菜のフレーク »

知識の整理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肥料はなぜ必要なのか?:

« コマツナの採種 | トップページ | 四億年野菜のフレーク »