フォト
無料ブログはココログ

« イチゴは相性が良いようです | トップページ | すでに私たちは知っている~Haluの世界その17 »

2017年1月27日 (金)

離乳食

昨夏、初孫(女の子)が生まれました。プライベートな話なので恐縮ですが、そもそもHalu農法の開発を志したのは、「子どもには間に合わなかったけれど、せめて孫の世代には安心して食べられる農作物をつくりたい」という強い動機があったからです。

孫娘はお陰様で、母乳ですくすく育っていますが、初果汁は生後1か月のとき4億年スイカを数滴、そして5か月を過ぎたいま、ダイコンとカブを夢中で食べてくれています。ダイコンとカブは、ただ煮て裏漉ししたものです(出汁や塩分などの味付けはなし)。

スプーンを口に近づけると、両手を出して飛びつくようにパクリと口に入れ、飲み込んだ瞬間に「アァ、アァ」と催促する様子は、ひな鳥のそれによく似ているな、と感じます。

同時に、「何とか間に合いそうだ」と気を良くしています。

野菜のほかには、やはり主食である米も大事です。

肥料も農薬も使わない玄米の味を知る人は、そう多くはないと思います。私も半世紀の間、知らずに生きてきました。過去、何度か玄米を炊いて食べたことはありますが、一度も「美味しい」と感じたことはありませんでした。

いま、うちの会社で無肥料玄米の販売をしていて、同時に自分でも食べていますが、食べ続けると、不思議なことが起きました。初めのころは「栄養価が高いから」と言い聞かせて食べていたのですが、味覚が明らかに変わりました。白米を食べたいという気持ちが薄れています。

逆に、玄米がとても美味しく感じ、噛むことが楽しくなっています。


いま、量産のメドが立っているのはスイカ、ダイコン、カブです。イチゴも行けそうな感触を得ています。そのあと、どんな野菜の栽培実験をしようかと、あれこれ想像するのですが、孫の様子を見て、とりあえず離乳食をイメージしていこうかと考えています。これは、高齢者の介護食、病院食にも利用できそうですし。

« イチゴは相性が良いようです | トップページ | すでに私たちは知っている~Haluの世界その17 »

健康と長寿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 離乳食:

« イチゴは相性が良いようです | トップページ | すでに私たちは知っている~Haluの世界その17 »