フォト
無料ブログはココログ

« 商標が認められました~四億年スイカ&四億年野菜 | トップページ | 文鳥の大好物!?~四億年野菜 »

2016年6月16日 (木)

福島屋さんの取り組み

4億年野菜のカブが都内に店舗を持つ福島屋さんで販売されていることは、以前の記事でご紹介しました。きょうは、その福島屋さんの会長・福島徹さんについてご紹介します。最近になって、すごい経歴とすごい人脈を持つ方であることがわかってきて、私は身を引き締めているところです。

昨年9月、私の知り合いのご紹介で、福島さんが畑に来られて以来、ご夫婦で何度もこちらにお越しくださっています。とても気さくな方で、しかも思慮深い。以前から歩屋の取り組みを支援してくださっているスーパークランデールの川田裕司社長から、「あの方は、スーパー業界で知らない人はいない方なんですよ」とうかがいました。

今年に入って、福島さんの築いた人脈の面々にお会いする機会ができ、そのすごさに圧倒され始めています。

農業の世界では、「奇跡のリンゴ」で一躍時の人となった青森の木村秋則さんが、できたばかりのリンゴ(まだ質が悪かった時代のリンゴ)の販売に苦しんでいたとき、最初に「売りましょう」と引き受けてくれたのが福島さんなのだそうです。

ここで紹介するにはあまりにも大きな人なので、とても書ききれません。ですので、最近アップされた動画をぜひご覧ください。福島さんの取り組みが簡潔にまとめられています。

さて、最後にHalu農法との関係でエピソードをひとつ。昨年秋から、福島さんは自宅の庭の畑でHalu農法を実践されています。「いきなりジャガイモの茎が2倍の太さになった」とびっくりされていました。他の野菜も予想以上に育っているとのこと。ご自分の実体験から、Halu農法を応援してくださっています。

とてもありがたく思っています。

« 商標が認められました~四億年スイカ&四億年野菜 | トップページ | 文鳥の大好物!?~四億年野菜 »

農業者への道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島屋さんの取り組み:

« 商標が認められました~四億年スイカ&四億年野菜 | トップページ | 文鳥の大好物!?~四億年野菜 »