フォト
無料ブログはココログ

« 北海道の勉強会 | トップページ | カブの味、良いようです。 »

2016年5月 3日 (火)

種播きに大忙しです

今年は、畑を大きく広げているため、共生微生物を呼び込むための造成と種播きで大忙しです。きょうは、ようやくスイカとカボチャの種播きをスタートさせました。

160502_173801_2そうこうしているうちに、3月から種播きしていたカブがどんどん成長していて、とてもウキウキしています。写真は昨日の夕方のものですが、手前が間引きしたもので、まもなくミニカブぐらいの大きさ。奥のほうは、まもなく小カブぐらいの大きさになっています。

Halu農法の特徴は、なんといっても光合成の効率の高さだと思います。つまり、葉や茎が小ぶりでも、しっかり根が太ってくることです。以前、有機栽培を学んでいるときに、バーニャカウダ用のミニカブを出荷していましたが、そのときは、葉も茎もしっかりしていて根はミニサイズでした。

そのイメージが強かったので、つい先日まで、「出荷はまだまだ先」と思っていました。ところが、写真をご覧のとおり、この成長具合はただものではありません。今月下旬には出荷となりそうな感じです。

いま、多くの方のお力をいただいて、漬物に加工する計画を進めているところです。何とか間に合えば良いのですが・・・

« 北海道の勉強会 | トップページ | カブの味、良いようです。 »

実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 種播きに大忙しです:

« 北海道の勉強会 | トップページ | カブの味、良いようです。 »