フォト
無料ブログはココログ

« 「食糧生産業」という新しい産業へ | トップページ | アルファルファが発芽してきました »

2016年2月29日 (月)

新しい圃場の準備

Photo今年は、Halu農法の提携農場を募集しているほか、本社農場の拡張を計画し、できるところから準備を進めています。写真は、正味5反のぶっ通し1枚の畑です。利根川沿いの砂地で、大変水はけが良い農地です。

これまで5か所で栽培実験を進めてきましたが、砂地は初めてです。きっと共生微生物の繁殖には良い効果が出てくるものと思います。

この畑は、厳密に畝幅、高さを決め、きっちり測定して畝を立てています。一昨年まで肥料を使って栽培していたところ、10年以上もまったく手を着けていなかったところとあるので、どんな違いが出てくるのか楽しみです。

とりあえずここは、Halu農法に欠かせないアルファルファを全体の約20%、あとはダイコン(一部カブ)の種を播いてみようと考えています。初めてですので、ダイコンはちゃんと育たないかもしれませんが、Halu農法は連作してこそ質・量が向上しますので、「秋冬」に向けての大切な一歩と考えています。

春ダイコンの終了と同時に、スイカを作付する予定です。

*提携農場は申し込みが募集枠に達しましたので、募集を終了しました。現在、事務手続きなどを進めています。途中、キャンセルが発生したときに、再度募集のご案内をする予定です。

« 「食糧生産業」という新しい産業へ | トップページ | アルファルファが発芽してきました »

実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい圃場の準備:

« 「食糧生産業」という新しい産業へ | トップページ | アルファルファが発芽してきました »