フォト
無料ブログはココログ

« 4億年ダイコンの漬物 | トップページ | 新しい圃場の準備 »

2016年2月19日 (金)

「食糧生産業」という新しい産業へ

大変ご無沙汰しております。これまではHalu農法の実験レポートとしての色彩が強いブログでしたが、2016年からは、本格的なビジネスの近況報告になるよう頑張っているところです。

Halu2まずHaluのロゴマークは登録商標となりました。今後、天然品質の野菜のマーク、あるいはHalu農法の象徴として、ブランド化していく方針です。(4億年スイカ、4億年野菜も商標出願中です)

ところで、いま本社農場の拡張に取り組んでいるほか、提携農場が次々と開設しています。志を同じくする仲間が集まり、それにともない、関係者のミーティングを重ねるなか、「われわれは農業という言葉を使わないほうが良いのではないか」というショッキングな意見が飛び出しました。

というのも、「農業」という言葉を使うと、どうしても既存の農業のイメージが消せないばかりか、無肥料栽培を主張するほどに、既存農家との衝突が避けられません。それによってHalu農法の発展にブレーキがかかるのではないかという、周囲の心配の声です。

一瞬の虚を突かれた感じで戸惑いましたが、考えれば考えるほど自分の取り組みは農業ではなく、これまで存在しなかった「新しい産業の提案」であることに、はっきり気づくことができました。

実際に新しい名称といってもすぐには決まらないので、とりあえず、仮の名称として「食糧生産業」という言葉を使うことにしました。会社のサイトも「農業法人 歩屋」と表示していたのを「食糧生産法人 歩屋」に早速変えました。早めに仲間と相談し、新しい名称の確定版を提案したいと思います。

現在の経済の枠組みでは、1次産業、2次産業、3次産業に分類され、農業は1次、加工は2次、販売は3次ですが、果たしてこの分類のままで良いでしょうか。「そもそも論」として、人間の命に直結する食の問題を、他の産業と同列に考えることが不自然なのではないか、と思うようになりました。

私たちの命にかかわる大切な食べ物。それならば、栽培から加工、販売にいたるまで、安心安全を貫く仕組みが必要だと思うのです。それならば、「農業」という枠では収まりません。いま、加工、販売も含めて、各分野のプロフェッショナルが集まっています。遠からず具体的なビジョンを提案しますので、楽しみにお待ちください。

新しい人類社会を拓いていく「食糧生産業(仮称)」の取り組みに興味を持たれた方は、どうぞ畑にお越しください。私たちは、ともに歩む仲間を求めています。

文章にすると、気負いすぎではあると感じますが、志をそのまま表現してみました。
なによりHalu農法は、間違いなく面白いです。

« 4億年ダイコンの漬物 | トップページ | 新しい圃場の準備 »

農業者への道」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、初めまして、突然の来訪とコメント失礼いたします。

今日、このブログを初めて見まして、大変興味深い内容が書かれてあるので気になって質問しようと思いました。


私は北海道で新規就農をしようと研修を受けている者ですが、現在は慣行栽培を学んで農家になろうとしています。

ただ私の最終的な目標は自然の力を最大限に生かせるような農業をしたいということでして、現在、有機農業や自然農法を少しずつ調べ始めているところです。


そんなときに、こちらのHalu農法の理論・技術がある程度、体系化しているようなので非常に興味がわきました。


そこで聞きたいのですが、このHalu農法というのは北海道で実践が可能な内容の技術だと思いますでしょうか?


また、北海道の農業というとやはり寒い時期が長いので、ハウス栽培が主流なのですが、ハウス資材等との併用に向かないような農業なのでしょうか?


もし可能であれば横内様の考えでいいですので、お聞かせ願いたいです。
ぜひ、よろしくお願いいたします。

きたのくにさん、初めまして。お問い合わせ、ありがとうございます。お尋ねの点について回答いたします。
 
1. 地域性について
 Halu農法は、植物と微生物の共生関係を活用する技術です。基本的に自然界で普通に起こっている現象ですので、人間が生活する地域であれば、同時に人間が食べる植物(野菜類)も普通に育てられると考えています。
 北海道に提携農場の開設希望者がいらっしゃいます。早ければこの春からスタートするかもしれません。とすれば、1~2年の間に結果が明らかになると思います。経過は逐次ブログで報告します。
 
2. 施設栽培について
 基本的に露地の畑、水は雨任せで栽培可能であることを目指した技術です。それは、自然災害などによって、肥料や燃料などの供給が止まっても、「人力」のみで農作物を栽培できることが大切だと考えたからです。さらに、温度や水の管理ができる環境であれば、栽培効率は上がるものと考えています。今月、福岡の提携農場が開設されましたが、そこではハウスでさまざまな実験をする予定です。
 
以上です。いずれにしても、今までは実験段階で、この2016年から本格的な取り組みを始めたばかりです。あと少しお時間をいただければ、さらに確実なお話ができると思います。

お忙しい中、さっそくの返信、恐れ入ります。
参考になる意見をくださり、ありがとうございました。

私はまだ研修中の身で、すぐ勝手に動ける状態ではないのですが、先日言ったとおり就農した後やがては自然の力を利用した農業を実践していきたいと思っています。

可能であれば、折を見て横内様の農場や北海道の提携農場に見学に行かせていただきたいと思います。

ブログ更新も楽しみにしています。実りの多い結果が出るよう願っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「食糧生産業」という新しい産業へ:

« 4億年ダイコンの漬物 | トップページ | 新しい圃場の準備 »