フォト
無料ブログはココログ

« 有機肥料偽装問題の本質を考える | トップページ | 歩屋のミッション »

2015年11月30日 (月)

CO₂の削減

国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)なる会議がパリで始まりますね。テロの起きたばかりでものものしい警戒態勢の様子がテレビ画面に流れています。

日本からは、安倍首相がCO₂削減の技術革新を提案するという話です。

私は、一連のニュースを聞いていて、いつも不思議に思います。CO₂を始めとする「温室効果ガス」なるものをいかに「出さないようにするか」ばかり議論されているからです。「大気中のCO₂を固定して減らせばいいのに。砂漠を緑化すれば、大量のCO₂を減らせるだろうに」と思うのは、私だけでしょうか。

以前、緑化の研究者に尋ねたことがあります。微生物の力を使って緑化する視点を持っていないのかどうか。すると、一蹴されました。研究者によると、「砂漠には、そもそも微生物があまりいない。だから、微生物を活用する視点はない」のだとか。

砂漠にいないのなら、移殖すればいいのです。植物と共生微生物を土ごと移植すれば、わずかな水があれば、微生物も植物もたちまち増殖して、超スピードで緑化できるでしょう。土壌微生物は、バクテリアなら10時間に1回のペースで細胞分裂するそうです。すると、10日で1,600万倍に増える計算になります。

植物が増えると、夜露で水分を補給できるので、なにも大量に水をくみ上げる必要もありません。ただし、肥料を使って植物を育てようとするのはまずいのです。肥料は大量の水を必要とするからです。Haluの理論ならば、簡単に緑化できるのに・・・。

とはいえ、これはあくまで仮説にすぎません。でも、近い将来、必ず実験してみたいと思っています。

Photo2ところで、畑の様子は、あまり変わり映えしていないというか、それなりに順調というか、微妙な感じです。今年の秋はダイコンがメインで、順調なものは、出荷できるレベルまで大きくなっています(写真左)。ただ、生育が思わしくないところもたくさんあって、あえて表現すると「成長具合はでこぼこ」状態です。

たとえば、写真右は、同じ畝で、同じタイミングで播いたダイコンですが、右側の列は順調で、左側の列はいまひとつ。畑全体を見渡しても、順調な株、いまひとつの株の差がかなり大きい感じです。そして、この光景が「土壌改良途中のHaluの典型的な姿」でもあります。

Photo_2Photo_3今年は暖かいので、アルファルファがまだ花を咲かせています(下段写真左)。土壌改良目的で播いたミズナも美味しそうに育っています(というか、美味しいです)。(写真下段右)

この秋冬野菜は、"豊作"にはなりそうもありませんが、12月から「そこそこ」出荷できるでしょう。なにより、来春以降、きっと素敵な畑になることは間違いありません。いまは、それで十分なのです。

ブログの更新があまりできていませんが、いま、来年からHalu農法の本格的な普及を開始するための準備を進めています。情報を整理したり、Halu農法の実践を希望する方を畑にご案内したり、さまざまな書類を作成したり・・・身体はドタバタしていますが、精神的にはとても穏やかで充実しています。

« 有機肥料偽装問題の本質を考える | トップページ | 歩屋のミッション »

農業者への道」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。つい先日横内さんのページを見つけました。非常に興味深く拝見しました。僕は、東京から南房総に移住して10年、2年前から40坪くらいの荒れ地を借りて、開墾して家庭菜園を楽しんでいます。福岡正信さんのわら一本の革命に非常に共感して、本屋で見つけた竹内孝功さんの自然農法の本を見習って野菜を育てています。竹内さんのやり方で3年くらい経ったら畑に何も持ち込まずに野菜が育てられるということです。横内さんの農法にも興味があり、今後学んでいけたらと思っています。

小坂さん、初めまして。コメントありがとうございます。しばらく出張で不在のため、レスが遅くなりました。
南房総は良い土地ですよね。新しい農場の拡張に向けて、南房総は常に頭に入れています。
Halu農法は、荒地からスタートして、初めから何も持ち込まず、「農業の知識と経験がない人でも新規参入して生活できる」という技術を目指しています。ようやく技術的な目途がつき、特許も取得できたことで、来年から新しい農業ビジネスの形を具体化させていく予定です。
お時間ができたら、ぜひ畑にいらしてください。面白い光景が見られると思います。

横内さん、はじめまして。新潟の土屋と申します。夕べ偶然このページを見つけました。今日は朝から今までの分、全てをランダムに拝見しました。ちょっと興奮しています。
私は66才、3年前より1反半の畑を借りて野菜作りを始めました。最初から無手勝流の自然農もどきで遣っています。無農薬で肥料としては鶏糞を少々使っています。肥料として最低限鶏糞を使わないと作物が良くできないのを実感していましたが、このブログを拝読し、大気中の微生物が作物の根が出す糖分を求めて土中に入り込み、根にアミノ酸を供給すると言うくだりで全く新しい地平が見えた感じがしました。私は前からチッソ、リンサン、カリを何となく胡散くさく感じていました。
私の住む新潟はこれから雪の季節、来年春から畑で横内さんの農法を7アールの畑で実践したいと思います。来年1~2月中におじゃましたいと思いますが如何でしょう。

土屋さん、初めまして。コメントありがとうございます。
まず、こちらには、いつでもお越しください。歓迎いたします。
 
来年春から、いよいよHalu農法を本格的に普及していく方針です。各方面から強い味方が続々集まっているので、とても面白いことがこの日本に起きると感じています。
 
もしお越しになる際は、会社のサイトに問い合わせのページがありますので、そちらからお知らせください。待ち合わせ場所など、具体的な日程を詰めたいと思います。ご連絡お待ちしております。
http://www.ayumiya.co.jp/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CO₂の削減:

« 有機肥料偽装問題の本質を考える | トップページ | 歩屋のミッション »