フォト
無料ブログはココログ

« 大変です! | トップページ | 発芽は順調です~秋冬野菜 »

2015年9月24日 (木)

秋冬野菜の種まきが終わりました

ようやく秋冬野菜の種播きがほぼ終了しました。今年の畑は、6反(6,000㎡)のうち、4反に作付、2反は未だ改良中です。さらに、4反のうち3.5反に秋冬用のダイコン、ミズナなど。残りの0.5反(5畝ともいいます)は、もう少しあとに、来年の春収穫用のキャベツや豆類を播く予定です。

9月あたまの大雨で、かなり作業が遅れてしまったほか、ミズナの種が発芽しないという想定外のこともありましたが、メインをダイコンに絞って、何とか予定をクリアしました。あとは、無事に育ってくれるのを見守るばかりです。(ちなみに、ダイコンの数はざっくり2,000株ぐらいだと思います。農家としては大した数ではありませんが、秋冬用ダイコンは初めてですので、今回は少しでも順調に大きくなってくれれば御の字です)

Photoまだ芽も出ていない畑の写真では面白くないので、最近購入した刈払機をご紹介します。初めての4サイクルエンジン(ホンダ製)で、すこぶる快調に仕事をしてくれます。何といっても、エンジンの音が静かで、穏やかなのが魅力です。燃費もいいし、刃の回転が滑らかで粘りもある。

今年は、これを使って高畝の上面をきれいに刈り取って、そこに直接、播種機を使って種播きしました。この方法なら、畝を立て直す必要もなく、広い畑でも難なく作業がこなせます。

ただ、雑草の根っこがそのまま残っている状態でダイコンの種を播いたので、そのまま真っ直ぐに根を下ろして、形の良いダイコンになってくれるかどうかは分かりません。

さて今年は、一畝だけですが、コマツナを播いています。ぎりぎりまで大きくして、塩漬けにしようと考えています。コマツナは、茎も太く、背も高くなります。大きく育ったものは「江戸菜」とも呼ばれます。塩漬けにすると、なんと長野県の名物「野沢菜」の味にそっくりなんです。(まあ、同じ系統のアブラナ科野菜ですから、味は似ていて当然かもしれませんが)

ただし、大きく育ってくれればという仮定の話なので、どうなることやら。

« 大変です! | トップページ | 発芽は順調です~秋冬野菜 »

実践」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
種まきお疲れさまです(*‘∀‘)
いいマシーーンを購入したのですね。
快適に作業効率が上がるのは本当に楽しいものですよね。
わたしは最近購入した支柱用穴掘り機が快適で、畑に穴を開けまくりです。
いえいえ、直径2.5cmですから、そんなに力はいりません
ところで刈り取った草はどのように?通路に敷くのでしょうか?
コマツナ大きくなるとイイですね。
それでは次の記事を楽しみにしています。

ゆきごんさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
刈り取った草は、そのまま無造作に溝に落っことしておきます。ただ、そのまま落とすだけで、そのまま放っておきます。

刈り取った草は、いろいろな生き物の隠れ家になりますし、土と接する場所にカビ類が繁殖して、畝の中に菌糸を伸ばして、通気性を良くしてくれる効果も望めます。溝を歩くときのクッションにもなるので、なんだかいい感じです。

ところで、直径2.5㎝はそんなに力を入れなくても大丈夫なのですね。今度、私も試してみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋冬野菜の種まきが終わりました:

« 大変です! | トップページ | 発芽は順調です~秋冬野菜 »