フォト
無料ブログはココログ

« 特許が認められました。 | トップページ | ジャガイモの実 »

2015年6月15日 (月)

食害その後

双葉の時点でウリハムシやワタアブラムシの食害に遭ってしまったスイカとカボチャですが、少しずつ復活しつつあることは先日(6月9日)にご報告した通りです。きょうは、その後の様子をご報告します。

21まず初めにスイカの写真です。かなり順調な株は左、そこそこ回復しているのが右の写真です。どちらも、あとから播いた種が発芽して、本葉が出ている様子がわかります。スイカの種を播いたのは約600か所、カボチャは約400か所。このほとんどがワタアブラムシの食害に遭ってしまったのですが、復活しているのは半分強という感じでしょうか。あとから播き直した種が順調に育ってくれれば、そのぶんだけ復活の割合は高くなる計算です。(ただ、時期的に遅いかもしれませんが・・・)

Photoカボチャは写真(下段)の通りです。この写真は、葉がそこそこ大きくなっている株を撮影したもので、これよりも小さいものも、たくさんあります。

さて、今回作付している総面積は、雑草地帯を除くと、実質的に約3,000㎡です。そして、信じられないぐらい順調に育っている場所があるかと思うと、そこから1mしか離れていない場所では「ぜんぜん育ってない」ところや「発芽すらしてない」ところもあります。正直なところ「わけわからん」と首をひねりたい気分ですが、それだけ地面の下の環境は違うということなのだと思います。

とくに今年は、高畝の土はとても良い感じでしたが、そこから下を掘ってみると、まったく団粒化していない固い粘土層がほとんどでした。これを改善するため、溝部分を約1mおきに深さ20~30㎝の穴を掘って、実質的な畝の高さを50~60㎝にしてあります。その甲斐あってか、土壌改良の速度は、目を見張るものがあります。

これから梅雨の長雨、大雨にどれだけ耐えてくれるでしょうか。心配はありますが、楽しみでもあります。

« 特許が認められました。 | トップページ | ジャガイモの実 »

実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食害その後:

« 特許が認められました。 | トップページ | ジャガイモの実 »