フォト
無料ブログはココログ

« ”常識外”農法 | トップページ | 野菜は、アンモニアも硝酸も吸わない~Haluの世界その8 »

2015年5月 7日 (木)

命が躍動する畑を満喫

雨が降らないので、今日はのんびりと草刈や溝掘りをしていました。GWを過ぎ、畑はいよいよ命が躍動しはじめます。

Photoと、のっけから悲しい出来事がありました。草刈りをしていると、今年もキジの卵を発見しました。一昨日、畑の中でウロウロしている雌のキジを見つけました。(まさか、巣をつくっちゃったの?)と思っていたら、案の定そうだったんですね。

卵は計5個。もう親鳥は戻ってこないでしょう。そして、数日後にはすべてカラスに食べられてしまうでしょう。こんなときは胸が痛みます。しかし、私たちも「食べ物」を作らねばなりません。合掌して唱えます。南無阿弥陀仏。

Photo_2一方、カボチャ、スイカ、メロンを発芽させているセルトレーに立派なバッタを見つけました。この時期に成虫で存在するバッタといえば、唯一、成虫で越冬するといわれているツチイナゴです。思わず写真に撮りましたが、なんか姿勢が変ですよね。ひょっとして産卵してる? そこ、大事なメロンの芽が出たところなんですけれど。

まあ、バッタですから、孵化してもメロンの葉っぱを食べないとは思いますが・・・いや、食べられちゃう? バッタの生態は良く知りませんが、そのときはそのときですね。

Photo_3もう一つ、ダイコンの葉に止まる黒い幼虫。カブラハバチの幼虫で、ナノクロムシとも呼ばれています。巷ではダイコンを食い荒らす害虫として嫌われているようです。しかし、この畑には迷惑な存在という意味の‟害虫”なるものは存在しません。

以前にも書きましたが、ここにはあらゆる生命が息づいています。アリ、クモ、テントウムシといった強力なハンターがたくさんいます。その監視網をぬって生き延びたナノクロムシです。どうぞ、思う存分にダイコンの葉っぱを召し上がれ。

« ”常識外”農法 | トップページ | 野菜は、アンモニアも硝酸も吸わない~Haluの世界その8 »

実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 命が躍動する畑を満喫:

« ”常識外”農法 | トップページ | 野菜は、アンモニアも硝酸も吸わない~Haluの世界その8 »