フォト
無料ブログはココログ

« 新しい畑 | トップページ | 発芽しています »

2015年4月26日 (日)

”害虫”?もちろんいます・・・が

Photo_2きょうは気持ちの良い天気でした。午前7時過ぎから農作業を始めました。1枚目の写真は畑の様子です。手前にダイコン、奥はミズナを播きました。ダイコン(2段目左)の成長具合は、こんなものなのでしょうか。ダイコンの作付は初めてなので、これが早いのか遅いのか、あるいは普通なのか判断がつきません。

けれど、奥のミズナ(2段目右)は、はっきり言って遅すぎです。播種してから1か月経ちますが、通常の成長速度から考えると、現段階の様子は播種して10日間ぐらいの感じです。

今年の春は長雨と日照不足の影響がモロに出ているように感じますが、そもそもこの畑は改良が遅れている場所なので、それを考慮すると「順調」というべきかもしれません。

Photo_3Photo_4ダイコンはそろそろ間引きしても良いのだと思いますが、あと少し様子を見ます。完全無肥料のHaluの野菜は、どうも肥料栽培の野菜と成長の過程がずいぶん違っています。とくに、根系の発達具合は、肥料栽培とももちろん違いますが、いわゆる「自然農法」とか「自然栽培」とか、あるいは「自然農」と呼んでいる方々の説明とも違います。

このブログでも何度かご紹介していますが、根系の話については、写真のデータなどがそろった段階で、詳しくご紹介しようと考えています。

Photo_5最後の写真は、“害虫”と呼ばれているキスジノミハムシです。ダイコンの葉っぱについている黒い点のような虫をご確認ください。黄色い筋は見えるでしょうか。

アブラナ科が大好きな虫で葉っぱを穴だらけにしてしまいます。といっても、Haluの畑で大繁殖することはありませんし、食害も「ほとんどない」と言って良いでしょう。

むしろ、葉っぱの半分ぐらい食べられている苗もあります。これはガとかチョウの幼虫が食べたものでしょう。それだって、大被害にはなっていません。

一般に、春は、とくにアブラナ科の食害が酷いとされ、農薬は不可欠だと考えられています。有機栽培を実践している人たちにとっても、農薬が使えないので、防虫ネットは必需品ですし、お金に余裕があれば虫を寄せつけない「忌避剤」を使ったり、人力で虫をつぶしたり、防除に忙しい時期です。

私はといえば、呑気なものです。肥料もなければ、防除もありません。こうしてキスジノミハムシを見つけては、楽しんで眺めています。

この畑は、アリ、クモ、テントウムシという“三大ハンター”(私が勝手に名付けました)がうじゃうじゃいます。キスジノミハムシは、成虫になれば「強力なジャンプ力」で逃げることもできるでしょうが、おそらく幼虫のうちに食べられてしまうものが多いのだと思います。運良く成虫になれた彼らを、どうして“害虫”などと呼んで憎めるでしょう。

« 新しい畑 | トップページ | 発芽しています »

実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”害虫”?もちろんいます・・・が:

« 新しい畑 | トップページ | 発芽しています »