フォト
無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月21日 (日)

6次産業化は失敗する!?

まだ露地栽培しか実践していない私の畑は、霜が降りて「ひと休み」状態です。作業がないと、あれこれ余計なことを考えてしまいます。

先の衆院選で自民党+公明党が(予想通り?)圧勝しましたね。農業についても当初の計画通り、「6次化」をしっかり推進していくような話がマスメディアに流れていました。農業にかかわる人や、農業に関心のある人は、実際のところどう思っているのでしょうか。

まず私の考えですが、6次化は間違いなく失敗するでしょうし、そもそも論として、関係者に対して失礼な政策だととらえています。この6次化というのは、「1次(生産)+2次(加工)+3次(販売)=6次」という数式を現したものです。

そして、「1次(生産)だけでは利益が出せないので、2次、3次の利益を補てんして、全体で黒字化しよう」という話の組み立てですよね。しかし、立ち止まって考えてみましょう。

いまだって農産物を加工する2次、販売する3次の事業者はたくさんいます。ただでさえ黒字を出すのに苦労しているのに、なんでわざわざ1次(生産)の赤字を補てんしなきゃいけないんでしょうか。本来なら、1次だけで黒字になるように舵取りするのが政治や学問の仕事ではないでしょうか。

6次化のメリットって、一つだけです。事業所を隣接するので、流通コストが省けるという一点です。それにしたって、最後は商品を運び出さなきゃいけないので、それほどコスト削減にはつながりません。

いまの農業は、構造的に赤字になります。肥料や農薬のコストがかかるからです。ここにメスを入れない限り、私たち人類の未来は開けてこないのではないか。

6次化のほかには、農地を集約してアメリカ式の生産方式を目指すような政策も言われています。これについては、ほとんどの農家が懐疑的です。山だらけの日本の畑をどうやって集約しますか?

さらに驚くべきは、植物工場への期待感です。私としては、知的好奇心をくすぐられる技術ではあります。天候に左右されない植物工場は、都会のオアシス的な役割は担えるでしょう。しかし、そこにかかるコストをどうやって償却するというのでしょう。日本全国に広げていける技術なのでしょうか。そもそも、液肥と薬で栽培した野菜で栄養価は十分なのでしょうか。無菌室で育った食べ物って、身体を健康にしてくれるんでしょうか。

こうしたことの検証がまったくないまま、一国の政策として進められています。疑問の声が表に出ないままです。どうも農業の分野に関しては、政府や研究者の方々が思考停止状態に陥っているのではないかと疑ってしまいます。

とはいえ、だからこそ無肥料栽培の未来は開けていると言えるのかもしれません。私もここまで来たからには、なんとしても無肥料栽培の技術を確かなものにしなければいけないと気を引き締めています。

2014年12月 2日 (火)

日照不足?~ミズナの様子

21久しぶりの更新です。初期生育が順調だと思っていたミズナですが、10月の連続台風あたりから成長スピードがぐっと落ちた感じです。

曇りや雨の日が多く、日照不足かと思うのですが、昨年のように「元気よく育った」というほどではありません。それでも、「ベビーリーフ」よりは育っていて、一部は収穫・出荷をしています。

実験農場のなかで最も改良が遅れていた畑ですから、ミズナがある程度育ってくれただけでも、本当は驚くべきことかもしれません。これから寒くなりますが、日照さえあれば、まだまだ成長します。霜に負けず、甘くてしっかりした葉っぱになるので、それも楽しみです。

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »