フォト
無料ブログはココログ

« 驚愕 カボチャの生態 | トップページ | 露地のメロン »

2014年7月 9日 (水)

台風対策とカラスの食害

猛烈な台風が関東にも近づいています。沖縄、九州、四国のみなさんには、大きな被害がないことを、ただ祈るばかりです。本州に上陸すると、台風の勢力が弱まると言われていますが、大雨はもちろん、ちょっとした強風でも心配です。

Photoスイカはある程度ツルを伸ばしているので、周囲の雑草にヒゲを絡ませているものが多く、何とか持ちこたえてくれると考えています。ただ、メロンのほうは、ツルが伸び始めたばかりで、周囲の草に全く絡んでいません。もし強風に煽られたら、ほとんどが根元で切れてしまうのではないかと恐れています。

そこで、付け焼刃というか、思いつきですが、ビニールひもで連結してみました。これで何とかなるのかどうか。だめなら諦めるしかありません。

Photo_2ところで、ついにカラスの仕業とおぼしき食害を初めて経験しました。しかも、着果して1週間程度の未熟なスイカをつつくなんて。昨年は、10個以上のスイカの実、また20個近くのメロンの実は、一切食害などなかったので、「やはり自然農法の野菜、フルーツにカラスの食害はないのだ」と思い込んでいました。

それにしても、こんな未熟なスイカをつつく目的は何でしょうか。時期的に、カラスのヒナが巣立ちを迎えるころです。餌が不足しているため、お腹がすいてつついてしまったのかな?とも思いました。

21家に戻って、つつかれていないほうを食べてみました。中心部分はほんのり甘みを感じましたが、とても美味しいとは言えません。まあ、甘みのあるウリを食べていると思えば腹も立ちません。しっかり、残さずいただきました。

どちらにせよ、カラスによる食害を防除する予定はありませんので、これ以上つつかないでもらえるよう、畑に行くたびにカラスにお願いしようと思います。いえいえ、その前に、台風が通過するまで、スイカとメロンにしっかり耐えてもらうことが先ですね。心から無事を祈るばかりです。



自然農法 ブログランキングへ

« 驚愕 カボチャの生態 | トップページ | 露地のメロン »

実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風対策とカラスの食害:

« 驚愕 カボチャの生態 | トップページ | 露地のメロン »